The Half Dead:半生半死のホットロッド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

The Half Dead:半生半死のホットロッド

halfdead_1.jpg

Ford Model A / Builder: ムラにゃす

 半分生きてて半分死んでる変わり種ホットロッドです。しかしただのオモシロ車では終わりません。



 去年参加した横浜ホットロッドカスタムショーではフォードモデルAがフィーチャーされました。それに合わせて製作されたのがこのモデルAセダンです。ボディの前後で色が異なるこの車は、後ろ半分はきれいにペイントされ、前半分はラット仕様というユニークなホットロッドです。どうやら実在のショーカーを元に製作されているようです。変わり種でオモシロネタのこのホットロッドですが、それだけでは済みません。セダンのホットロッドとして素晴らしいフォルムを持っているので紹介することにしました。ホットロッドは今までに多数のビルダーがチャレンジし、そしてスタイルの難しさに唸ってきたことでしょう。この車は難しいフォルムを非常にバランスよく組み上げています。きっと皆さんの次なるホットロッドプロジェクトの参考になることでしょう。

halfdead_2.jpg

 クーペに比べるとスクエアなスタイルのセダンですが、随所の角を丸めたフォルムはモデルA的なクラシックさがよく表されています。ボディサイドはカーブスロープで内側に丸めます。エンジンとキャビンの間のファイヤーウォール部分は、上部を丸めつつ、サイドも内側に削り取っています。フロントグリルは1幅で表現し、グレーのマイクでヘッドライトにします。タイヤとグリルとライトの位置関係が非常に好バランスでまとまっています。マイクを使うことでライトが小さくなるのでリアルなサイズに近づきますね。エンジン部分も少し面白いモディファイで、ターボチャージャーが載っているようです。エンジン部分がライム色というのも、サビ色の中に浮き出る配色ですね。

halfdead_3.jpg

 黄色にペイントされるリア周りは特に美しいパーツ同士のつながりを見ることができます。ルーフ上はカーブスロープで丸め、テールが下りて行った先もカーブで丸められます。ウェッジも使ってサイドともきれいにつながります。ルーフはチョップで低くされ、ウィンドシールドは2プレート、リアウィンドウは1プレートという低さで格好良くまとめます。ルーフは上が開いており、乗せようと思えばミニフィグも乗せられそうです。サイドの組み方的にフィグ乗りには向いていないですが、このバランス感覚はフィグ乗りビルドでも参考にしたいです。ホイールは黒のペグ穴11mm径で渋く決め、太すぎないタイヤが上品な雰囲気です。

halfdead_4.jpg

 フロントはエンジンの核となる5方向ブロックを中心に、4Lバーがフレームとなって、そこからフロントホイールが接続されます。この組み方でハンドルは切れないですが、キャンバー角は調整できそうです。リア軸はまた意外な組み方でした。ブラケットで横に向けたインク壺からハーフペグでホイールをセットしています。車軸パーツを使おうとするとボディに車軸プレートを埋めなければならず、チャネリングした車高の場合はボディ造形に影響が出てしまいます。しかしこの組み方ならタイヤ周りのボディも作りやすいですね。
 これをそのままきれいにペイントするだけでも素晴らしいショーカーになるでしょうし、クーペやピックアップなどへのフォームチェンジも良さそうです。これからもっと素晴らしいホットロッドが出てくることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1702-a28d3581