Kickup:ドアを跳ね上げスーパードヤ顔! - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Kickup:ドアを跳ね上げスーパードヤ顔!

kickup_1.jpg

Kickup

 ショー映えする車には動きがあります。上に開くシザードアが付いている車なら、ドアを上げた状態で展示したいですね。



 ガルウィング、というドアは正式には異なる形状のものを指すので、今回はシザードアという言葉を使います。スーパーカー系の車はすでに何台か製作してきましたが、次にやりたかったのはランボルギーニのように上に跳ね上げるシザードアでした。4幅車の世界ではかなり前から色々なポップアップ式ドアが作られており、比較的正攻法な組み方から半ば無理やりな組み方まで色々です。問題はまともなギミックを取り入れると仕組みが大型化し、車全体の見た目が犠牲になるということです。ドアの根本のヒンジ構造をどうするかということの他に、ドアとボディとのフィッティングをどうするかというのが難しい問題です。やはり開けても閉めてもどちらの姿でもきれいに見えるようにするのが理想です。

kickup_2.jpg

 フロントに長いシティフェンダー、リアには短いシティフェンダーという組み合わせでスーパーカー的なフォルムを作っていきます。今回はボディとホイールを合わせて白にしてみました。ヘッドライトはポチスロという特に面白みはないチョイスですが、その代わりにウェッジのカーブスロープで先端に向かって尖った形を出してみました。ドアは2x4のウェッジプレートです。真四角なドアでは様にならないので、使うならウェッジだと考えていました。ドアはボディサイドに飛び出して取り付ける形ですが、元々オーバーフェンダーなのでドアの張り出しは気にならないでしょう。さらにサイドステップ部分には黒の1x4パネルを横向きに取り付けて、隙間埋めと同時に幅もドアと合わせました。

kickup_3.jpg

 ドアは1ポッチ接続で上に回転して持ち上げます。4幅車のボディ造形を邪魔しない簡単な仕組みです。ちなみにドアを上げるときにウェッジの尖った角が下と干渉するので、実はやや無理組みだったりします。まあ私は車は置いて眺めるのが好きなのでその辺りは問題なしとしました。リアは流行りのバンパーカットで、複雑に取りまわしたエグゾーストパイプをそれっぽく組んでみました。ウィングは左右で分かれた形にしました。テールライトは爪プレートですが、クリアレッドはなかったのでオレンジ色です。高級感よりもカジュアルっぽさが重視で、ミニフィグも若者な感じにしました。

kickup_4.jpg

 ホイールはスピードチャンピオンズのディスクとナロータイヤを重ねて、外側にスリックタイヤに引っ張りでセットします。私はいつもこのやり方です、内側のナロータイヤに穴あき丸ポッチが入っていて、T字バーで接続しています。ツラが合わせられてキャンバー角も少し付けられます。ミニフィグはハラキリして低い位置に座らせます。屋根がなくドアも開く仕様なので、サイドの1x4パネルで車の前後がつながっている状態です。最近のレゴはポッチの接続強度が弱めなので少し柔い感じですが、安静に置いておくだけなら問題ありません。
 これで私のスーパーカーがまたスーパーカーらしくなりました。今回の車はサイドステップにパネルを横置きするというアイディアがあってこそ実現しました。そしてそれは他のビルダーがやっているのを見てヒントを得たものです。レゴビルドは一人よりもみんなでやる方がどんどん進化していきますね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1705-b696cfe0