Street Looker:私のキャルルックビートル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Street Looker:私のキャルルックビートル

streetlooker_1.jpg

Street Looker

 私にとって特別な車がVWビートル、そしてレゴで作りたいのがキャルルッカーです。



 昨日会社が終わって車に乗り、エンジンをかけて走り出したら駐車場の出口でエンスト、どんなにスターターを回してもかからなくなりました。エンジンフードを開けてみてもファンベルトが切れてるわけでもなければ、プラグが引っこ抜けているわけでもなく、何かのホースが抜けているということもないという正常な状態で困りました。スターターは元気に回るのに火が飛ぶ気配がまるでなく、アクセルべた踏みでキーを回しても手ごたえなしでした。ガス欠のような症状ですが、ガソリンはちゃんと入っているので燃料ホースのどこかでガソリンが止まっていると思われました。ガソリンタンクの内部がサビているとカスを吸い込んで詰まることがありますが、透明な燃料フィルターの内側はゴミもなくいたって綺麗な状態だったので、大量のカスが流れて詰まったとも考えづらく、もしや燃料ポンプ壊れたか? と思いました。ポンプの内部の動きが渋くなっているなら衝撃を与えればつっかえが取れるかと思い、コンコン叩いてから始動を試みてもやっぱりだめでした。
 結局私の73年式スーパービートルはレッカー業者に運んでもらいました。この車は私が免許を取って最初の車で、もう15年ほど乗っています。私にとってはあらゆる車の中でビートルが特別です。生まれてからずっと見続けてきた車であり、それだけに目指す形のゴールも非常に高いです。そんなわけで私の4幅ビートルの挑戦は何度目かとなり、ようやくそのゴールへと近づいた手ごたえを得ました。

streetlooker_2.jpg

 4幅車で作りたいビートルは王道スタイルのキャルルックです。バハバグやフォルクスロッドのように派手さはないので逆に難しいテーマなのですが、今回はかなりストイックに攻めました。まずは基本的なビートルの形を作り出すことから始まります。ビートルといえばアメ車と並んだ時の小ささが重要なキャラクターです。なのでボディ幅ははみ出し一切なしの4ポッチに収めました。フェンダーやサイドステップは全てボディに埋め込み、実際の凹凸は付けません。その代わりルーフやフードの丸みを付けることで、ビートルらしいフォルムを作ります。フードには特殊形のスロープを配置しました。先端部分はラウンドタイルが非常に活きてくれました。フェンダー上にはあえてポッチを出してウィンカーっぽく見せています。最初はウィンカーにオレンジのクリアパーツを付けていましたが、あまりにも高年式的に見えてしまうので外しました。キャルルックなら低年式ベースが定番です。サイドステップは出っ張りは付けないものの、黒い色分けのみで表現しています。純正サイドステップはボディカラーとマッチされるので、黒にするとカスタム感が出ます。

streetlooker_3.jpg

 車の表情であるライトも重要です。前後共にクリップで斜め固定することで、やわらかい顔つきになりました。小さめボディの中にミニフィグを乗せ、さらに丸みを持たせてビートルっぽくするというチャレンジは、今回割といいところまで到達できました。もちろんリアルなプロポーションとは全然違いますが、4幅車で出したい雰囲気は結構出せました。さてただのビートルでは格好良くないので、キャルルック的なカスタムも入れます。エンジンフードは少し浮かせている感じを狙って、少し上に突き出した形にしました。マフラーは昔のドラッグレースの定番のメガホン形状を真ん中から出します。タイヤはフロントはナローで、できるだけ内側に引っ込むように取り付けました。リアはドラッグレース向きのワイドスリックです。ホイールは1Lコネクタでリムの深い感じを出しました。

streetlooker_4.jpg

 天井が低いのでハラキリでようやくミニフィグが乗ります。フロント軸は普通の2x2プレート車軸で、穴あき丸ポッチをホイールとして差し込んでいます。リアはペグ軸です。このセットだとフェンダーとタイヤが近づくので見た目的に良いですね。
 今までで一番よくできたと思えるビートルは去年のホットロッドカスタムショーで披露しました。まずは誰でも真似できるビートルの基本形を作りたいと思っていたので、これで皆さんもキャルルックにチャレンジしてほしいですね。
 ちなみに私の車のエンジンがかからない原因は燃料ポンプでした。少なくとも10年くらいは使っているものでしたが、元も中古品だったのでかなり使い込んでいたものだったのかもしれません。昔の機械式燃料ポンプはあまり壊れないので、何十年も使いっぱなしになりがちです。新品が5000円くらいなので軽傷のみで復活を果たしました。これであと20年は大丈夫でしょう!
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1707-90a6d133