Bango!:レゴニンジャゴー痛車 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Bango!:レゴニンジャゴー痛車

bango_1.jpg

Bango

 痛車はファッションです。Tシャツのような気軽さでグラフィックを入れてみましょう。



 痛車用のシールは今まで数多く作ってきました。当然みな女の子キャラで作ってきたわけですが、以前から少年マンガ的なキャラでもやってみたいという思いがありました。そしてどうせならレゴ公式の作品を使いたい、ということで今や長寿シリーズとなったニンジャゴーの初期のイラストを使うことにしました。素材はグーグルでニンジャゴーの透過PNG画像を拾い、フリー素材のコミック調の「BANG」を組み合わせました。今までは家庭のプリンタでシール紙に印刷していましたが、今回はローソンプリントで作ったシール紙を使ってみました。画像データを入稿すれば紙やインク切れの心配なく綺麗なプリントができ、かなりいい具合でした。痛車作りがまたお手軽になりそうです。

bango_2.jpg

 元々は痛車にする予定がなかった車です。貴重な旧灰のタウンフェンダーを譲ってもらい、それを活用したくてグレーでマツダロードスター的な車にしてみました。フェンダー以外は新灰で組みましたが、綺麗な旧灰は新灰とそれほど違いがなく、うまく馴染んでくれました。ホイールは近年リリースが多い黒のメッシュホイールをキャンバー付きでセットしました。ルーフは付けず、代わりにロールケージをセットし、硬派な走り屋スタイルに見せています。しかしソリッドなグレー1色はあまりにも見た目のインパクトに欠け、今回の痛車のベースになってもらったわけです。リトラクタブルヘッドライトは上げた状態を再現し、ニンジャゴーのセットから公式シールをライトカバー代わりに貼りました。フロントガラスにはヨンハバシャコタンヤクザのチームステッカー付きです。

bango_3.jpg

 走り屋的に見せるため、ハンドル横には追加のメーターを取り付けました。またシートの背もたれも作り込んでバケットシート風にしています。最近は大型のリアウィングを付けた車を数多く作っていたので、今回はあえてウィングなしのシンプルなテールにしました。しかし何かしら迫力が欲しいので、マフラーを長めに伸ばしてみました。またバンパーカット風の見た目にしてワイルド感を狙っています。4幅車に痛ステを施工するなら平坦な側面がおすすめですが、左右でバランスの取れたデザインのシールが必要になります。イラストは反転すれば良いですが、文字は反転するとおかしくなってしまうので、この車では左右別々にバランスを取ったシールを作りました。

bango_4.jpg

今回はクリップではなく、車軸を斜め固定でキャンバーを付けています。この組み方だと前後で異なるキャンバー角にできるのがポイントですね。ミニフィグをちょうどいい座高に座らせるため、ハラキリしています。

bango_5.jpg

 レゴ艦船オフにて甲板上の戦車と勝手にコラボしました。ミリタリージャンルはあまり交わることがない分野ですが、ミニフィグスケールで併せをするのは楽しいものです。
 いかにパーツを使って工夫し、格好いい車を作るかというのが4幅車の楽しみです。しかしたまにはお手軽なシールで派手にしてみるのもまた楽しいです。色々な遊び方が許される4幅車ジャンルの一つのスタイルが痛車なのです。みんなも気軽にトライしてみてくださいね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1729-d38d2ab6