Outlaw Rims:これヤバ!違法ホームセンターリム - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Outlaw Rims:これヤバ!違法ホームセンターリム

outlawrims_1.jpg

Toyota GR Yaris Pandem / Builder: さく

 ヤバいですね!これはマジでヤバいです。何がヤバいかというと、見た目が相当にヤバめです。車の格好良さとは?レゴとは?そういうところまで話は飛んでいきます。



 イリーガルビルドはあくまでもレゴピュアリスト気質の上に成り立つものです。本当に自由な遊びをしたいなら、レゴで骨組みだけ作って、粘土なり紙なり使って造形しても別にいいわけです。しかし私たちはそういうことはしません。レゴ4幅車はあくまでもレゴのクリエイションであり、イリーガル要素はどうしても必要なことだからあえてやるものです。今回のイリーガルビルドもそうです。格好いい車には、どうしてもディープなリムが必要でした。

outlawrims_2.jpg

 昨年にツイッタークイーンに選ばれた車です。選者は4幅カスタムの王者である最澄さんでした。GRヤリスはトヨタが送り出している最新のホットハッチスポーツですが、この車はパンデムキットを再現してさらにワイドでアグレッシブなスタイルになっています。ワイドボディカスタムは4幅車の中でも非常に多いですが、この車のワイドさはそういった中でもなかなか過激です。フロントフェンダーはブラケット+タイルの張り出しを付け、リアは1ポッチのワイド化で完全な6幅となっています。フェンダーにミニフィグハンドを取り付けて精細さを加えるのも彼の得意技です。
 ワイドフェンダーの内側にセットされるのは、レゴには存在しないディープリムなホイールです。しかし内側にはレゴの11mm径メッシュがディスクとして埋まっています。

outlawrims_3.jpg

 迫力の大型リアウィングで、ファットなボディとのバランスを保ちます。ウィングのデカさは元のパンデムの仕様の通りですが、リア周りは元デザインよりもさらにアグレッシブになっています。大きなディフューザーの上に太い2本出しのマフラーで、フロント同様に格好よくなっていますね。

outlawrims_4.jpg

 ハラキリ仕様で余裕のミニフィグ乗車が可能なようです。さて気になるリムは、レゴのホイールにアルミの輪っかを被せています。ホームセンターで12mm径のアルミパイプを買い、自由な幅でカットして使うとのことでした。パイプの内側はわずかに狭いので、内側を削る工程も必要だそうです。これでどんな幅のホイールも生み出せることになります。
 今の4幅車はレゴとしては高度に進化していますが、やはり車の模型として見ると物足りなさはあります。その物足りない要素の大きな部分はホイールにあるのだと思っています。このイリーガルなリムはその足りない部分をカバーし、4幅車の外見的魅力を大幅に上げてくれます。しかしこれはあくまでもイリーガルな手段であり、これに手を出せばあなたも反社会組織の一員になってしまうでしょう。それでもやりたい方は自己責任でどうぞ!
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1732-fe5862f6