Berry Pop:70年代ベースのショートラック - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Berry Pop:70年代ベースのショートラック

berrypop_1.jpg

Berry Pop

 格好いいトラックは好きです。それも、いくら作っても飽き足りないほどだったりします。



 トラックという広いカテゴリでとらえると、これまでに散々色々な車を作ってきたわけですが、まあ次々と作りたくなってしまうジャンルです。カーショー文化が非常に盛り上がっていて、それだけ様々なスタイルがあるので、こちらも作りたいものが次から次へと湧いてきます。今回はフォードをイメージして、スラムド系で作ってみました。ここにいつもより大きいサイズのホイールをセットするのがポイントです。ハイリフト系だといつも大きいホイールをセットしていますが、スラムド系は11mm径を入れるのがいつものお決まりでした。しかしシャコタンでもホイールのインパクトは出したいですよね。ではスピードチャンピオンズのディスクを突っ込みます。

berrypop_2.jpg

 今回はTruckin' Magazineに載っていたフォードトラックを元に製作しています。元のカラーは白でしたが、きれいなタイルが揃っていたピンクにアレンジしました。クルーキャブを想定してボディはかなり長めに取ってあり、ホイールベースは11ポッチほどになります。ボディサイドにタイルを貼り付けるスタイルなので、長めでも上手くバランスが取れました。キャブ内は広めですが、カスタムのハンドルを付けたら空間が圧迫され、ミニフィグ1人のみ乗車となります。顔面は70年代Fシリーズのイメージを元に、グリルはやや低い位置に配置しています。顔面は一面グリルとなるファントムマスクです。ピンクとダークブルーのカラーリングはショーでも目立ちます。

berrypop_3.jpg

 ルーフは細かい塗り分けを再現するため、背面はブラケットを使用しています。リアウィンドウはブラックにする割り切りですが、カスタムの世界ではブラックティントはよくあるので、これも雰囲気の一つですね。ベッドは開閉可能なトノーカバーを付けました。実は一度製作してから出来栄えに納得できずにしばらく置いていた車なのですが、このカバーを付けたことで満足できる見た目になりました。もちろん隙間なく閉じることができます。隙間埋めの都合で2x4のブラケットを使ったので、内側に飛び出した部分にはスピーカーが付いていることにしました。

berrypop_4.jpg

 裏面はほぼタイル張りとなっています。フロアもタイルで埋めたのでミニフィグはカツラなしになりました。タイヤはナロータイヤと、スリックタイヤの二重履きで、蛇口を穴あき丸ポッチに差し込んで固定しています。蛇口はキャンバーの付け方としては古いですが、今でも使う場面がありますね。見た目的にもリアルな足回りっぽくなるので、ベッドの中に見せるのにも向いています。
 トラックでまた新しい形を開拓することができました。でもやりたいことはまだ残っています。もっとディープなリムをフェンダーの中に入れたいですね。それはまたこれからの課題にします。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1739-48306e7f