Hot Minifig Rides 2022 Main Game Part4 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Hot Minifig Rides 2022 Main Game Part4

hmr2022_m4.jpg


 Hot Minifig Ridesメインゲームのカーショーレポート4回目は、ショーの華であるカーペットエリアを見て回ります。



hmr2022_6345.jpg
 カーペットエリアでの展示もすっかり定着してきました。今回も気合の入ったディスプレイが集まっています。

hmr2022_6410.jpg
 Mugenさんのニュートラックはメタリックゴールドのタイルを使いまくったゴージャスなペイントです。エンジンの作り込みの他に、綺麗に作りこまれたベッドの内側など、アワードにならないのが不思議なくらいのハイレベルさでした。しかしトラックジャンルはいい車が多すぎました。

hmr2022_6434.jpg
 Limeさんのビートルはキャルルック仕様にカスタムされてショーに展示されました。空冷VWなら定番の、フードを開いた状態でのディスプレイも素晴らしいです。貴重なジャンルにてぶっちぎりのアワードとなりました。

hmr2022_6465.jpg
 地元から初参加のゆきんこさんは、早速カーペット展示にも積極的に出しています。こちらはスタートレックのエンタープライズをデフォルメして車にしたものです。カーペットにも名前が書いてあって凝っていますね。

hmr2022_6466.jpg
 Kkrさんの前年のアワードカー、Trash & Dragはカーペットをムラにゃすさんから借りて、こちらのエリアに飛び入り参加しました。前年はできなかった展示で、見栄えもいっそう良くなりますね。

hmr2022_6467.jpg
 シゲさんのクラシックなカスタムカーは、丸みの強いデザインがユニークです。スラムドされた足元は見えづらいですが、コーラルの派手なホイールがセットされています。絨毯を使ったカーペットが良い雰囲気です。

hmr2022_6469.jpg
 多数のカーペットを用意してきたシゲさんの車のエリアです。アワードになったアイスの車も左奥に、そしてパトカーが右奥に見えています。オレンジのショーロッドはこれまでよりさらに進化して、フロントのマスクとより一体感のあるデザインになっています。

hmr2022_6470.jpg
 Limeさんのハイリフトな2台はどちらも超ゴージャスです。右のゴールドのトラックは前年のアワードカーで、トロフィーと共に飾られています。左のジープは見事今年のアワードとなりました。

hmr2022_6471.jpg
 ミリタリージャンルのアワードを争った2名の作品が隣同士で並べられました。奥は今回のアワードになったユーリさんの車で、カモフラージュ仕様がユニークでした。手前は対抗馬だったチケさんのダイムラーディンゴMk1という偵察車です。ディスプレイは草が生えていない砂漠のオアシスを表現しています。

hmr2022_6499.jpg
 ゆきんこさんの自信の愛車であるマツダMX-30を再現してきました。社名の表示はアルファベットを横に向けて数字を表しています。

hmr2022_6500.jpg
 ムラにゃすさんのミニトラックはまた進化してやってきました。ベッドがハイドロで持ち上がる他、シェルはさらに二つに割れるというギミックもあります。

hmr2022_6501.jpg
 かいさんの渾身のショーカー2台が大きいサイズのカーペットで並びました。左はスタンスコンテストでエントリーされた車です。右はフォードゾディアックという車のキャンパー仕様で、今回のキャンパーのアワードカーとなりました。

hmr2022_6502.jpg
 Shintaroさんは超ワイドな6幅ボディの車にすっかり熱を上げています。今回も過激なモディファイの2台が、大きなカーペットに展示されました。オレンジの車はTOKYO DRIFTのヴェイルサイドRX-7がモデルで、ミニフィグはハン風です。

hmr2022_6503.jpg
 Konekoさんはホワイトとアドバンカラーの2台のアルテッツァを並べて展示しました。彼の車は小ぶりなので1枚のカーペットに並べても余裕がありますね。

hmr2022_6504.jpg
 マーフィーさんのグリーンのクーペはHCS2021からの2冠アワードを達成しました。レッドのクーペは以前よりもさらに進化し、より自然なレトロスタイルのロッドに仕上がっていました。

hmr2022_6566.jpg
 だくさんのハイリフトなトラックはアズールとダークパープルのカラーリングが派手で格好いいですね。似たような色の私のデューリーと隣り合わせに並べました。

hmr2022_6567.jpg
 げござじさんのトラックは、足回りの可動をアピールした展示でワイルドに見せます。プロペラシャフトとステアの再現がよくできています。隣は対照的なスラムドされた私のジープです。

hmr2022_6568.jpg
 私のCキャブデリバリーとチョッパートライクは、レトロなホットロッドとして赤いカーペットの上に並びました。

hmr2022_6569.jpg
 マーフィーさんはなんと2段のディスプレイで渾身のクラシックカーを飾りました。黄色と黒のカラーリングは今年話題の公式セットのタクシーからですね。

hmr2022_6570.jpg
 最澄さんのスタンス系ショーカー2台はどちらも抜群なセンスでハイレベルなものでした。しかしスタンスジャンルはあまりにも激戦でしたね。

hmr2022_6571.jpg
 トラックジャンルのアワードになった最澄さんのミニトラックです。明るく派手なペイントが非常にショー映えしました。金色のメッシュホイールがばっちりハマってますね。

hmr2022_6572.jpg
 エリアスさんはこちらの2台をカーペット展示していました。黒いセダンはクラシックな雰囲気で良いですね。スピチャンのホイールディスクがビンテージな雰囲気になります。

hmr2022_6573.jpg
 Shintaroさんのリアルなレッカー車はロータスクラブのロードサービスを再現しています。巨大な看板を掲げてディスプレイしました。

hmr2022_6598.jpg
 Kimronさんの渾身の痛車が今年も星と花びらのカーペットに置かれました。ダークターコイズのプリキュア痛車が見事今回のアワードになりました。

hmr2022_6599.jpg
 キャディラックのボヤージュというコンセプトカーが、今回の関山さんの新作としてカーペットに置かれました。クリアタイルの床や背景のオブジェ、そしてキャンペーンガールなど展示に非常にこだわっていました。車で隠れていますが、床にはGMと書かれています。

hmr2022_6600.jpg
 私の三菱RVRベースのローライダー、Lowgearは今回もカーペットに置いて飾りました。隣はたむちんさんのホバーカーという変わり種でした。なんと今回のぽん太ピックとしてアワードになりました。王道なショーカーだけでなく、自由な形式のエントリーカーも見られるようになってきました。

hmr2022_6602.jpg
 最澄さんのローライダーはまさに王道なショーカーといったビルドでした。4幅のローライダーではこれが現在の頂点でしょう。緑系でまとめられたボディペイントも美しいです。

hmr2022_6632.jpg
 カーペットエリアを見渡してみます。HMRはオールジャンルなので、展示はバラエティに富んでいます。

hmr2022_6647.jpg
 手前に今回のベストオブショーであるLimeさんのS30Zが見えます。この輝かしいカーショーの中で、目立ち、アピールし、他との差を付けるのは本当に難しいことだと思います。

hmr2022_6669.jpg
 4色の梁が渡るカーペットエリアはインドアカーショーの雰囲気を狙っています。このエリアだけ床が白なので非常に明るく見えます。



 カーペットエリアのレポートは以上となります。やっぱりアワードカーもたくさんありましたね。さて次回はストリート感を増して立体駐車場へと舞台を移します。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1755-447b319f