Snake Leaves:ローライダーのセオリー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Snake Leaves:ローライダーのセオリー

snakeleaves_1.jpg


 ローライダーはカーショーの華です。今年のアワードカーは完成されたローライダーが獲りました。



 4幅車のローライダージャンルは、以前と比べて色々なスタイルが出てくるようになりました。カーショーアワードも熾烈な争いとなってきます。しかしそんな中で、アワードに選ばれた車は王道スタイルというに相応しい車でした。カーショーというのは、オモシロ自動車のパレードとは違います。本当に格好いいスタイルには、余計なものなど必要ないものです。

snakeleaves_2.jpg

 タイルで幅拡張されたアメ車ボディはシンプルかつ洗練されています。アメ車を作るのに純5幅を選ぶビルダーもいますが、彼の車は4幅の組み方を守り、カーペット1枚に収まるコンパクトなビルドを展開します。フロントノーズを尖らせ、ルーフはカットして別カラーにペイントするという70年代風のスタイルです。写真の角度で見づらいですが、ヘッドライトにはローラースケートを埋め込んであり、ダブル丸灯のヘッドライトです。ローラースケートのつま先はポッチになっていますから、サイドの1x1タイルを接続できるというわけです。ボディカラーはライム、ダークグリーン、通常の緑と、グリーン系の3色を使い、ローライダーらしい深みのあるカラーリングを作り出しています。

snakeleaves_3.jpg

 ホイールは白の穴あき丸ポッチでナロータイヤという定番の組み合わせです。ホイールを白にするのは、ホワイトリボンぽい雰囲気にするためですね。このサイズ感の中でアメ車の大柄な雰囲気を出しているのは、前後フードの長さが効いているようです。ハンドルを省略してミニフィグが収まるキャビン部分を短く切り詰め、その代わりにフロントフードに長さ4ポッチ、リアフードに長さ3.5ポッチと、面の広さを強調するスタイルができあがります。テールは爪プレートを縦に配置する装飾で、クラシックな雰囲気を出します。

snakeleaves_4.jpg

 ハイドロの作り方は非常に重要です。フィグ乗りにしつつ、可動足の構造を埋め込むには難しい技です。リアは長く伸びた可動足、フロントはキャンバー角を変えられる仕組みで、リアルなローライダーの立ち姿を再現します。フロントタイヤの後ろ側、フェンダーの裾が丸ポッチになっているのは、フロントを上げた時にタイヤの干渉を避けるため、角を削る意味合いで取り付けられています。

snakeleaves_5.jpg

 カーペットに展示されているのは昨年の横浜ホットロッドショーでの写真です。こちらのストリートでのショットはその前の海老名ブリックカンファレンスでのものです。ハイドロの仕組みはこれまでの4幅ローライダーのセオリーを踏襲したもので、スリーホイールを始めとして三次元的なポーズを取ることができます。すでに確立されたビルド方法に手を出すことを、ためらってはいけません。本当に格好いい車を作れるビルダーは、既存のテクニックを惜しみなく再利用します。型のない個性やオリジナリティにとらわれてもしょうがありません。セオリーこそが素晴らしいという場面はいくらでもあります。それが今回はトロフィーとなって格好良さを証明したのです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1761-28283154