Looks are Everything!:ノーマルな見た目の追及 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Looks are Everything!:ノーマルな見た目の追及

citroencx_1.jpg

Citroen CX / Builder: かい

 4幅車のカーショーは何よりも見た目が重要です。ド派手なカスタムに傾けるもよし、また違った方向でもよいです。



 私自身はフランス車というものには全く馴染みがないので、シトロエンCXという車にも思い入れは全くありません。と、思っていたのですが、ふと思い出して「Yatming Citroen CX」で検索してみたら、幼少時に持っていたミニカーがこの車だったことを知りました。クラシックな名車とされるDSの後継車として作られ、ボディスタイルも先代を継承しています。しかし細部は70年代的シンプルモダンなデザインにしっかり改められ、当時の交通に溶け込めるようになっています。今回紹介する4幅のCXは、今年のHot Minifig Ridesのベストクラシックに選んだ車です。このビルドは最初にツイッターで見た時から衝撃的なほどに美しいと思いました。

citroencx_2.jpg

 地面のタイルの模様を反射するダークグレーのボディが非常に美しいです。ボディサイドをカーブスロープで丸める手法はすでに多数のビルダーが取り入れている手法ですが、この車の作りは特にきれいに線がつながっています。斜めにカットされるリアフェンダーのスカートにはウェッジプレートが当てられ、ボディサイドとのつなぎにはウェッジスロープが直角に組み合わせられ、面をスムーズにしています。ボディ幅が細くなるフロント側には爪プレートがギャップを埋める役割を担います。ホイールは純正キャップをイメージさせる、フラットなラウンドタイルです。バンパーに向かって斜めに上がっていくラインと合わせて、シトロエンらしいフロント回りになっています。ただこの写真から見ても分かるように、バンパーにしているレールプレートはポッチが下を向いています。それならばレールプレートの上に取り付けられているヘッドライトの接続は……?

citroencx_3.jpg

 ルーフからテールにかけては、非常に工夫が見られます。Cピラーにはグリップハンドルパーツの側面の三角形部分を出し、リアウィンドウは旧ヒンジのあおり窓と、黒のウィングの組み合わせで表現されます。斜めにカットされたテールライトの表現は特に素晴らしく、垂れポッチで上をカバーすることでかなり密度の高い再現部分となっています。ルーフ部分は上下反転でパーツの裏面が見えています。窓を接続しているヒンジプレートと、隙間を埋めるためのレールプレートのポッチが出てしまうので、平らにするためにあえて裏返しにしているものと思われます。

citroencx_4.jpg

 ホイールは穴あきの丸ポッチプレートと、ラウンドタイルを使い、車軸プレートに差し込んでいるようです。ハラキリでミニフィグを乗せていますが、ボディもルーフも結構薄いのでかなり仰向け姿勢になっています。
 私は4幅車趣味を現実の車趣味と同じ目線でとらえるようにしていますが、やはり走る機能を持たない4幅車は見た目が最重要です。そのこだわりは例えば鬼キャンやシャコタンのように過激なカスタムに費やすことが多いです。そちらの方が手っ取り早く見た目を変えられます。しかしノーマルな見た目の再現を追求するという、より困難が伴う方向性もあります。ですからノーマル系のアワードを勝ち取るのはハードな目標です。今年のアワードカーは特にハイレベルでした。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1772-849ce283