Stanced Z31:そうそうこういうの - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Stanced Z31:そうそうこういうの

z31stanced_1.jpg

Nissan Fairlady Z (Z31) / Builder: Falouz

 赤いスポーツカー、そしてオープン!典型的なレゴの車のイメージを持つこの車は、4幅車に新しいスタイルを生み出しました。



 4幅車の世界では180SXが定番の車種としてスタイルが確立されています。しかし同じくリトラクタブルヘッドライトの80年代のスター、Z31はどうでしょうか。当時のスポーツカーの流行に乗り、非常に似通ったスタイルを持っていますが、この車を作ることに挑んだ人は数少ないです。そんな中で彼のZ31は、非常にシンプルで明快に一つの解答を出しました。この車は今年のHot Minifig Ridesのベストスポーツに選んだ車です。赤と黒のZ31は典型的なスポーツカーというイメージにピッタリでした。それだけではなく、足元はオシャレにツラを決めているとあれば、トロフィーには持ってこいとなったわけです。

z31stanced_2.jpg

 ビルドは多くの部分で4幅のセオリーを守っています。ホイールベース7ポッチのサイズ感は、11mm径の5スポークをクールに魅せるにはちょうどよい大きさです。カーブスロープでスラントした先にはレールプレートのバンパーがあり、オレンジ色のウィンカーが見え隠れするほど良いアクセントとなっています。ジャンパープレートで前に突き出したリップが車高とスタイリングの低さを強調します。リトラクタブルは1x1タイルを半分ほど浮かせて取り付けるという技で、顔つきの精細さも格好良さもバッチリ仕上がっています。ヒンジのサイドミラーは公式でもよくある組み方ですが、ボディ同色がスタイリッシュに見えます。

z31stanced_3.jpg

 ルーフは魅力のTバールーフです。非常に明るい雰囲気になりますね。リアウィンドウは風防パーツを横倒しにする大胆な組み方で、よくある4幅クーペ車とは差別化しています。ルーフとのつながりがきれいですし、リアスポもうまい具合に取り付けています。テールライト回りもZ31らしいディテールで、半ポッチずらしたバンパーも良いバランスです。隙間埋めにはレールプレートの出っ張りを使っています。全体的にストック風のボディですが、やはり鬼キャンシャコタンが非常に良いアクセントになっています。今年はベストスタンスの車が割とエアロ盛り盛りだったので、対照的なシンプルスタンスの車を選ぶことができました。ペグのマフラーもちょっとだけヤンチャな雰囲気が良いですね。

z31stanced_4.jpg

 ハラキリでミニフィグを乗せる気がありそうな仕様になっています。真ん中のTバーがかなり低い位置にあるので、カツラなしでないと乗せるのは厳しいかもしれません。足回りは片側車軸をT字バーとクリップで角度を付けて取り付けています。

z31stanced_5.jpg

 HMRでは立体駐車場の中でアングラな世界観を演出していました。ガッツリカスタムという感じでもなく、見た目にもオシャレなストリートカーという雰囲気です。フロントガラスに貼ったヨンハバシャコタンヤクザのステッカーもよく似合っています。派手さに特化した車も多い中、渋いテイストでまとめてきたことでむしろひと際魅力を放っていました。ガチのショーカーは乗り回すのも大変なので、これくらいの改造でストリートを走らせたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1773-8e05d306