HMR 2022 RCレース LEGOクラス - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

HMR 2022 RCレース LEGOクラス

hmr2022rclg_1.jpg


 ギガストリームのRCレースの次は、レゴクラスのRCレースです。ハイクオリティなマシンが揃いました。



 レゴクラスはレゴのモーター等で製作したRCカーのクラスです。ここ数年でパワーファンクションやパワードアップ等を用いた4幅車のRCカーの例がちらほら見られるようになったので、せっかくならということで追加したクラスです。マシン製作のハードルがやはり高いので参加者は少なめでしたが、3台のマシンが集結してレースとしての体を成せるラインナップが揃いました。

hmr2022rclg_6723.jpg

 4幅車的なサイズ感のマシンを想定し、マシンレギュレーションは8幅以内となっています。手前の戦車がギリギリ8幅オーバーするくらいのサイズですね。またレゴパーツのみというルールを設けていましたが、いざ集まってみると2台は社外モーターを使ったり、改造が見られる仕様でした。戦車を作ってきたさくりんさんには事前に社外モーターを使ってよいかどうかの相談を受けており、純正縛りだとマシン製作のハードルが高すぎると思って許可しました。このクラスに参加してもらえるだけで御の字です。

予選


 さてGSクラスと同様に単走にてタイムアタックを行います。当然のことながらギガストリームほどのスピード感はありませんが、大柄なボディゆえの迫力がありました。既製品のRCと違って、一から設計されたマシンたちなので性能はまちまちで、1周するのも結構ハードな課題となりました。スピードを競うというよりも、完走を目指す競技といった雰囲気でした。

hmr2022rclg_6720.jpg
Driver: さくりん / Qualify Time 1min34sec
 精巧な戦車を製作してきたこちら、いろいろと8幅を超えていますがノリと勢いで参戦してきました。こちらが事前に社外モーターを使うと宣言してきたもので、どうやらCADAというメーカーの小型モーターを使っているようです。レゴのパワーファンクションと互換性があります。9Vの純正バッテリーボックス内蔵で、RC戦車としてはかなりコンパクトに収まっています。予選ではゆっくりとした走り出しでしたが、一定のペースで安定した走りを見せました。操縦性の良さを活かしてコーナーをスムーズに曲がり、最後まで不安なく走り切りました。予選では唯一の完走組で、本戦ポールポジションをゲットしました。

hmr2022rclg_6722.jpg
Driver: ほげ / Qualify Time DNF
 当ブログでも紹介したことがあるパワーファンクションを無理やりにでも4幅に収めた気合の純正RCカーです。2個のモーターと中央の大きなバッテリーボックス、そしてリアの受信機をトレーラーにまとめています。トレーラーのリアタイヤが駆動輪となっており、キャブ側を左右に振り回すことで操舵します。予選ではスムーズな走り出しでしたが、最初の広場で曲がる際にポッチに引っ掛かり、フロントボディがモーターから外れて走行不能となってしまいました。直線スピード的には一番速いと思いますし、慎重にいけば1周できるポテンシャルも秘めているので惜しい予選となりました。

hmr2022rclg_6721.jpg
Driver: 関山 / Qualify Time DNF
 まるでショーカーのような5幅のバスは、後輪駆動と前輪操舵を可能にした、最も正統派なRCカーでした。やはりこちらもこのボディの中に機構を収めるため、CADAのモーターを内蔵しています。レゴのロードプレートを走るには回転半径がやや問題で、コース上を走っていると切り返してコーナーを抜けていく様子が頻繁に見受けられました。予選では本人が操縦法に苦戦しつつも、ポッチむき出しのダートを超えていき、コース終盤まで到達しましたが、最後のダートで操舵が上手く動かなくなってしまいました。どうやらギアのかみ合いがずれてしまったようで、しばらくもがいていましたが諦めてリタイヤとなりました。

RCバスの内側


hmr2022rclg_6272.jpg

 バスを裏返してみると構造が少し見えてきます。反対サイドにパワーファンクションの受信機があります。赤外線通信なのでバスが反対側を向いていると届かなくなってしまい、都度立ち位置を移動する必要があります。後輪にはレゴ純正には存在しない2x3のマイクロモーターがつながっています。純正パワーファンクションにはここまで小型のモーターはないので、CADAがチート扱いされる所以たるパーツとなっています。ステア可能となっているフロントにも同じモーターが隠れていると思われます。

hmr2022rclg_6285.jpg

 四角い9Vバッテリーを裸のまま車体に積んでいます。電池との接点とコードは純正コードの改造で作っています。小さな車体に収めきるにはコードを切り詰めることも必要になってきます。

hmr2022rclg_6267.jpg

 コントロールは慣れが必要です。RCカーの課題の定番で、ステアができても切りすぎるとモーターに負荷がかかり、またセンター戻しもできません。なので曲がるのも難しいですが、まっすぐ走るのもかなり難しいです。走りながらステアを操作するのもかなりの慣れを要すると思われますが、熟練すればかなりスムーズに走れそうなポテンシャルはありました。
 関山さんのブログに詳細な解説が載っているのでそちらも参照してみてください。

【自動車作品】リモコン操作の5幅バス。cadaマイクロモーター使用。_ Legoゲージ推進機構日報~レゴトレイン・ブログ

本戦


hmr2022rclg_1457_1.jpg

 さてついに本戦のスタートです。全体的に1周が精いっぱいな雰囲気だったので、本戦も1周で争うことにしました。グリッドは予選1位通過のさくりん選手が先頭となりました。全員パワーファンクション仕様で、チャンネルは最大4個なので3台同時走行もOKです。スタートは各車スムーズな走り出しでした。

スタート直後の玉突き事故


hmr2022rclg_1457_3.jpg

 不幸なことに(?)グリッド順に対して、直線スピードは真逆な並びとなっていました。さくりん選手の戦車よりも関山選手のバスが速く、それよりも後ろのほげ選手のトレーラーが速かったので、皆が前のマシンを押し出す形で3台すべてが絡み合いました。戦車もバスも押されて真横を向いてしまう中、他車の破壊で勝機をつかもうとするほげ選手がマシンを左右に振りすぎて転倒、ほぼ自滅によりリタイヤとなってしまいました。

さくりん戦車がリードを広げる


hmr2022rclg_1457_4.jpg

 スタート直後のカオスを脱出し、さくりんが先にS字コーナーへと入っていきます。関山もその後を追いますが、道幅が狭くなると操縦性の悪さで大きく遅れを取ってしまいます。

hmr2022rclg_1457_5.jpg

 戦車は各コーナーをスムーズに曲がっていくと、その後のダートエリアも迷いなく最短ルートを走り抜けていきました。

さくりんが大差で勝利


hmr2022rclg_1457_7.jpg

 ゴールを前にして一時停止し、関山選手への煽り行為をするところです。関山バスはまだコースの反対側でコーナーを抜けようとしているところでした。さくりん選手はこのまま難なくして完走し、優勝を掴みました。

関山も完走を目指す


hmr2022rclg_1457_8.jpg

 予選では残り僅かな場所でリタイヤし、悔しい思いをした関山選手は、磨いた腕でコーナーやダートを超えてきました。上の写真は最後のコーナーを抜けてホームストレートに入るところです。

hmr2022rclg_1457_9.jpg

 真っすぐにならないステアで蛇行運転になる関山バスをしり目に、奥ではゴール済みのさくりんが2周目を優雅に走っています。関山バスは最後まで蛇行を続けながら無事にゴールを通過しました。最後にはギャラリーの拍手で迎えられました。

RCレースLEGOクラス リザルト


1位 さくりん
2位 関山
リタイヤ ほげ



 ギャラリーも含めて大いに盛り上がったレースとなりました。今回は初回開催となった競技ですが、レゴのRCジャンルも大いに進化を見守っていきたいと感じました。そのためにはレゴカスタムとレゴ純正にクラス分けが必要かなと思いました。走る4幅車の世界も今後どんどん広がって行ってほしいですね。来年は皆さんのご参加をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1775-d4ac5134