Street Legal:これがドリ車の作り方 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Street Legal:これがドリ車の作り方

streetlegal_1.jpg

Builder: Stanced_4wlc

 アメリカからやってきたドリフトチームが、日本の4幅車シーンをあっと言わせました。自由すぎるそのスタイルを紹介します。



 今年のHot Minifig Ridesに向けてショーカーを送ってくれた彼は、今回が最初の参加ではありません。元からスタンス系のアグレッシブな改造車を多数作っていましたが、今回送られてきたこの3台は特にアツいラインナップでした。派手なエアロにバイナル、バラバラなホイールなど、その雰囲気は日本とアメリカのスタイルの融合で、まさにアメリカのドリフトイベントFinal Boutのような雰囲気です。車はどれも定番で人気のシルビア系で、ビギナーにも基本的な組み方を真似してほしいお手本です。

streetlegal_2.jpg

 3台の中でTamotsuピックとしてアワードに選んだのが、こちらのS15シルビアです。アメリカにはS15は正規輸入されていないので、憧れの車になっているようですね。カーブスロープで作られたフロント回りは、シンプルながらもS15的な目つきを上手く再現しています。派手なシールはもちろんイリーガルで、ストリート感をかなりブチ上げています。あえてドアをグレーにして、クラッシュによるダメージをイメージさせるのも、ドリ車の表現として上手いですね。足元は前後で異なるホイールをセットし、フロントに強烈なキャンバーを付けています。これはチーム3台に共通する仕様です。

streetlegal_3.jpg

 反対側は綺麗なシールを見ることができます。文字はLegal(合法)と書かれているようです。ヘッドライトは片目だけカバーされており、族車っぽい雰囲気も取り入れています。

streetlegal_4.jpg

 テールライトはポチスロを釣り目に配置することでそれっぽく見せます。クリアパーツではなく、あえて普通の赤パーツを配置したようですね。テールライトの輪郭を浮かび上がらせ、三角形の隙間を目立たなくするためかなと思いました。リアトランクを少し長く見せるように、リアウィンドウは半ポッチ前にずらされています。

streetlegal_5.jpg

 サイドエアロはこのように側面ポッチパーツを配置して取り付けています。ホイールの取り付けは前後共に、T字バーを中心としたクリップを使っています。フロントの方が角度が付くようにセッティングされています。斜めに出ているマフラーはやや力業な組み方です。裏面の構造は3台とも同じような感じでした。

streetlegal_6.jpg

 こちらも定番のS13シルビアで、よりシンプルなフロント回りになっています。アメリカではシルビア系は240SXという名前でしたが、S13系の240SXは180SXまたはワンビア仕様となっていたので、いわゆるS13顔はやはり馴染みがないようです。ウィングなどはないですが、両サイドにカナードを装備した攻撃的なルックスです。大きなベントを備えたフロントフードも、ドリフト仕様でよく見る厳つい改造ですね。この車に関してはカスタムペイントが施されており、リアホイールが鮮やかな蛍光イエローに、そしてルーフがメタリックな紫色に塗られています。シールも含めてイリーガルなビルドですが、ドリ車的な雰囲気はバッチリです。

streetlegal_8.jpg

 ドリフトといえばステッカーなので、あらゆる面の窓に小さなシールが貼られています。サイドには何かのキャラクターも貼られています。シンプルなS13風テールライトの下からは、厳つい2本出しマフラーが長く飛び出しています。GTウィングは付きませんが、ルーフスポイラーを備えます。

streetlegal_7.jpg

 こちらは180SXで、私がかなり昔に作った車を参考にしているっぽい感じでした。180SXは現実でも改造として人気が高い車であり、4幅車界隈でも非常に作る人が多い車です。この車の組み方は典型的ともいえますが、やはり尖ったセンスでその辺の車とは一味違うオーラを放ちます。

streetlegal_9.jpg

 ウィングもなくシンプルな見た目で、ウィンドウの中のロールケージが良く見えます。ロールケージは3台とも車内に取り付けられています。裾が広がったエアロを巻くとやはり厳ついです。
 基本的に車の紹介は1台ずつ記事にするのですが、今回はまとめて紹介したかったのでちょっと違った形式になりました。今回はイリーガル要素が散りばめられた作例であるものの、組み方の根本はわりと真っ当なので、皆さんにもぜひポピュラーなドリフトスタイルを自分のものにしてほしいです。格好いい自作シールに手を出すかどうかは皆さんに委ねます。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1779-779bef70