Red Pig:荒々しくもメルセデスベンツ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Red Pig:荒々しくもメルセデスベンツ

w108amg_1.jpg

Mercedes Benz W108 6.8 AMG / Builder: ユーハチ

 今年のベストレーシングはクラシックになりました。上品な高級セダンが荒々しいレーシングカーに変身します。



 ツイッターで発表された彼のW108は素晴らしいビルドでした。ベンツらしい黒いセダンボディで、ホイールには金メッキの指輪がはめられていました。そして今年のHot Minifig Ridesでアワードを獲得したレーシングバージョンは、ノーマルの発表後まもなくして披露されました。W108/W109は60年代に生まれた4ドアセダンです。縦2連となるヘッドライトは古いベンツのイメージを作り上げました。赤いボディのレーシング仕様は、70年代にニュルブルクリンクやスパに参戦した300SEL AMGを再現しているのは明らかです。フォグライトが付いていてラリーカーのようですが、そうではありません。ライトは24時間レースの夜間走行のためのものであり、70年代前半のGTレーサーはまだウィングなどのエアロパーツを備えていませんでした。

w108amg_2.jpg

 メインのヘッドライトは、縦にしたローラースケートで表現されています。これは先に発表されたノーマルのW108をそのまま継承しています。レーシングバージョンはさらに追加のライトポッドが付きます。グレーのグリルを中心に配置されたライトは絶妙なバランスです。1幅のブラケットが上手く使われていますね。レールプレートでフェンダーを広げ、ボディサイドはカーブスロープを置いてクラシックな車体を表現しています。セットされるのはワイドスリックタイヤで、ボディよりもややはみ出すオフセットでワイルドに見せてきます。カラーリングだけではなく、このタイヤのセッティングがレーシーな雰囲気の秘訣です。

w108amg_3.jpg

 センター2本出しのマフラーが荒々しいです。フェンダーアーチはウェッジスロープの欠け部分で表現されているのが、リアからの眺めで分かります。レーシングカラーを表現するマーキング類は、全て純正のプリントを使用しています。数字の7のプリントやサイドのアークティック、トランクのスリーポイントスターなど、実車の完全再現からは遠くとも雰囲気をよく出している並べ方です。これでどこからどうみても、紛れもないレーシングカーに見えるようになりました。

w108amg_4.jpg

 ハラキリされており、ミニフィグを乗せようという意気込みを感じます。ミニフィグを少し寝かせれば実際乗せられそうですね。車軸は通常のワイド車軸ポン付けです。マフラーは黒いエスプレッソフィルターに、ハーフペグを差し込んでいます。
 レーシングカーという括りでアワードを選ぶのは非常に難しい仕事です。選ぶべき車のタイプが非常に幅広いからです。この車は一目でレーシングカーだと分かりました。それはカーナンバーやスポンサーマークを入れるのが難しい4幅車では、簡単なようでいて簡単ではないことです。説明不要な格好良さ、そういうのが私が常に求めているものです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1782-e34006af