Bad Alphard:違法なリムでミニバンカスタムのお手本 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Bad Alphard:違法なリムでミニバンカスタムのお手本

badalphard_1.jpg

Toyota Alphard / Builder: さく

 こんなのを見てしまったら、やりたくなってしまうかもしれません。違法なリムでないとなかなかこの雰囲気は出せません。



 彼がアルミパイプから手作りした違法なディープリムはすでに紹介しました。
 今年のHot Minifig Ridesで「アウトロー」に選ぶなら、この独創的なアイディアに対してが良いと思いました。レゴの11mm径ホイールに、切り取ったアルミのリムを被せるという、完全なる違法テクです。既存のホイールにリムを追加するだけのパーツ改造ではありますが、見た目の効果は抜群です。格好いい車の決め手はその足元にありますから、このリバレルは車そのものの格好良さを大幅に高めてくれます。彼はこのホイールを使ったカスタムカーを何台もカーショーに送り込んできました。その中で私が選んだのがこのアルファードです。最近4幅車界隈でも注目が上がっているミニバンジャンルで、このアルファードは恐ろしいほどに「それっぽさ」を表現していました。違法要素だけではなく、ビルドそのものの素晴らしさがこの車をアウトローアワードに押し上げたのです。

badalphard_2.jpg

 ミニバンを作るならこの車のバランスを参考にするべきでしょう。シティフェンダーと、9ポッチホイールベースは少し大柄な雰囲気を出すことができます。サイドステップ部分にはタイルが貼りつけられて、幅の広さを表現しています。ウィンドウは大型なスピードチャンピオンズ風防を上手くフィットさせています。短いフードの先端には、ドロイドアームを並べたフロントグリルが厳つい表情を作り出します。ヘッドライトの下には黒のポチスロがはめ込まれ、バンパーのグリルを表現しています。今のミニバンを作る上で、フロントマスクの作り込みは必須の要素でしょう。

badalphard_3.jpg

 サイドのピラーの形状などは、アルファードの特徴をよく捉えています。サイドウィンドウ部分は高さ1ブロックに抑えられ、見た目の格好良さを重視したバランスとなっています。平らなルーフが後ろまで続き、天窓とリアウィンドウへとつながります。ここのポチスロを逆にしたテールライトからリアウィンドウ、パネルを横にしたルーフまでのつながりは非常にテクニカルで、大きな見せ場ですね。後ろにはヒッチキャリアが付けられ、自転車が載せられています。車を遊びに使っている雰囲気が出ていて良いアクセサリーです。

badalphard_4.jpg

 ホイールにリムを被せている構造がこちらからよく分かります。内側は普通のホイールなので、クリップで固定できます。キャリアに隠れている部分には4本出しの派手なマフラーと、センターのリアフォグというヤンキー感溢れるアイテムも装備されています。ミニバンカスタムの抑えるべきツボを抑えています。
 ワゴンジャンルのアワードでもいいくらいの車でしたが、やはりホイールの違法ビルドがあまりに大きな効果を生み出しているため、アウトローアワードという枠に収めることにしました。ただイリーガルに手を出すか否かによらず、ミニバンを作る方はこの車を参考にしてほしいです。4幅車の新たなセオリーになるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1784-40166e23