HMR 2022 ドラッグレースBIKクラス - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

HMR 2022 ドラッグレースBIKクラス

hmr2022dragbik_1.jpg


 ドラッグレースに新しいクラスが追加されました。バイクでもアツい戦いが繰り広げられました。



 昨年に登場したレゴシティのスタントバイクは、4幅車界隈を騒がせました。新しい規格のミニフィグ用バイクはフライホイールによるフリクションとなっており、実際に走らせて遊ぶことができました。さらにボディやカラーバリエーションが一気に展開され、新たな遊びの環境が瞬く間に作り上げられました。今年導入のBIK(バイク)クラスは、この新しいスタントバイクを使います。

hmr2022dragbik_6770.jpg

 初開催ながらにいち早くバイクを入手した8名のビルダーがエントリーしてきました。レースも非常に盛り上がりました。様々な色のマシン、そして工夫も様々です。マシンを運んできたトラックまで用意しているチームもありました。

hmr2022dragbik_6757.jpg
 いつものドラッグレースコースです。手前にスタートゲートがあり、スタート係の合図と同時に、手でゲートを上に上げます。フライングしようとするとゲートにぶつかってしまう仕組みです。今回も2勝で勝ち進みのトーナメント戦です。

hmr2022dragbik_6759.jpg
 BIKクラスでのみ設けられたジャンプ台はゴール手前に置かれます。ジャンプした後上手く着地できないとゴールできません。今回はこのギミックの導入で非常に盛り上がりました。

マシン紹介


hmr2022dragbik_6765.jpg
Builder: ゆきんこ
 ビルド的に非常にこだわったマシンでした。宇宙飛行士のフィグの背中には、ジェットパックのような噴射装置が付いています。ボディはダータコのクラシックバイクが選ばれています。

hmr2022dragbik_6763.jpg
Builder: 柴
 黒いオフロードバイクに、ライダーはなんとハンドルを掴んで後ろ向きに載せています。これはジャンプ台でマシンがウィリーしてしまうことを防ぐため、フロントヘビーにする工夫です。

hmr2022dragbik_6767.jpg
Builder: えもりん
 彼は専用のトラックにバイクを乗せてきました。水色のオフロードバイクは素組みのままです。フィグの乗り方がこちらも特殊です。空気抵抗削減?

hmr2022dragbik_6764.jpg
Builder: シゲ
 こちらはカウルなしという思い切ったマシンです。後ろを向いているのは、走らせるときも後ろ向きにするという作戦だったためです。ドラッグレースのセオリーを考えると、フロント駆動は不利と思われますが、安定したジャンプのことを考慮してでしょうか。

hmr2022dragbik_6766.jpg
Builder: 最澄
 レーサーカウルのバイクには、真っ赤なミニフィグが載せられています。バイク自体はほぼノーマルですが、リアカウルにポチスロのスポイラーが付いています。彼も専用のトラックにバイクを載せてきました。

hmr2022dragbik_6762.jpg
Builder: Sakurai
 えもりん選手と同じ水色のオフロードバイクです。ライダーにはスターウォーズのバイカースカウトが選ばれています。

hmr2022dragbik_6768.jpg
Builder: テイラミック
 こちらはまた大胆な改造が施されています。後ろに補助輪を付けて常にウィリー状態を維持したマシンです。スピード面や、ジャンプ台の安定でどのようになるのか気になります。カウルは紫のオフロードです。

hmr2022dragbik_6769.jpg
Builder: たむちん
 こちらはまったくもってオーソドックスなクラシックバイクでした。激しい遊び方でバイザーは飛んでいく危険があるため、バイザーなしヘルメットです。

1回戦


・ゆきんこ vs 柴(0-2)
 さっそく面白いマシン同士のバトルとなりました。1走目ではゆきんこのマシンが重いためか、ジャンプ台手前で倒れてしまい、柴が1勝します。2走目のゆきんこ選手はジャンプまで到達したものの、空中でバランスを崩して転倒し、またしてもゴールになりませんでした。柴は華麗なジャンプの勢いのままゴールラインを切り、2勝で勝ち進みとなりました。しかしバランス向上のためにミニフィグを後ろ向きに載せていた柴でしたが、着地後はウィリーしすぎてひっくり返っていました。

hmr2022dragbik_1499.jpg

・えもりん vs シゲ(0-2)
 1走目はお互いに勢いが足りず、両者ともにゴールに達しなかったためドローとなりました。2走目では、えもりん選手が焦ってスタートゲートが上がる前にマシンを放してしまい、ゲートに激突して即座に転倒してしまいました。対するシゲのマシンは勢いが弱めだったものの、ギリギリジャンプ台を乗り越えて1勝目をゲットします。3走目でも、えもりん選手のスタートミスがあり、手を放す角度が悪くウィリーしたまま後ろにひっくり返ってしまいました。シゲ選手は難なく完走して2勝を確保します。相手のミスで勝ち進みとなったシゲ選手ですが、常にスピードが遅めなのが気になりました。

hmr2022dragbik_1502.jpg

・最澄 vs Sakurai(2-1)
 因縁の対決となったこちらの組み合わせでは、1走目でミラクルがありました。両者ともに勢いよくスタートを切り、先陣を切ったのは最澄選手でしたが、ジャンプ台で跳ねたマシンがゴールゲートの柱に激突、なんと向きが反転してゴールライン一歩手前から逆走を始めてしまうアクシデントが発生しました。後からやってきたSakurai選手のマシンが先に1勝を獲得してしまいます。2走目はお互いに気合が入りすぎたのか、ジャンプ台後で共に転倒してドローとなります。3走目はスタートでSakuraiが転倒し、最澄が1勝して同点に持ち込みました。4走目はスタート後すぐに両者転倒し、またしてもドローとなります。そして5走目でスピードに勝る最澄選手が2勝目をゲットします。Sakurai選手はジャンプ台後にまたしても転倒し、コントロールの差が勝敗を決しました。

hmr2022dragbik_1503.jpg

・テイラミック vs たむちん(0-2)
 常にウィリー状態のテイラミックのマシンに注目が集まりましたが、1走目ではスタート後に壁と接触してすぐに転倒してしまいました。一方のたむちんがノーマルのバイクで安定して走り切り、難なく1勝を取ります。2走目でもテイラミック選手は、スタート時に内側のガードレールに接触して転倒してしまいました。これにより、たむちん選手が2勝を取って勝ち進みとなりました。マシンの安定性が勝利のカギとなりました。

hmr2022dragbik_1509.jpg

準決勝


・柴 vs シゲ(2-0)
 1走目は非常にハイスピードな戦いとなりました。スタートの勢いで勝る柴のマシンが、壁に当たりながらも先行してそのままジャンプもクリアし、1勝を取りました。ジャンプ後の着地も安定しており、変な乗せ方のミニフィグがバランスで功を奏したようです。2走目では焦ったシゲ選手がフライングでスタートゲートに衝突してしまいます。これで勝負は決まり、柴選手のマシンは高らかなジャンプを披露して2勝目となり、決勝へと進みました。しかしスタートミスがなかったとしても、シゲ選手の方が勢いで劣るように見受けられたので、カウルがないことと、後ろ向きに走らせていることが持ち手の不安定さにつながっている気がしました。

hmr2022dragbik_1510.jpg

・最澄 vs たむちん(0-2)
 1走目はジャンプ台手前で両者ともにバランスを崩し、転倒でドローとなります。2走目では最澄選手がスタートでウィリーしてしまう痛恨のミスで、壁に当たって転倒してしまいます。対するたむちん選手は安定した走りを見せて1勝を取ります。3走目ではまたしてもジャンプ台前後で両者転倒のドローとなります。4走目では最澄選手がまたしても転倒となり、2勝目をたむちん選手に取られてしまいます。共にノーマルマシンでの争いとなりましたが、コントロールの良さで勝負が決まった形となりました。

hmr2022dragbik_1514.jpg

決勝


・柴 vs たむちん
 気合の入る1走目では柴選手がスタートミスで転倒しますが、たむちんのマシンもジャンプ台後に転倒し、ドローとなります。2走目は両者ともに良いスタートを切った名勝負となりました。スタート後にレーン中央辺りで軽く接触し合ったように見えましたが、その後柴が一歩リードし、ジャンプ台も共にクリアして柴選手1勝となりました。

hmr2022dragbik_1517.jpg

 リードを取った柴選手でしたが、3走目にてスタートに失敗し大幅な失速をしてしまいます。この隙をつかれてたむちん選手が1勝を取りました。決勝は1対1という戦いとなります。4走目はまたお互いに気合が入りすぎ、柴選手はジャンプ台前に転倒、たむちん選手はジャンプして場外の看板に激突したあと、跳ね返ってきて逆走、ドローとなります。5走目は柴選手がスタート直後に転倒、たむちん選手が無事に走り切って2勝目を取りました。

hmr2022dragbik_1520.jpg

ドラッグレースBIKクラスリザルト


1位 たむちん
2位 柴
3位 シゲ
3位 最澄
5位 ゆきんこ
5位 えもりん
5位 Sakurai
5位 テイラミック



 ドラッグレース開幕のBIKクラスは大変盛り上がって終了しました。プルバックモーターと違って、スタートのタイミングを合わせること自体が勝負の一環となり、参加者の気持ちも一層入ったのではないかと思います。またマシンを用意するハードルが一番低いクラスでもあるので、また次回ぜひご参加ください。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1785-c06d2eb7