Cyber Truckin':超ヤバい作り込み - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Cyber Truckin':超ヤバい作り込み

cybertruckin_1.jpg

Cyber Truckin' / Builder: jip

 4幅車のカーショーで毎年盛り上がっているのはトラックジャンルです。今年もアツい新作が出てきました。



 Hot Minifig Ridesのベストトラックは1枠しかありませんが、アワードゲットするトラックは毎年数多いです。今年のベストスラムドをゲットしたのもトラックでした。トラックといえば地面に着地するほど車高を下げるスラムド改造が定番です。今年もスラムドされたトラックは多数エントリーしていましたが、アワードに選んだこのCyber Truckin'はユニークさが決め手となりました。

cybertruckin_2.jpg

 ダークグレーにダークアズールの挿し色を取り入れたサイバーなイメージのテイストで、トラッキンとしては珍しい方向性でした。ホイールはフラットシルバーの丸タイルがフェンダーの奥にセットされ、クールな雰囲気を強めています。カラーリングだけではなく、ディテールアップも個性的です。グリルだけのファントムマスクの上には、大きなエンジンが飛び出しています。チャネリングで極端に車高を下げる場合、エンジンマウント位置を上げるのでこのように飛び出すことは実際の車でも見かけるものです。ターボチャージャー付きの派手なディテールアップが、極端すぎない適切なサイズで作り込みされます。エンジンフードを一部分だけ残すセンスにサイバー感が宿ります。

cybertruckin_3.jpg

 ベッドにカバーをせずに、しっかり作りこんでいるところがショーカーとしては好ポイントです。エアタンクが設置され、エアサスが仕込まれているようです。細かいメカの作り込みをしつつ、無駄を省いたクリーンなベッドです。テールライトは水色のレンズにされています。

cybertruckin_4.jpg

 裏面はなかなか複雑でした。ワイドスリックタイヤをフェンダーの内側に収めるためには普通の車軸は使えません。そのためバーを軸にして、中央一本のクリップで保持しています。ホイールは1Lコネクタにハーフペグを差し込んでいるようです。驚いたことに、エアサスの空気圧を前輪に伝えるホースが車体裏に通してあるようです。ギミック的な意味合いはないはずなので、ディテールアップとして、またサイバー感を出す要素として組み込まれているようです。そのため左右非対称の組み方で、フロア部分は高さ3のパネルが横倒しにされています。高さ的にミニフィグは乗せられそうです。

cybertruckin_5.jpg

 作り込みがよく見えるように上からのアングルで撮ってみました。ベッドの内側にナロードされたリアタイヤが見えているのは、魅せるポイントですね。細かなパイプの表現にはペイントローラーが活躍します。
 4幅でトラックを作るのは簡単です。しかし格好良くカスタムするのは少し知恵が必要で、さらにアワード車両を作り出すのはビルテクやセンスやこだわりなど、なんやかんやが揃わないとなかなかできません。アワードカーの裏側はなかなかハードな作り込みでした。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1788-3e7f0e8e