Exodia:エキゾチックカーのセオリー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Exodia:エキゾチックカーのセオリー

exodia_1.jpg

Builder: 最澄

 格好いいスーパーカーは、品のある高級感とストリート的なカジュアルさの共存が魅力です。とにかく格好いいということです。



 4幅車シーンで一つのジャンルとして確立されているスーパーカー系は、今でも静かな進化を続けています。シティフェンダーをベースにする組み方は、もう何年も前から成熟を続けてきています。シティフェンダーならボディ幅を広く見せ、大きな径のホイールも収めることができます。シティフェンダーを使うとフロントが分厚くなってしまう問題も、上手く表現できる術が色々と考案されてきました。今年のHot Minifig Ridesのベストエキゾチックに選ばれたアワードカーは、まさにお手本のような車でした。その上オマケも引っ張っており、ショーでアピールする力は十分すぎるほどでした。

exodia_2.jpg

 ライム色のボディが眩しいです。シティフェンダーと、大き目なスピードチャンピオンズの風防の組み合わせで、現代的でクールなスーパーカーが生み出されました。カーブスロープでスラントさせたフロントノーズは、長くなりすぎることなくシャープな顔つきとなっています。フロントリップやヘッドライトなど、各部の挿し色は極力黒でまとめられており、クリーンな印象です。サイドはアウディR8風に黒のウェッジを配置し、ボディサイドを平坦にしないためのアクセントになっています。渋いフラットシルバーで輝くホイールは14mm径の6スポークホイールが、フェンダーにフィットするスタンスでセットされます。このサイズならばスピチャンのディスクをホイールに使うという手もありますが、このシティ6スポークはコンケイブで彫りの深い造形が魅力です。フラットシルバーは最近収録が多い色でもあるので、ぜひみんなにも活用してほしいホイールです。

exodia_4.jpg

 薄い車体にミニフィグを乗せるため、4x4ルーフがトップに置かれます。ルーフ周りの造形は、上が重くなりすぎないように最低限のボリュームで小さくまとめます。平らになったリアデッキの後ろには大型のウィングを装着し、見た目のバランスを取ります。大きな翼端板がアグレッシブです。テールライトの間から出た2連マフラーもスーパーカー的なディテールですね。そしてトレーラーを牽引するというアイディアもイケています。一番イケてるところは、トレーラーのタイヤまで鬼キャンになっていることでしょう。これは非常にクールでした。

exodia_3.jpg

 通常のバイクベースを使い、普通のパーツでカウルを組んだバイクは、インスタグラムから他の人の作品を元にしたそうです。ただし全く同じ組み方にはできなかったので、彼独自の解釈でリビルドされています。ボディカラーは車と合わせたライムで、ショーでのアピールには非常に有効でした。

exodia_5.jpg

 フロントリップスポイラー、そしてリアディフューザーはどちらもタイルの反転組みで取り付けられています。特に現代風のマシンならば、これらのディテールはとても重要です。見た目も低く見え、全体が引き締まります。ホイールは水平クリップで取り付けられます。シティフェンダーの裏に取り付けるクリップの組み方として、非常に分かりやすく真似しやすい構造です。1x2ラウンドプレートはポッチに穴が開いているので、この位置に固定できるというわけです。ハラキリすることでミニフィグを車内に収めます。
 これは一つのセオリーといってもいいビルドでしょう。格好いい車を作りたいなら、これを真似するべきです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1789-c8fc1273