Big Wings:パワーアップして帰ってきたAZ-1 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Big Wings:パワーアップして帰ってきたAZ-1

az-1custom_1.jpg

Autozam AZ-1 / Builder: jip

 4幅のAZ-1が再びカーショーに帰ってきました。「大きな」ガルウィングを広げてアピールします。



 軽スポーツのレジェンド、AZ-1は非常にユニークで、4幅で作るのが難しい車です。しかし4幅車の世界にはすでに素晴らしい4幅車がいました。

az1-013.jpg

 彼のAZ-1を紹介したのは2015年でした。まだ最初のHot Minifig Ridesも開催されていない頃です。このAZ-1は当時すでに高いレベルのディテールを持っていました。コンパクトなボディには、実際に開け閉めできるガルウィングが付いています。当時はまだ軽自動車向けのカーショーアワードはありませんでした。

az-1custom_2.jpg

 今年のHMRで登場したAZ-1はカスタム仕様に完全リメイクされました。基本的なフォルムは共通としつつ、タイルでワイドボディにされています。そこには当時にはまだ存在しなかった様々なテクが投入されています。ヘッドライトはカマボコタイルをブラケットで縦に配置し、フェンダーとはウェッジカーブときれいに組み合わされます。スポーティなフロントバンパーも1幅の新しいブラケットで、ノーマルとは違う厳つさを出します。黒1色のペイントには金色のレーサー5スポークをセットし、渋い魅力を放ちます。もちろんガルウィングも健在で、内側には赤色の内装が見えています。ドアを大きく開けるわけですから、内装の見せ方も気を使っているようですね。

az-1custom_3.jpg

 リアフェンダーまわりは5幅に広げられ、オリジナルのナローボディとは大幅に組み方が変わっているようです。5幅のウィングは1x3と1x2で分割するという力業で作ります。4幅のテールフェイスはここも1幅ブラケットを駆使してワイドにしています。新パーツの登場で小さな車でも細かい作り込みが可能になりました。

az-1custom_4.jpg

 非常に繊細な作り込みのガルウィングはピッタリと閉じることができます。垂れポッチとターンテーブルによって究極にダイエットされたドアの薄さは、当時の組み方から変わっていません。ミニフィグはカツラなしですが、しっかりと中に乗っています。ガルウィングのヒンジ機構が頭上にあるので、スペースの確保はかなり厳しいはずですが、非常に見事なフォルムとの両立ができています。

az-1custom_5.jpg

 ハラキリなしですが、フロア位置はブラケットを使って可能な限り低い位置まで下げられています。車軸はフロントのみ上下反転し、やや前傾姿勢にされています。黒のインゴットは前後のスポイラーとして計3個使われています。このパーツは裏面に支柱が立っていないので、ポッチを自由な位置で取り付けできます。
 今年のベスト軽アワードはこのAZ-1で迷いなく決まりました。7年の歳月を経て、パワーアップして帰ってきたAZ-1は見事に結果を残すことができました。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1799-f71f3b84