Style Tuner:今だからスポコンを作るべき - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Style Tuner:今だからスポコンを作るべき

styletuner_1.jpg

Builder: nitro

 今だからこそスポコンの波がやってきています。4幅車文化の原点ともいえるスタイルの進化形態です。



 4幅車文化の始まりはスポコンでした。それからジャンルは多岐に広がっていき、舞台はストリートからカーショーへと移り変わっていきました。しかし一度確立されたスタイルは消えることはありません。この車は去年のストリートレーサーコンテストにエントリーされた車です。私たちが10年以上前に始めたスタイルの再現ともいえる見た目で、その上に最新のテクニックでアップデータされた姿を披露しています。格好いい車のスタイルはだれか一人のものではありません。今年のHot Minifig Ridesにも現れ、チューナー軍団の中でショーを盛り上げました。

styletuner_2.jpg

 今時なかなか珍しいツラ感ですが、当時のリアルストリートレーサー風の垂直なキャンバー、そしてクリアランスのあるフェンダーアーチです。フロント、サイド、リアとフルエアロを巻き、鮮やかなペイントを施されます。サイドのグラフィックもパーツの色違いで組んでいますが、フロントバンパーのみ純正シールで追加のダクトが表現されます。高密度なフロント造形になって、格好良さが増しますね。室内にはスポコンで定番のNOSボンベが搭載されます。

styletuner_3.jpg

 エアロ造形されたリアウィングはスポコンテイストを高めます。組み方は特殊で、5幅のウィングを逆さまに取り付けています。隙間はクリアプレートで埋め、黒のインク壺の突起をジャンパープレートに差し込むことで固定しています。バンパー下も黒のパネルでディフューザーを作り込み、しっかり存在感のあるテール回りです。そしてやはり目立つのは改造ガルウィングですね。

styletuner_4.jpg

 ウィンドスクリーンの下にヘッドライトブロックが横向きに置かれており、そこにクリップバーが差し込まれています。クリップでドアを掴んでいるわけですが、バーで回転可能なのでドアを上に持ち上げることができます。ガルウィングも今までに色々な形で作られており、見た目重視だったり動き重視だったりするわけですが、これは非常に安定したギミックです。

styletuner_5.jpg

 ワイド車軸を順組みしており、タイヤとフェンダーの隙間は最大に開いています。ハラキリせずにミニフィグを乗せますが、フロアは可能な限り低い位置に来るようにブラケットが組まれています。
 残念ながらカーショーではアワードにはなりませんでしたが、一つのスタイルを見事に表した素晴らしい4幅車でした。こういった車はベストチューナーという枠で評価しているのですが、00年代のスポコンスタイルは現代の最新チューニングとはだいぶ異なった形として定着しており、それはそれで一つのジャンルとして捉える方が良いと考えるようになりました。来年にはベストスポコンを追加する予定です。今だからこそスポコンに手を出す時がやってきました。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1802-60b4de14