BORYOKUDAN:やりたいこと全部盛り街道レーサー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

BORYOKUDAN:やりたいこと全部盛り街道レーサー

boryokudan_1.jpg

BORYOKUDAN

 流行りでもないのに今4幅車のトレンドなのが暴走族スタイルです。この際難しいことは抜きにして、自由なビルドを楽しみましょう。




 この車は今年の正月に合わせて製作した街道レーサーです。この手の車はもう何台も作ってきましたが、ある程度のものは形にしてきたので、あとは自由に作っていきたいというのが今作の方針です。もちろん実際の車両を参考にしますが、それは自分の4幅車を格好良くするためであって、実車そっくりに作りたいわけではありません。今回は正月にヨンダブメンバーで大黒で集まるときに出せればよいものとして、深く考えずに作りました。

boryokudan_2.jpg

 少し前にカンザンブリック経由でシティフェンダーのカラバリを一通り揃えたので、緑のワークスにすることにしました。フロントはロングノーズに出っ歯、後ろはセブンハネと竹やりと、一通りセオリーと思われるものを取り入れました。ボディサイドにはドアの上から思い切りウェッジプレートを貼り付けました。エアロを取り付けるために、ドア、ボンネット、トランクなどが開けられなくなってしまうのは、手作り街道レーサーの作法のようなものです。今回はあえてサイドミラーも付けて日常感も活かしました。ヘッドライトを埋めるのも族車の定番なので、ドッツのプリントタイルをはめてポップなテイストを加えました。

boryokudan_3.jpg

 11mmワイドホイールに、9mm用のワイドスリックタイヤを引っ張りで履かせました。薄いタイヤよりも足元のむっちり感が出ます。ただしこの分厚いタイヤを引っ張るのは結構苦労します。やはりオープンの方が作りやすいので屋根切り仕様で、これも定番の拡声器を付けました。当時はスピーカーからエンジン音を出して「ボルトオンターボ」というのが流行ったそうです。後ろ姿のお気に入りは星形のテールライトです。これもドッツからピックアップしたパーツです。こういったファンシーな小物も上手くハマるのが族スタイルの良いところですね。テール回りはきれいにパテ埋めした雰囲気を再現してフラットに作るのがそれっぽいです。

boryokudan_4.jpg

 フロントスポイラーの斜め固定はクリップ、ホイールもクリップ固定です。サイドエアロ取り付けのため、フロアは側面ポッチパーツを並べています。すぐ壊すつもりで適当に作ったので強度弱めで、簡単に3つに分離してしまいます。

boryokudan_5.jpg

 この車は今年のイベントに度々出動し、カーショーの治安に華を添えました。やはり台数が集まって道路を爆走している姿がよく似合います。周りの車も実に自由ですね。ミニフィグのファッションにもきちんとこだわったりと、4幅車の楽しみが詰まったジャンルです。ぜひ作りましょう!
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1815-940fd2b9