HMR 2022 ドラッグレースMOTクラス - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

HMR 2022 ドラッグレースMOTクラス

hmr2022dragmot_1.jpg


 ドラッグレースのMOTクラスは迫力が違います。マシンがウィリーし、クラッシュし、宙を舞うMOTクラスのレポートです。



 MOTクラスはモーター無制限のクラスとして、LIMクラスの上位に位置します。電動と非電動に関わらず、モーターなら何でも、また何個でも使用可能です。反対にいうとモーターを1個以上使用しないといけません。これは最高クラスであるUNLクラスが、発射台方式の爆速マシンに支配されたことによって追加されたクラスだからです。なのでLIMクラスもMOTクラスもマシンそのものが駆動する形式に限定され、発射台の使用はNGとなっています。

hmr2022dragmot_6797.jpg

 エントリーは8台とLIMクラスに続いて盛況となりました。モーターは色々ありますが、現行で手に入るテクニックのプルバックモーターが主流です。これはモンスタートラックでもよく使われているモーターです。最も手軽な方式で、パワーも強いのでレースでは非常に強力です。マシンの形は実に様々で、モーターが大きくパワーも強いので、LIMクラスよりも総じて大きなボディになっています。

マシン紹介


hmr2022dragmot_6795.jpg
Builder: ほげ
 RCレースにエントリーしていたマシンでそのままドラッグレースにもエントリーしました。リモートコントロールで走行とステアを調整できるのは、このマシンだけでした。しかしステア可能なのはドラッグレースではあまり有利にならない上に、最高速度が明らかに遅いので圧倒的不利に見えました。

hmr2022dragmot_6792.jpg
Builder: koneko
 小型のプルバックモーターを利用したマシンです。ルール的には下のLIMクラス準拠ですが、各クラスにエントリーしたいがモーターがないために小型プルバックでマシンを作ってきたものです。そのためラインナップの中では一番小さいサイズでした。

hmr2022dragmot_6791.jpg
Builder: 柴
 こちらはテクニックのプルバックモーターを使った典型的マシンです。大きなタイヤで最高速アップを狙っています。モーター部分はむき出しで、ボディはフロント部分がオート三輪になっています。フロント1輪は走行抵抗削減になりそうです。非常に低い車体で安定性の高さも期待できますね。さらにベテランの工夫として、壁との接触を防ぐ青ピンのつっかえ棒が付いています。

hmr2022dragmot_6788.jpg
Builder: シゲ
 こちらもテクニックプルバックモーターのマシンです。ボディはかなり凝っていて、ジュニアの一体成型のヘリコプターボディを載せています。リアタイヤは太めで、フロントはやはり抵抗の少ない細いタイヤをセットします。ボディの作り込みがかなりされているので、軽量さよりも見た目にこだわったマシンです。

hmr2022dragmot_6790.jpg
Builder: 最澄
 リムジンのハイリフトで、これもスピードよりも見た目を重視したマシンです。車体はKimronさんのオリジナルカーをベースにストレッチしたものです。モーターは古いレーサーズのプルバックモーターです。新しいテクニックよりパワーは劣りますが、これも割と強力です。ホイールはラグジュアリーな9スポークで決まってますね。

hmr2022dragmot_6793.jpg
Builder: さくりん
 これはトレインモーターを使ったマシンで、デザインも機関車になっています。モーターの真上に9Vバッテリーボックスを配置し、極限まで小型化したフォルムです。このモーターは4輪駆動で、さらに推進力が衰えないという電動のメリットでレースも有利になりそうです。

hmr2022dragmot_6789.jpg
Builder: Sakurai
 ほぼ必要最低限のフレームとタイヤしかない軽量マシンです。駆動輪のタイヤ外径はかなり大き目で、フロントは細いタイヤを使っています。うしろにはウィリーバーも付いており、マシンを安定して走らせることを狙っているようですね。フロントタイヤには機関車のようにロッドが取り付けられており、マシンを走らせるとタイヤの回転に合わせて乗せたミニフィグが動くというギミック付きです。

hmr2022dragmot_6794.jpg
Builder: 渋谷
 トラクターの形をしていて、今回随一の背の高さです。レーサーズのプルバックモーターを使っており、タイヤはかなり大きなサイズをセットしています。外径が大きいと単純に最高速が上がりますが、スピードが乗るまでに時間がかかるのでそれがどう転ぶのかがポイントになります。また重心の高さも普通ならデメリットなのでどう転ぶでしょうか。

1回戦


・ほげ vs koneko(1-2)

hmr2022dragmot_1566.jpg

 どちらのマシンもMOTクラスとしては遅い方でしたが、ほげのRCトラックはずば抜けて遅かったので、この対戦はkonekoの圧勝と思われました。1走目はプルバックモーターのkonekoが圧倒的なスピード差で難なく勝利しました。koneko車がゴールした時に、ほげはまだロードプレート2枚しか進んでいませんでした。2走目も同じ展開になるかと思いきや、なんとkonekoがコースの途中で壁に引っ掛かって止まるアクシデントがありました。ここで形勢逆転したのがほげです。ステア操作できるという利点を活かしてコース上のマシンを避け、ほげが1勝を挙げます。この時ギャラリーからは拍手が起こりました。
 1対1となりましたが、3走目はkonekoが安定した走りで勝利して勝ち上がりが決まりました。

・柴 vs シゲ(2-0)

hmr2022dragmot_1569.jpg

 この対戦はテクニックのプルバックモーター同士で、ハイスピードなバトルとなりました。1走目はスタートからかなり速く、やはり同じモーターなので接戦となりました。僅かな差で柴が1勝となりました。2走目もハイレベルなバトルが期待されましたが、このスタートでアクシデントが起こります。モーターのパワーが強い2台はどちらもスタートでウィリーしていました。柴はすぐに着地しましたが、シゲは勢い余って空に飛んで行ってしまいました。シゲ車はそのままガードレールに乗り上げて転倒し、クラッシュとなってしまいました。無事に走り切った柴がストレート2勝で勝ち上がりとなりました。

hmr2022dragmot_P0138.jpg

 こちらの写真はゴール側からユーリさんが撮影したものです。シゲ車が宙を舞う決定的瞬間を捉えていました。コースわきに並んでいたマシンを吹き飛ばし、この先の看板にぶつかって止まりました。

・最澄 vs さくりん(2-1)

hmr2022dragmot_1572.jpg

 通常ドラッグレースのスタートは静かなものですが、この対戦ではスタート位置からギャラリーのざわめきが聞こえました。電動モーターを使うさくりんがスイッチを入れた状態でスタート位置に付け、タイヤが勢いよく回転する音が響き渡っていたからです。対する最澄は古いプルバックモーターで挑みました。1走目は綺麗なスタートを切った後、中間まではほぼ並んでいましたが、そこからさくりんが伸びて1勝を取られます。恐らく瞬間でゼンマイパワーが切れるプルバックモーターの勢いが途中でなくなったものと思われます。
 しかしこれで火が付いた最澄は気合でモーターを巻いて2走目に挑みます。スタートダッシュで前に出た最澄はさくりん車の前を塞ぎ、そのまま1勝を得て1対1に持ち込みました。3走目もスタートダッシュで最澄が前に出ました。さくりんはスタート後にコースを斜向し、反対側の壁に強く激突してスローダウン、さらに反対側の壁に跳ね返されて転倒しながらゴールしました。それでもゴールラインでは先行する最澄にかなり迫っていました。ギリギリ逃げ切った最澄が2勝となり、勝ち上がりました。

・Sakurai vs 渋谷(2-0)

hmr2022dragmot_1574.jpg

 Sakurai車は強いモーターに軽量な車体の組み合わせで、走る姿が肉眼では捉えられないほどでした。そのため仕込んだギミックもレース中にはほぼ見えませんでした。1走目はスタートで渋谷がウィリーしてしまい、そのままひっくり返ってクラッシュとなってしまいました。その間にSakuraiは勢いよく走り切って1勝となります。2走目では渋谷もきれいなスタートを切りましたが、やはりより軽量なSakuraiが先行します。Sakuraiはコース脇に立っていた看板に衝突し、転倒してしまいますが、スピードに乗った勢いのままゴールに滑り込み、2勝目を得て勝ち上がりが決まりました。

準決勝


・koneko vs 柴(0-2)

hmr2022dragmot_1576.jpg

 準決勝ですが、この対戦はスピード差がありすぎて勝負にはなりませんでした。柴はテクニックのプルバックモーター、対するkonekoはLIMクラス準拠の小型プルバックモーターで、パワー差がかなりありました。1走目、2走目ともに柴がスタートから圧倒し、楽勝の勝ち上がりでした。柴がゴールを通過するときに、後ろのkonekoははるか後方にいました。

・最澄 vs Sakurai(1-2)

hmr2022dragmot_1579.jpg

 BIKクラスに続いての因縁の対決が行われました。スピード的にはテクニックプルバックを使うSakuraiが明らかに上回っていました。しかし1走目ではプルバックの巻き方に気合が入りすぎたのか、Sakuraiは勢いよく飛び出した後転倒してコースの途中で停止してしまいました。最澄はスタートで遅れましたが、大きな車体を使って転倒したSakurai車を押しのけてゴールし、1勝を先に取りました。
 2走目ではSakuraiが無事にスタートを切り、一気に最澄を引き離して1勝を取り返しました。最澄は出だしから明らかに後れを取っており、古いモーターの性能差が表れていました。3走目も状況は変わらず、Sakuraiが再び悠々と2勝目を取り、勝ち上がりを決めました。

決勝


・柴 vs Sakurai(2-0)

hmr2022dragmot_1580.jpg

 決勝に残ったのはどちらもテクニックプルバックモーターのマシンとなりました。勝ち上がった2台はどちらも軽量で、走ればコースで暴れだすじゃじゃ馬です。1走目はスタートでまず柴が飛び出します。スタート直後に横の壁に向かって激突した柴は、コースを横切って反対の壁に激突しました。このクラッシュに巻き込まれたSakuraiと共に横転を繰り返しながら2台ともゴールインします。部品をまき散らしながら柴が先に1勝を獲得しました。

hmr2022dragmot_1581.jpg

 2走目はクリーンなスタートでした。やはり出だしの時点で柴が先行しており、瞬く間のレースを駆け抜けてそのまま2勝目を得て勝利を決めました。2台ともゴール付近では宙に浮く勢いで走り切りました。

ドラッグレースMOTクラスリザルト


1位 柴
2位 Sakurai
3位 koneko
3位 最澄
5位 ほげ
5位 シゲ
5位 さくりん
5位 渋谷



 レースという世界には明確な勝ち負けが存在し、面白いことにこれがどんなにお気楽な気持ちで始めたとしても熱い接戦と勝者が生まれてしまいます。そしてその世界には誰かが決めようとしたわけでもないのに傾向というものも現れてきます。
 そもそもHMRのドラッグレースにはモーター限定のLIMクラスと、一切の制限がないUNLクラスの2クラスが存在していました。しかし何でもありのUNLクラスで発射台方式が圧倒的な強さを誇ることが段々と明らかになり、その他の形式のマシンを救うためにMOTクラスを追加しました。モーターなら何でもありのクラスです。しかしそれも今回、勝つモーターに一定の傾向が見えてきました。まるでレースの世界の発展が、同じように4幅車の世界でも起きているようで面白いことだと思います。
 MOTクラスはLIMクラスとは違う圧倒的なパワーが迫力です。マシン自体に駆動力があるので、走り出した後にも波乱が起こります。それに現行のプルバックモーターで即座にトップ争いに加われるわけですから、今となっては参戦障壁が低いクラスとなっています。それにそれ以外の様々な新旧モーターを試すことができる舞台でもあります。今後ますます盛り上がっていくクラスになりそうです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1837-78843bbf