Suck My Ride:スポコンやってみよう - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Suck My Ride:スポコンやってみよう

suckmyride_1.jpg

Builder: 最澄

今やスポコンは一大人気ジャンルへと返り咲こうとしています。今だからこそ4幅でスポコンをやりましょう。



 流行りものは嫌いですか?そう思ってスポコンジャンルを避けていたとしたら、今こそやりどきです。誰もかれもがスポコン風だったビッグブームは終わり、今このスタイルにこだわる人間は「分かってるヤツ」だけとなりました。だからスポコンを作って「分かってるツラ」をしましょう。4幅車には昔からのスポコンスタイルがあります。しかし昔のままではありません。今のレゴならではの作り込みを見てみましょう。
 今回の車はトヨタMR-Sがベースになっています。このコンパクトなオープンスポーツの中に、スポコン的スタイルを詰め込むと4幅として非常に映える車になります。

suckmyride_2.jpg

 赤と青のカラーリングが非常に強いインパクトを与えます。カスタムらしい派手なペイントはスポコンスタイルの重要なポイントです。あえてパーツの色違いによってカラーリングを作り込む手法で攻めています。ボディは前後ともオーバーハング1ポッチほどに収め、非常にコンパクトな印象を受けます。しかし、いやだからこそエアロの派手さが非常に引き立つものになっています。サイドエアロの作り込みは特に昔の4幅車から大きく進化しています。非常にアグレッシブな形状で、さらにラウンドタイルで曲面的うねりを加えるのは最近できるようになったことの一つですね。今はレゴドッツでラウンドの1x1タイルが簡単に手に入るので、エアロ造形がやりやすくなりました。

suckmyride_3.jpg

 スポーティに見せるポイントの一つにサイドミラーがあります。ヒンジの爪をミラーに見立てるのは公式由来のテクですが、ボディ同色にすることで非常に見栄えよくなります。1x1タイルなどをサイドミラーにするよりも小さくなり、形状も立体的で格好良くなります。オープンボディを活かしてNOSボンベを見えるように配置し、リアウィングはスポイラーパーツを使って当時風の形状にしています。ブラケットを使ったテール回りは非常によくまとまっています。ディフューザーもボディ一体型なのがスポコンらしいですね。シルバーの丸プレートが挟まっているのは、シルバーに塗られたバンパーダクトのメッシュを表しているようです。

suckmyride_4.jpg

 ホイールは超王道のレーサー5スポークです。今や入手が困難となっているホイールですが、流通量が多いので中古などで探してゲットしましょう。カーカスタムはパーツ集めも重要な工程の一つです。今どきの取り付けはクリップでキャンバーを付ける組み方です。ストリートレーサーではなくショーカーとして作り込むのが今のスポコンです。

suckmyride_5.jpg

 今年4月のオフで5台のスポコン軍団が揃った姿は壮観でした。プレート積層のカラーリングでそれも素晴らしいクオリティでしたが、私のお気に入りは意外にもこの青いMR-Sだったりします。この角度から見るとサイドミラーが、見た目の密度を上げるアイテムとして非常に効果的なのが分かります。
 かなりシンプルな作りなので真似するのもおすすめです。色を変えたりアレンジしたらとっても良さそうです、
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1846-a656bbeb