Stanced Roadster:ロードスターは今もロードスター - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Stanced Roadster:ロードスターは今もロードスター

ndroadster_1.jpg

Mazda Roadster / Builder: NITRO

 現代に生き残るライトウェイトスポーツ、それがマツダロードスターです。



 初代のNA型ロードスターは、90年代国産レジェンドの一つとなりました。しかしロードスターは過去の栄光ではありません。現行型であるNDロードスターは今でも初代と変わらぬコンセプトを維持しています。当時とは様変わりし、綺麗に統一された現在のマツダのラインナップの中で、ロードスターだけが強烈な個性を放っています。現在手軽な趣味の車を選ぶにあたってNDは筆頭候補です。若者にとっても手を出しやすい車でしょう。そんなNDロードスターを4幅で作りたいと考えるのは、車好きなビルダーなら当然の話ですね。

ndroadster_2.jpg

 非常にシンプルな細身のボディに、超鬼キャンな足元が強烈な印象を与えます。NDの絶妙なボディラインを4幅で表現するのは非常に難しいです。彼はフロントフードの中央を1プレート低くするというデフォルメで、抑揚のあるフロント回りを作り出します。ウェッジカーブを配置したヘッドライト周りのラインが強調され、さらにフードの薄さと鋭さが表現されています。ヘッドライト部分は白のラウンドタイルを配置し、切れ目なNDのライトを上手く作っていますね。さらにバンパーの開口部もラウンドタイルで半円を作ることで表します。丸みを取り入れつつ、切れ長な表情がまさにNDらしい顔つきです。またキャビンはハンドルを省略して極限まで狭く作られ、その分フロントフードを伸ばしてスポーティなスタイルを作り上げます。

ndroadster_3.jpg

 NDのイメージカラーである赤を選び、真っ黒なメッシュホイールがクールなコントラストを生み出します。ボディカラーといい、ホイールも含めて入手しやすいパーツで構成されています。フィグの背にはシートのヘッドレスト、サイドミラーは小型に表現し、少ないパーツで的確にディテールが作り込まれています。テールはやや車高高めで、低いフロントとのギャップが映えますね。フェンダーラインをカーブスロープで置いて、グラマラスな雰囲気も出しています。

ndroadster_4.jpg

 キャンバーは定番の組み方です。タウンフェンダーの裏にT字バーを差し込み、クリップで片側車軸を斜めに取り付けます。かなりの角度が付くセッティングです。ボディはストック風でこのスタンスというのが良いセンスですね。ミニフィグはハラキリで低い位置に搭乗します。しっかり足裏固定される組み方で、ミニフィグが落ちたりしないようになっています。
 マツダロードスターは4幅車で何度も作られてきた人気の車です。こんな時代でも昔からの個性を貫いていることが、多くの人々の支持を集めています。今後も4幅でたくさんのロードスターが作られるでしょうし、その中でこの車は大いに参考になるお手本となるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1852-dabf3d7a