Flashing!:本格派VWドラッグレーサー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Flashing!:本格派VWドラッグレーサー

flashbug_1.jpg

VW Beetle / Builder: 最澄

 ビートルはドラッグレーサーです。こんなにもドラッグレースで活躍した車は他にいないんじゃないでしょうか。もちろん他にもそんな車はいっぱいあります。でもビートルという車とドラッグレースは切っても切れない関係にあります。



 今年のホットロッドカスタムショーではフィーチャーカーの一つが空冷VWでした。会場に集まったVWはもちろん皆キャルルッカーでした。VWのカスタムであるキャルルックとは、ホットロッドと同じようにドラッグレースで作り上げられたスタイルです。私たちのMinifig Ridesに現れたこのビートルもガッツリとドラッグレース仕様に仕上げられたキャルルッカーでした。この車のことを紹介するには、まずはベースとなる別のビルドを紹介する必要があります。

streetlooker_1.jpg

 僭越ながら私が製作したビートルが元になっています。この車はストリート仕様のキャルルッカーとして製作し、去年のHCSで展示した車でした。今回の車はこれの色替え、というだけでは終わっていません。実車同様のモディファイが施されています。

flashbug_3.jpg

 とはいえカラーリングは重要ですね。カラフルで格好いいペイントなら、それだけでドラッグレーサーに見えてきます。赤と白のペイントは実在のマシンを参考に作られたものです。中間にブライトオレンジと青のラインも入り、パーツの組み合わせだけでかなり雰囲気のある外観になっています。フロント回りは色以外の違いはあまりありません。手持ちパーツの都合から、フードは普通のカーブスロープに置き換わっています。クセのあるカーブパーツよりもこちらの方がすっきりと収まりが良いかもしれませんね。他にはヘッドライトがクリア系ではなくグレーのタイルになっています。ガチなドラッグレーサーにはヘッドライトがないので、ただのアクリルの丸いフタが付けられます。このライト表現で本気のレーサーらしい顔つきにできるのです。

flashbug_2.jpg

 リア周りは大幅に変更が入っています。テールには大きなウィングが追加されていますが、それもボディ幅から出ないように小ぶりにまとめている拘りが素晴らしいです。ブラケットを使った組み方がシンプルかつ効果的です。エンジンフードは取り外し、真ん中から景気よくマフラーが飛び出しています。もちろんセオリー通りのメガホン形状です。下からはこちらもドラッグには必須装備のウィリーバーが伸びています。リアヘビーなVWはウィリーしやすいので特に必要です。

flashbug_4.jpg

 裏側も構造的にはほぼ変わりません。ハラキリでフロアよりも低い位置にミニフィグを座らせてなんとか車内に収めています。フロントのトレッドは私のよりやや広くなっていそうです。
 カラーリングや仕様の元になっているのは、日本のVWショップであるフラワーオートが2012年に製作したFlash Bugというマシンです。この車は実際にアメリカに参戦しに行ったほか、フラッシュバグズミーティングなどの国内イベントでもその姿を披露しています。実車の詳細はフラワーオートのウェブサイトからご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1862-0169bafe