Silver Stone:VIPカーの身だしなみOK - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Silver Stone:VIPカーの身だしなみOK

silverstone_1.jpg

Builder: 最澄

 鬼キャンとシャコタンはヨンハバ勢の専売特許……なんてことはもちろん全くありませんが、まあこんなバカげた改造車をレゴで作っているのは私たちくらいなものです。



 鬼キャンの派手さを追求して4幅車のカーショーシーンは大きく成長してきました。派手なエアロ、派手なペイント、そういったものはショーカーには不可欠でした。一方で出遅れていたのはVIPジャンルです。作り込まれたVIPカーの世界をレゴで再現しようとすると、少々地味になりすぎました。他者との違いを出すのも困難でした。そのため4幅VIPの作例はかなり稀でした。しかしそうだった時代も終わりです。今の4幅車ビルドのテクニックを駆使すれば、VIPの繊細な作り込みを表現することは十分可能です。ここ最近VIPジャンルに挑戦し続けているこのビルダーから、シックな黒のセダンを紹介します。

silverstone_2.jpg

 シティフェンダーを基本としたオーソドックスなセダンボディ、に見えて実は細かなバランス調整が行われています。前後のフェンダーの間には5ポッチ分のタイルが取り付けられています。つまりスタンダードな8ポッチよりも長い9ポッチホイールベースを採用しています。車格の大きい豪華なセダンの雰囲気を醸し出します。フロントフェイスも単純な作りではなく、シルバーのラウンドタイルをアイラインに組み合わせたもので、厳つい顔を作り出しています。黄色のフォグライトも定番アイテムなのでVIPらしさが増しますね。室内には赤いシートが見えており、インテリアも実際のVIP同様にこだわっているのが分かります。Bピラーはあえて目立つようにグレーのラウンドが立っており、シルバー要素を外観に増やします。またサイドミラーも省略せずに取り付けられていますね。ラグジュアリー系の改造なら、ミラーの存在感は重要な要素です。

silverstone_3.jpg

 サイドのモールはテール回りまできれいにつながっています。テールライトもフロントと同じように半ポッチずらして表情を出していますね。こちらはスモークレンズっぽい色の組み合わせです。バンパーからは2本出しマフラーが、「4幅車」としては控えめに顔を出していますね。おもちゃ的に派手になりすぎない繊細な改造です。

silverstone_4.jpg

 サイドシルあたりをブラケットを作っており、ミニフィグまわりはかなり空きスペースが生まれています。まるでミニフィグが宙に浮いて座っているみたいですね。当然のことながらハラキリでシートポジションを下げています。ホイールを取り付けているクリップは反転取り付けです。反転にはランプホルダーの両側ポッチを使っています。この組み方でフロアがぴったり着地する車高にできて、VIPカーとしての身だしなみもOKです。
 まだ迷っている人は今しかありません。4幅VIPカーを作るのです。作り方が分からないときはこの車を参考にしてみてください。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1876-ac38581e