Trance:当時流インポートチューナー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Trance:当時流インポートチューナー

trancecivic_1.jpg

Honda Civic / Builder: りゅー

 スタンス全盛の今の時代に、あえてのツラウチスタイル。それは当時スタイルへのリスペクトです。



 2000年頃のインポートチューナーのブームの頃、ワイスピでは今では考えられない車高の高さでストリートを走っていました。一方でカーショーの世界はキャルルックやトラッキンで培ってきた技術が炸裂し、すでに最盛を誇っていました。エアサスやハイドロを使い、べったりスラムドするのは当たり前です。しかしヘラフラッシュブームが巻き起こる前では、リムをツライチにするという発想はまだありませんでした。当時はトラッキンのようにツラウチでスラムドするのが普通です。今回の車はEFシビックです。ラディカルなカスタムを施すには少し古いベースかもしれません。しかし20年前ならEFでこういう仕様もあったかもなと思えます。そのチョイスも含めて当時っぽさを強く感じる車です。

trancecivic_2.jpg

 フロントヒンジのフードとガルウィングを開けた状態で展示されていました。なんとどちらも閉じることは全く考えられていません。カーショーで展示するためだけの車なのです。その心意気が大変気に入りました。ドアに関してはウィンドウを黒プレートで表現しており、ガルウィングとして開いた時のビジュアルを優先しています。エアロ造形は派手すぎず、盛りすぎずといった具合で、ホイールをインセットしても様になるバランスを追求しています。特にサイドエアロが飛び出しすぎるとアンバランスになってしまうので、ウェッジスロープで造形しつつ上手くまとめています。

trancecivic_3.jpg

 ドアの構造が分かるでしょうか。閉じるギミックを想定していないことも分かります。室内にはロールケージが取り付けられ、スパルタンな印象です。テールライトはEFらしいディテールですね。ホイールは白のメッシュホイールです。今や貴重品となっているパーツですが、今回の赤いボディにはよく似合いますね。

trancecivic_4.jpg

 裏面は思ったよりも複雑な構造でした。フロント回りは車軸を反転して接続しています。リア車軸は2x4のタウンフェンダーに車軸プレート直付けで車高を落としています。当然タイヤは回らなくなります。フロント車軸が反転しているのも、リアとの車高を合わせるためと思われます。またフロアもパーツで埋まっているのでミニフィグは乗れません。
 本物のショーカーなら走らせることは考えません。カーショーの舞台こそがそのステージだからです。今後も見た目重視のビルドでショーを盛り上げてくれることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1878-bbf435c9