Banana Fenders:クローンではないイエロークーペ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Banana Fenders:クローンではないイエロークーペ

bananafenders_1.jpg

Builder: シゲ

 ホットロッダーなら黄色のクーペに特別な思い入れがあることでしょう。



 去年のデュースコンテストで、4幅車界隈に多数のホットロッドが生み落とされました。このイエロークーペはコンテストの後に製作されたものですが、そのディテールからデュースをモデルにしていることは明らかです。ホットロッドを4幅で表現するのは実に難しく、なかなか一つの正解を見つけることは難しいです。しかしそれ故に様々な方向のビルドが実践され、ユニークで素晴らしいホットロッドが多く作られることになりました。今回のクーペも素晴らしいプロポーションを持った1台です。

bananafenders_2.jpg

 ボディ同色のフロントグリルがデュースの雰囲気です。この車はボディの丸みの付け方が上手いです。ファイヤーウォールの周りはカーブスロープで構成され、フォードモデルBの美しいボディラインを再現しています。ボディ後半は平面で構成されているのに、このフロント部分があるから車全体が丸みを帯びて見えてきます。ウィンドシールドに丸みを付けるのも珍しい組み方ですし、見た目の印象を変えてくれますね。メッキパーツは控えめで、エンジンは黒を基調に組まれています。エグゾーストだけがフラットシルバーになっています。水中で使うスピアガンがサイドマフラーになっています。このパーツはグリップ部分が斜めに出ているのでマフラーのディテールとして使うのに丁度いい造形をしています。

bananafenders_3.jpg

 ルーフとトランクのカーブは定番のパーツです。トランクはかなり短めで、大きなリアタイヤの存在感を出すバランスになっています。そして一部分をカットして残したリアフェンダーはバナナを使っています。このフェンダーをやりたかったからこその黄色だったわけですね。

bananafenders_4.jpg

 クリップとエスプレッソフィルターでフロントタイヤを接続しています。この組み方でフロント回りにスペースを生み出し、すっきりとまとまったフロントグリルを可能にしているのです。フロアには白い1x2x3パネルが横たわっています。さらにパネルにつなげる形でリア車軸まで作られているようです。

bananafenders_5.jpg

 最初のお披露目は横浜ホットロッドカスタムショーでした。多数のロッドが集まった会場の中でも、鮮やかな黄色のボディは存在感がありました。部分的に残されたフェンダーや、ボディ側よりも背の低いフロントグリルなど、アメリカングラフィティの憧れのイエローデュースクーペを元にしていると思われます。しかし彼は「アメグラ大好き」という感じの人間ではないので、あくまでスタイルの参考に留めており、ゆえに劇中の再現仕様にはなっていません。ミニフィグのファッションも最近ぽい感じですね。これは彼のプロジェクトカーであり、誰かの車のクローンではないということです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1890-4c5e03af