Spark Sh*t:火花散らすツーリングカースタイル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Spark Sh*t:火花散らすツーリングカースタイル

sparkshit_1.jpg

Builder: ナタデココ

 4幅車は非常に絶妙なバランスの元に成り立っています。ほんの少しの違いが大きな差となって、車の見た目を決定します。



 この車は去年の12月に発表され、そのまま横浜ホットロッドカスタムショーで電撃お披露目されました。ビルドスタイルは非常にオーソドックスでありながら、その激しい格好良さに大注目を浴びることになりました。赤・青・白のレーシーなペイントと、足元のゴールドのメッシュホイールが非常に強いインパクトを放ったツーリングカーです。このホイールだけはレアアイテムですが、それ以外は色も標準的ですし、パーツも変わった所はそんなにありません。それでどうして車を格好良くできるのか、そのポイントを探っていきます。

sparkshit_2.jpg

 タウンフェンダーを使った昔ながらのフォーマットで、ホイールベース7ポッチというのも、4幅車ジャンルで昔から定番となっているスタイルです。ボディも非常にスクエアですし、無理のない組み方がされています。格好良さの秘訣の一つは、そんなオーソドックスな組み方を恐れずに取り入れていることにあるでしょう。定番なものは、いいもの、格好いいものだからこそ定番になるわけです。その上に彼の細かなバランスへのこだわりがよく伺えます。ボディサイドはスロープで丸めてクラシックなスタイルになっています。ボディ同色のバンパーは主張しすぎないデイテールで、車高は下げてもしっかりクリアランスを取った走れる車高になっています。一方でタイヤはフェンダーぴったりのスタンスで、まさに往年のツーリングカーのような雰囲気です。ヘッドライトの組み方はかなりユニークです。1x1x2/3という最近登場したパーツを横倒しにしています。グリルにエスプレッソフィルターが隠れており、バーに差し込むことで横組みしているという具合です。あえてグレーで顔面を作ることで、やはりレーサーっぽい雰囲気になっています。

sparkshit_3.jpg

 極力ポッチを排除する組み方でかなりクリーンに見せています。フロントフードには4x4の1枚パーツを置いており、タイルの溝もなく非常に面がきれいに出ています。ついつい細かいパーツでディテールアップしたくなるビルダーの性を抑えた、こだわりを感じるポイントです。テールも同じようにポッチなしで、リアスポイラーは垂直パネルという思い切ったチョイスになっています。リアバンパーはスムージングされ、かなりすっきりした見た目ですね。影になって見づらいポイントですが、ドライバーが収まる室内にはロールケージも作り込まれています。

sparkshit_4.jpg

 ホイールの取り付けは定番のクリッパーズです。さらにハラキリもしており、ここも4幅車ビルドのセオリーが使われています。
 ツーリングカーのように火花を散らして走っていそうだったので、キャッチコピーにはSpark(火花)と入れてみました。誰にでも作れそうで、彼にしか作れなかった、超クールな車でした。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1893-f09baffd