Mick-D:アメリカの空の下の軽トラック - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Mick-D:アメリカの空の下の軽トラック

mickd_1.jpg

Mick-D

 久しぶりに軽トラジャンルの車を投稿します。今回の車はダイハツアトレーデッキです。



 ダイハツを代表するハイゼットという軽トラ・軽バンがあり、その乗車版がアトレー、そしてバンボディとトラックの荷台を組み合わせたのがアトレーデッキです。このユニークな車を知るきっかけは身近なところからではなく、はるか遠いアメリカからのインスタグラム投稿でした。その車にインスピレーションを得た私は、自分でも4幅のアトレーデッキを作ることにしました。

mickd_2.jpg

 短いホイールベース、それと高さ2の窓を使って昔ながらの4幅車に近いスタイルとなりました。カスタム感を出したかったので、ミニフェンダーを取り付けてワイドな後付けフェンダーにしました。ホイールは小さめに8mmのワイドホイールを選択し、フロントはノーマルの溝アリタイヤを裏返して引っ張り風に見せました。リアは通常通りワイドスリックです。顔面はアトレーのイメージに合わせて、ヘッドライトとウィンカーを配置しました。顔つきはよくある4幅車とは違ったものにできたと思います。ボディカラーは純正色を無視し、さわやかなイメージで青とグレーのツーカラー、さらに黄色のラインを入れました。

mickd_3.jpg

 軽バンのリア部分がカットされたようなスタイルが独特です。小さなクルーキャブピックアップといえるスタイルです。4幅はフロントドアのみ付けてリアドアは省略しましたが、実車ではバンと同じスライドドアが付きます。この車はさらにコズミックルーフというガラス張りのルーフになっています。パネルの横倒しでルーフを作っています。普通の窓は水色を使い、ルーフはあえて質感を変えるためにスモークと、場所によって色を使い分けました。

mickd_4.jpg

 顔面の作り方です。ライトのユニットはポッチ接続せずに、垂れポッチの間に挟み込むだけで固定しています。この間にかなりぴったり収まるので、上から風防も取り付ければ結構安定して固定されます。摩擦力だけで保持しているわけですね。真ん中にランプホルダーを使っている都合でハンドルは付けられなくなりました。

 最後に私が参考にした1320Videoの投稿を掲載します。ラフな使われ方をしている姿に、アメリカっぽさを感じました。日本から並行輸入してきたものかなと思いますが、アメリカの空の下にあると不思議と雰囲気が変わって見えます。
 コズミックルーフ付きなので、Mick-Dという名前を付けました。アメリカな雰囲気を感じてもらえれば良いなと思います。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1896-c0734210