Wave Canbus:日本製ナウなキャルルック - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Wave Canbus:日本製ナウなキャルルック

wavecanbus_1.jpg

Wave Canbus

 カーカスタムとは自由で楽しく、そしてお手軽なものです。日本にいながら、アメリカのカリフォルニアを想う、そんな車を作ってみましょう。



 日本で80年代にアメリカのカルチャーが注目され、しかし本物のアメ車はほとんど手に入らなかったという時代に、アメ車の代わりとなったのはVWでした。VWは古くから日本に数多く正規輸入されており、誰でも手ごろに買えました。私たちはVWビートルをベースに、アメリカのキャルルックというカスタムスタイルを真似することで、アメリカを疑似体験していたのです。そして時代は現代となり、空冷VWは希少で高価になり、VWキャルルックは手ごろな遊びではなくなってしまいました。しかしあの頃のアメリカは私たちの心の中に残り続けていました。
 今は軽をベースにするのが最も手軽なキャルルックスタイルです。一時期はスバルサンバーにVWバスの顔面レプリカを貼り付けたカスタムも流行りましたが、今やそれすらする必要はありません。今の軽キャルルックの世界はVWを真似るのではなく、そのエッセンスを引き継いで新たなジャンルとなっているのです。今回の車はダイハツ・ムーヴ・キャンバスです。ツイッターで見かけたキャルルック仕様が非常にツボに刺さったので、その車を真似して4幅でつくってみることにしました。

wavecanbus_2.jpg

 白とのツーカラーペイントがVWバスを思わせるかわいらしい姿です。塗り分け方は純正通りですが、キャルルックのような鮮やかな原色の赤はカスタムペイントを想定しています。足元はビンテージなルックスを重視してディスクホイールをセットしました。車高の下げ方はフロントをナロード気味にし、リアはワイドにキャンバーを付けてみました。これは空冷VWのローダウンの仕方を再現したものです。フロントフェイスはできるだけムーヴのやわらかい雰囲気を再現するように努めました。コーナーラウンドタイルが出たので、丸みのあるグリルも表現できるようになりました。風防は高さ2をあえて採用しています。実車のムーヴキャンバスは割とルーフが低めな印象ですが、デフォルメ感を出してみました。

wavecanbus_3.jpg

 カスタム感を出すためにテールライトはクリアレンズにしています。間にはスターブリック製のカスタムプリントナンバープレートを取り付けました。あえて黄色ナンバーを見せて軽であることを主張します。ルーフにはアクセサリーとしてサーフボードを載せます。

wavecanbus_4.jpg

 何の変哲もない(?)裏面です。ハラキリなしでミニドールを乗せています。ちなみにミニドールは体が細いので、ボディサイドが普通のブロックでも乗せられるんですね。フロントタイヤは普通の車軸に取り付けていますが、車軸プレートをタウンフェンダーの裏に直付けでローダウンしているのでタイヤは回りません。リアはクリッパーズ式でキャンバーを付けています。
 私が参考にした実車は下のリンクから見てみてください。小さな日本の軽自動車なのに、アメリカを強く感じるカスタムカーです。4幅車の世界にも非常に通じるものがあると思います。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1902-6abc8708