Muscle Passion:珠玉のマッスルショーカー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Muscle Passion:珠玉のマッスルショーカー

musclepassion_1.jpg

Builder: シゲ

 4幅マッスルビルド最前線をご紹介します。4幅で格好いいアメ車を作りたいならこれを真似しましょう。



 アメ車というと、その大きな括りだけで特定のパッションを感じる気がします。「アメ車」から連想される車は様々で、時代によって移り変わってきていると思いますが、やはり古き良き時代を思い出すのではないかなと思います。現代において「古き良き」「パワフル」で「憧れ」の車と言えば70年代マッスルカーがその最たるものでしょう。4幅車の世界でもマッスルカーの作り方が確立されてからは数多くの車が作られて、重要な一つのジャンルを形成しています。ビルドが高度化すれば、次第に様々な名車の再現へと発展していきましたが、ここにまだジェネリックなマッスルカーを作っているビルダーがいます。
 前回のHCSのフィーチャーの一つはモパーマッスルで、この車はモパー的なテイストを盛り込んだオリジナルの車として作られています。

musclepassion_2.jpg

 鮮やかなマゼンタのボディ、そしてフードからルーフにかけての黒いペイントというカラーリングはバラクーダなどのモパーマッスルを彷彿とさせます。この塗り分けは非常に格好良く見えますし、ボディの大部分を黒で構成するのは、レゴ的に作りやすくなるのでメリットが大きいですね。ボディの基本構造は4幅マッスルとしてはセオリーにかなり近いビルドです。しかし細かな点がこだわりが見られます。膨らんだリアフェンダーにはラウンドタイルが配置され、やわらかくもグラマーなボディを作り上げます。フロントフェンダーはジャンパープレートで幅を合わせ、奥まったフロントフェイスは非常にクールです。1x1+1x2のブラケットが2個配置されており、マスク両側の1x1タイルも取り付けられる構成です。

musclepassion_3.jpg

 低いフロントに対して高く盛り上がったリアデッキが非常に良いバランスです。ルーフに配置されるスロープは非常にシンプルかつ的確な構成で、ビルドの美しさが強調されますね。この車はショーカーとして作り込まれているので、使われているパーツにこだわりが見られます。例えばホイールはレアなゴールドのレーサー5スポークです。バンパーなどはフラットシルバーのパーツで統一され、リアウィンドウから見えるロールバーも同じ色に統一されています。テールライトはボディと親和するピンクレンズで、カスタムのイベントに相応しい装いです。

musclepassion_4.jpg

 裏面は黒で統一されていて見た目にも美しいです。構造的にハラキリなしでも余裕でミニフィグを乗せることができます。ワイド車軸は軸色が目立つダークグレーを採用しています。フロントウィンカーレンズもピンクです。グリッター(ラメ入り)でファンキーなチョイスですね。
 一見すると割とシンプルですが、彼らしく隅から隅までこだわり満載のビルドでした。現在考えうるマッスルカービルドの最適解ではないでしょうか。もしマッスルカーにチャレンジしたいなら、ぜひ参考にして作ってみてください。色を変えるだけでも楽しいはずです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1903-c05837c6