All Clear!:ローライダーカルチャーは視界良好 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

All Clear!:ローライダーカルチャーは視界良好

fleetwoodallclear_1.jpg

Cadillac Fleetwood / Builder: 最澄

 カーペットエリアではなく、ストリートを走るローライダーがいました。リアルなストリートスタイルを貫くこのフリートウッドは、ハイレベルなビルドの結晶です。



 4幅車で特徴を出すには極端に派手な方が作りやすかったりします。塗装は明るい色合いの方が見栄えが良くなり、ショーカーテイストに仕上げるのが格好良さへの近道です。しかし4幅車ビルドが高度に発達すると、ショービルドに突き抜けた車だけではなく、もっと微妙な雰囲気の違いを出すことができるようになります。その意味でこのフリートウッドのは、4幅ローライダーの進化を感じる1台なのです。
 この車で最も効果的なパーツ使いは、クリアの風防でしょう。フロントに使われる風防はこれまでスモークと水色しかリリースされておらず、クリアバーションは待望の登場でした。昨年後半にリリースされたスピードチャンピオンズのワイルドスピード仕様チャージャーに初めて入り、4幅車ビルダーの間では話題になりました。

fleetwoodallclear_2.jpg

 90年代のフリートウッドはローライダーでよく見る車の一角です。傾斜したフロントガラス、そして切り立ったリアピラーというバランスが、元の車の雰囲気をよく表していますね。ボディカラーはストックの雰囲気を残す黒ですが、このカラーリングにも強いアピールポイントがあります。ボディ下側のトリムパーツにメタリックシルバーのパーツを配していることです。これも昨年後半のスピチャの007アストンマーティンにて入っていたパーツですね。フロントバンパーの2x2プレートもシルバーに合わせてあり、数少ないシルバーパーツのナイスな使い方です。ホイールはパールゴールドの花びらを裏返しで使います。フロントグリルもパールゴールドで、控えめにラグジュアリーなカスタムが施されます。

fleetwoodallclear_3.jpg

 フロントよりも1プレート高いリアデッキで、縦目のテールライトが見えます。テールライトはフラットシルバーのレールプレートを配置します。テールにはコンチネンタルキットが追加され、エレガントでありながらもカスタム感を漂わせる仕様です。

fleetwoodallclear_4.jpg

 4幅ローライダーのお手本となるようなハイドロの組み方です。フロントはT字バーでキャンバー角が付けられる構造で、リアは2本のアームでツイスト可能です。これで華麗なスリーウィールを決めることができます。

fleetwoodallclear_5.jpg

 クリアの風防からは車内がよく見えます。ハンドルは1ポッチの丸プレートで置かれ、ローライダーでよくある小径ステアリングを表しています。さらにハンドルの根元にはコラムシフトが生えているようです。フルサイズアメ車の多くはベンチシートで、フロアに邪魔なものを付けたくないのでコラムシフトになっているものが多いです。
 この風防とは別の、急傾斜の風防にはクリアが存在していますが、ここ最近全くリリースされていないので4幅車ビルダーの間では希少パーツとなっています。この風防にクリアが登場したのは朗報といえるでしょう。ウィンドウがクリアにできるだけで、車の雰囲気はガラッと変わります。4幅車ビルドが大きく変わるパーツの登場に、今後が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1904-25a7a9ba