Bronze:バッジ付きカスタムバイク - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Bronze:バッジ付きカスタムバイク

bronze_1.jpg

Cracker & Flames

 今回はバイクの紹介です。タイヤが付いている乗り物なら、車でもバイクでも基本は同じですよね。



 今までも何度かバイクのカスタムにはトライしていたのですが、こうしてブログで紹介記事を書くのは最初かもしれません。4幅でショーカーを作るなら、ミニフィグサイズのバイクもカスタムしないといけません。しかし私はバイク関係にはかなり疎いので、オリジナルで作るのが難しく、手軽にカスタムできる方法を模索していました。その方法が既存のレゴバイクをカスタムすることです。しかしレゴシティにあるバイクはベースとカウルのほぼ2ピース構造で、タイヤを変えることもできません。なのでベースは取り払ってカウルだけを使うことにしました。

bronze_5.jpg

 一番最初に内部構造をお見せします。カウルは裏面のポッチで本来のベースと接続されます。そのポッチ接続を利用して、新しいベースをパーツから作りました。かなり無理やりなところもありますが、リアタイヤからハンドルまで一続きの構造になっています。フロントタイヤのアームはカウルとの隙間に突っ込んでいるだけなので接続はされていません。またマフラーも隙間にアームを差し込み、抜けないようにアームの両側にパーツを付けて保持する構造です。

bronze_2.jpg

 最初に作ったのは左の消防仕様バイク"Flames"です。デジラで必要なパーツを買うついでに、セール品にバイクまるごとが出ていたので買いました。最近よく使われている色である蛍光イエローのカウルで、「これは改造したら格好良くできるかも!」と早速手を入れたのがこの姿です。バイクのカスタムも車と一緒で、まずはローダウンです。カウルが地面に着くまで下げます。ホイールは18mmに大径化し、フロントはスリックタイヤを引っ張りでセット、リアはスピチャタイヤを引っ張り風にセットしました。暴走族っぽく赤いマフラーを出して、さらにロングシートも付けてみました。このシートはインパクト的には成功ですが、このスタイルにはどうなんだ?と悩み続け、ロングシートなしでもう1台、"Cracker"を作ってみました。こちらはポリスバイクのカウルで、こうして警察・消防のツインのカスタムバイクが作られました。

bronze_3.jpg

 バイクカスタムを格好良く見せるポイントはリアタイヤのストレッチ化!だと思っているので、太くて大きなタイヤををボディから離してセットしました。ホイール取り付けにはドロイドアームを使い、リア軸は3Lバー、フロント軸は2Lバーを使っています。アームの色は2台でそれぞれ変えてあります。

bronze_4.jpg

 ミニフィグを乗せられます。これがカウルを使うことのメリットですね。どうしてもビルドする自由さは制限されてしまいますが、カウルの形状はパーツで再現不可能ですし、見た目が格好いいです。お手軽にクールなカスタムバイクを作ることができます。ただまあ今回は4幅車と合わせるバイクとしては、ちとスケール感が大きくなりすぎました。次はもっと小ぶりなサイズのカスタムバイクを用意してあります。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1905-01ba3b68