Dog Fight:ぶった切りシャコタン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Dog Fight:ぶった切りシャコタン

dogfight_1.jpg

Dog Fight

 違法行為は好きですか?答えていただかなくても私には分かります。みんな好きですよね。それでは今回はこちらの車です。



 今年は4幅車の単品セットが2種類登場し、それぞれのカスタム仕様をMy Garageカテゴリーで紹介しました。しかし今年の4幅車新作はもう1台ありました。それがこの救急車です。

60382_alt1.jpg

 ジュニア4+枠のこちらのセットは作りが簡易的で、ほとんどの4幅車ビルダーは新作として認識していなかったかと思います。パーツ的なうま味がほとんどありませんし、ほとんどの人がスルーするタイプのセットかと思います。まあでも4幅車のセットが豊作で上機嫌だった私は、ついでにこのセットもトイザらスで買ってきました。当然改造します。

60382_alt4.jpg

 問題はジュニア4+でおなじみのカーベースです。ブロックチックな形状も使いづらいことこの上ないのですが、一番の問題は車軸です。フェンダーの内側に見える車軸はカシメで固定されており、外すことができません。またカシメが下に突き出しており、車高を下げることもできません。これによって世界のヨンハバキッズたちは困らされてきたのです。

dogfight_4.jpg

 まずプラスチックカッターでカシメを切り取ります。車軸が外せたので、クリップ固定でタイヤを鬼キャンにセットしました。切り取ったカシメの残骸はポッチと同じ太さの柱なので、テクニックの穴あきプレートがピッタリ入ります。

dogfight_2.jpg

 バンパーが地面に着地するスラムド車高にできました。表から見ると、まさかパーツを切り取っているとは思われないでしょう。しかし4幅車に詳しい人間なら、合法ビルドでは「ありえない」ことに気づくはずです。カシメを残したままだとここまで下げられないからです。こんなデフォルメ調の車でも車高を下げればそれなりに見れますね。それにこのカーベースのフェンダーフレアは独特の形状をしていて格好いいです。

dogfight_3.jpg

 フロント回りはストックのままでしたが、テールは手を加えました。本来は担架を積み込むテールゲートが付く部分に、竹やりマフラーを取り付けました。またテールライトは取り外してポッチむき出しの武骨な感じに、代わりにDOTSのハートのアクセサリーをぶら下げました。これは今回お気に入りのアレンジです。厳ついシャコタン車にかわいらしさを足したいときにお勧めします。
 なおレゴパーツをカッターで切るのは非常に難しい作業なので、必ず刃を自分の体とは反対方向に向けて作業するようにしましょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1907-8b98ccf7