Junkyard Rod:レトロ+ターボチャージャー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Junkyard Rod:レトロ+ターボチャージャー

junkyardrod_1.jpg

Junkyard Rod / Builder: ムラにゃす

 その姿はまるでジャンクヤードからそのまま持ってきたかのようです。しかしそれが格好いいということに今はなっています。



 現代のカスタムカー文化の中で、カジュアルにホットロッドを語るにはラットロッドは欠かせません。ホットロッドカルチャーでも比較的最近の流れであり、それゆえにトラディショナルなスタイルに囚われる必要もないジャンルです。今回の車は昨年のデュースコンテストでエントリーしてきたものです。アピールポイントはフレームの上にボディを載せていることです。ストック位置の車軸は非常に高い車高を生み出し、レトロなスタイルに見えます。しかしレトロなだけのロッドではありません。

junkyardrod_2.jpg

 ボディだけを見れば、なんとも可愛らしいコンパクトなクーペスタイルです。アピール通りにストック位置をキープした車高も独特の雰囲気を持ちます。しかし面白いポイントはエンジンです。ライム色のヘッドカバーのV8エンジンと、その上に巻き付けられたターボチャージャーが、この車が現代のテクノロジーでパフォーマンスを得ていることを如実に語るのです。真上に飛び出した乱暴なエグゾーストは、まさにラットロッドの自由さを表しています。ホイールは黒のペグ穴ホイールで、前後でタイヤサイズが変えられています。黒のペグ穴ホイールは近年供給されるようになったもので、やはり硬派に決めるのに適しています。

junkyardrod_3.jpg

 ボディは錆を模した茶色で大部分が構築され、ドアの片側など一部にはフラットシルバーが使われています。地金が出ている表現としてグレーよりも質感が上がります。ボディサイドの回り込みが強調される組み方で、かなりコンパクトなボディになっています。テールは非常に短く作られています。かなりケツ上げになっているのがワイルドです。ウェッジの切り欠きが小さなテールライトに見えるのはおそらく狙い通りなのでしょう。

junkyardrod_4.jpg

 アピールポイントとしてバーでフレームが作られています。車軸は前後ともにクリップバーが使われています。構造上キャンバー角がつけられるので、ビンテージなドラッグレーサー風にポジティブにしたり、トラクションがかかったようにネガティブにしたりと、色々な姿勢を楽しめそうです。
 オーソドックスなスーパーチャージャーを選ばずにターボチャージャーというところがユニークなポイントでした。横浜HCSでは他のホットロッドと並びましたが、エンジンメイクで差別化していましたね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1909-8693143a