Surf Racer:サフ吹き仕上げが完成形!? - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Surf Racer:サフ吹き仕上げが完成形!?

surfracer_1.jpg

サフェ・レーサー / Builder: タッキー

 グレー1色のデュースクーペはまだサーフェーサー状態です。しかしそのフォルムはすでに完成されていました。



 この車も昨年のデュースコンテストにエントリーした1台です。普段は街道レーサーを作っているビルダーですが、コンテストに合わせてホットロッドに初挑戦したというビルドがこれです。「コンテストまでに間に合わずにボディがサーフェーサー状態です」というのは本人のコメントです。もちろんレゴビルドに塗装という概念は基本的にないので、ジョークの一種なわけです。クーペは横浜HCSにも展示される運びとなりました。細かい部分は手直しが入り、星条旗模様のカーペットを準備した気合いの入った展示でした。

surfracer_3.jpg

 4幅車で数多く作られてきたホットロッドをよく研究して作られていると感じるスタイルです。ボディサイドはカーブスロープで丸め、ルーフもカーブパーツを使用、トランクは3幅に狭くするセオリー通りのスタイルです。真似をすることはとてもいいことです。しかも彼はそれをさらに美しく仕上げています。ルーフからドア、フロントまで段差なくきれいに詰め込まれたビルドは、グレー1色でも美しく見えます。肝心のエンジンもツボを抑えた良いバランスです。V字のエンジンの上にはスーパーチャージャーのインテーク、下からは8本のエグゾーストが飛び出すという、過不足のないディテールが映えます。さらにスーパーチャージャーのベルト表現も入っているのが見えます。車高はかなり低く、現代のシーンにも通用するスタイルです。

surfracer_2.jpg

 実はコンテストから大きく印象が変わったのが、ウィンドシールド上のバイザーです。1x4タイルが斜めに取り付けられるようになり、見た目の良さが大幅に向上しました。しかし実に不思議なこの斜め取り付け、どうなっているかというと旧スムーズヒンジの爪を利用しています。よく見るとその部分だけ旧灰色になっています。ホイールはフロント、リアともに11mm径を採用し、リアをワイドにする定番のセットです。しかしタイヤは少し違います。リアはタイヤ二重履きという、ホットロッド系でよくある手法ですが、内側にセットしているのは8mm用のナロータイヤのようです。通常は11mm用スリックタイヤを内側に履くのが定番です。8mm用ナロータイヤを11mmに引っ張るのは大変ですし、かなりの荒業がさらりと隠されていました。

surfracer_4.jpg

 裏側を見ると分かるのが、ミニドール乗せということです。ボディサイドの構造的に、ミニフィグだと腕が干渉して乗せられないのですね。エンジンが露出したフロントには両サイドに2本のバーが通っており、そこにクリップバー2本を介してフロントホイールにつながります。リアは車軸パーツかと思いきや、クリップでホイールを固定していました。3幅トレッドでホイールを取り付けるには2x2ワイド車軸という選択肢がありますが、2x2プレートを含むパーツなのでボディ造形に影響が出てしまいます。1x1のクリップを使えばもっとコンパクトに済みますね。これでテールもきれいに仕上がっています。
 ホットロッド初挑戦にして、すでにほぼ完成形の車が飛び出してきました。アワード的には恵まれていないものの、さらに出している台数が非常に少ないビルダーであるものの、これは隠れた名作です。これから送り出されてくるカスタムも楽しみになりますね。
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1911-8f488258