Hot Minifig Rides 2023 コンペティションウィナー発表 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Hot Minifig Rides 2023 コンペティションウィナー発表

hmr2023_award_2764.jpg


 さて前回のアワード発表に続き、今回はHot Minifig Rides 2023のコンペティションウィナーを紹介します。



 カーショーアワードと同じように、競技の数も増加しており、今回はRCレース、モンスタートラック、ドラッグレースの大きく3つの競技が開催され、全9個のクラスにそれぞれウィナーが決められました。レースとカーショーを併設するのがHMRというイベントの基本理念であり、カーショーと同様に重要なトロフィーです。

RC Race GS Class


hmr2023_award_2763.jpg
Builder: はやピー

 タカラトミーのRCトイ、ギガストリームを使用するのがGSクラスです。シャーシはギガストリームで、ボディのみレゴで作ります。シャーシの性能は基本的に同じなのでボディ重量くらいしか差になる要素はなく、ドライバーのテクが物を言います。ウィナーは前年も圧倒的速さで優勝した、はやピーさんで、今年も安定した速さで楽勝でした。今年は6台エントリーでしたが、それ以降はかなりのグダグダ勝負となり、なんと2位までしか完走せず、4台がリタイヤとなりました。

RC Race LP Class


hmr2023_award_2743.jpg
Builder: 柴

 RCレースのレゴクラスは、今年2クラスに分割されました。LP(Lego Pure)クラスは純正ビルドに限定したマシンで争われます。3台のエントリーがありましたが、RCレースでは最もまともなレースが展開され、3台とも完走を果たしました。速さと操作性でトータルのバランスが良かった柴さんのマシンが1位を獲得しました。3台ともかなりバラけてゴールしたので接戦とはなりませんでしたが、一番可能性を感じたクラスでした。

RC Race LM Class


hmr2023_award_2744.jpg
Builder: Sakurai Garage

 LM(Lego Mod)クラスは改造アリのクラスです。モーターなどの電装系パーツのみパーツの改造、社外品の使用がOKとなります。レギュレーションが緩くなるので、LMクラスの方が盛り上がるかと思いきや、エントリーは2台のみと少なめでした。またいざレースをしてみると1台が早々とリタイヤになってしまい、Sakuraiさんが独走で勝利となりました。モーター3個搭載ですが、うち2個は遊びのギミックのために使用しています。

Monster Truck MOT Class


hmr2023_award_2741.jpg
Builder: たむちん

 モンスタートラックも今年からRCがクラス分けされたので、普通のマシンはMOTクラスとなりました。今回も盛況で8台のエントリーがあり、プルバックモーターを中心に、電動モーターやフリクションモーターなどのマシンが集まりました。優勝はたむちんさんのツインモーター、四輪駆動仕様のマシンでした。今回は車破壊スコアも新記録の8を樹立しての優勝でした。

Monster Truck RC Class


hmr2023_award_2742.jpg
Builder: たむちん

 リモートコントロールOKとなるRCクラスは2台のみのエントリーとなりましたが、やはりスコアのアベレージは高かったです。優勝は前年のモンスタートラックも制した、たむちんさんのマシンでした。なんと今年はMOTクラスとダブル制覇となりました。スコアもさらに記録更新して9という結果でした。

Drag Race BIK Class


hmr2023_award_2779.jpg
Builder: スコウ

 ドラッグレースはどのクラスも盛況で、スタントバイクを使用するBIKクラスは全12台のエントリーとなりました。中にはバイクの素体にパーツを盛り付けてカスタムする人もいましたが、なんと優勝はほぼ買ったままの素組みで走ったスコウさんでした。このクラスはマシン性能より、上手く走らせることが重要なので、スピードを追求せずに安定して完走したことが優勝につながりました。

Drag Race LIM Class


hmr2023_award_2780.jpg
Builder: 柴

 ドラッグレースの一番のメインクラスであるLIMクラスは、モーター限定となります。参加者は最も多く、16台となりました。今年は毎年参加している柴さんがLIMクラス初の勝利を勝ち取りました。マシンもモーター含めて毎年使っているものでしたが、今年はフォルムを維持しつつ徹底的なパーツの削減で軽量化を図ったことが勝因になったと思われます。

Drag Race MOT Class


hmr2023_award_2745.jpg
Builder: つきくさ

 MOTクラスはモーター使用であれば制限がなくなるクラスです。今年はかなり参加者が多く、10名のトーナメントとなりました。LIMクラスよりも大きなモーターを使用できるため、スピードがかなり上がり、また重量も増えるのでクラッシュが激しいレースになりました。優勝はつきくささんのプルバックモーター2個使用の四輪駆動マシンでした。他にも速いマシンは出ていましたが、やはり安定して完走できたことが勝利につながりました。

Drag Race UNL Class


hmr2023_award_2764.jpg
Builder: スコウ

 UNLクラスはさらに動力の制限がなくなる無制限クラスです。このクラスでは発射台の使用が認められており、かなりハイスピードなレースが展開されます。エントリーは全4台で、うち2台は発射台方式のマシンでした。その2台で優勝が争われると思われたものの、柴さんのマシンが不調により敗退してしまい、こちらのスコウさんのエアポンプマシンが優勝を決めました。マシンは昔のスパイダーマンの救急車をそのまま転用しています。



 今回はどのクラスもエントリーが充実していました。参加者が少ないと思われたクラスでも2台以上は集まったので、競技としての体が守られました。特にドラッグレースは各クラス例年以上の参加となり、大いに盛り上がりました。
 ドラッグレースは前回の反省を活かしてスリーアウト制を取り入れ、3回のDNF(未完走)が溜まると自動的に敗退するルールとなったので、それによって結果が変わった場面が多くありました。
 今年は各競技の成熟が感じられた年となりました。今回の結果で皆さん多くの経験と反省を得られたと思いますので、また来年新たなマシンを用意してご参加をお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1932-1652ed5b