Flat Piece:別に格好良くないけど - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Flat Piece:別に格好良くないけど

flatpiece_1.jpg

Flat Piece

 薄っぺらな車を作ってみました。それだけです。それ以上のことは何もありません。



 車高を下げるのがスラムド、ボディとシャーシを切り離して低い位置に再接着するのがチャネリング、ルーフのピラーを切り詰めて低くするのがチョップ、ボディを切って薄くするのがセクションドといいます。どれも高度なカスタムカーにはつきものの改造手法です。しかしそれを全部詰め込んだらどうなるか? めちゃくちゃ格好いい車が出来上がってしまうかもしれません。そして作ったのがこの車です。別に格好良くはなりません。それが結論です。
 この手のおふざけ改造は実はそう珍しいものではなかったりします。びっくりするほど薄い車体でストリートを走り、イベントにやってくる姿はかなりインパクトがあります。しかし格好良くはないのです。でもこんな車が前から走ってきたら、カーガイはみんなにっこり笑顔になることは間違いありません。だから作るのです。

flatpiece_2.jpg

 超スラムドな車を作るなら、ボディには窓枠を使うのがおススメです。パーツ在庫から窓枠の引き出しを開けてみて、ダークターコイズの窓枠があったので色はこれに決まりました。窓枠の中にエンジンとタイヤを収めれば、クレイジーな見た目の車が作れますね。タイヤもエンジンもボディよりも上に飛び出させるのが、クレイジーに見せるポイントです。エンジンは大きなエアスクープを付けてインパクトを出しました。ついでにマフラーもエンジンの横に付けています。こういう改造をしたら、フロア下にマフラーを通すスペースはなくなるでしょうから、この形に収まるのが自然なはずです。4幅車としてのインパクトを出すにはしっかりフィグ乗りにすることを忘れてはいけません。フィグなしならいくら車体を薄くしても驚きはないですから。でまあ、なんとかフィグを収めるためにワゴンボディにして空間を広く取りました。

flatpiece_3.jpg

 リアタイヤまわりにも窓枠を使い、中にタイヤを収めています。理想を言えばフェンダーアーチを若干付けたいところですが、パーツの都合上仕方ありません。地面の上をすべるような低い車高がポイントです。

flatpiece_4.jpg

 ブラケットを使って蛇口を横向きに取り付け、そこにタイヤを差し込んでいます。フロントはタイヤ固定、リアはフリー回転します。窓枠で抑えているのでホイールは抜けません。ブラケット類にダータコがなかったので、ボディの色は一部まちまちです。

flatpiece_5.jpg

 普通のシャコタンな4幅車と比較してみます。意外と屋根の高さで見るとそんなに変わりません。フィグ乗りで屋根を低くするのは難しく、普通の4幅車ですでに限界まで低くしているのであまり差が付かないんですね。しかしボンネットの高さで見ると相当ギャップがあります。このワイルドな見た目のカスタム、友達を驚かせたいなら作ってみてください。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1949-25cb08fb