Nitro Burner:セオリーと進化のネオスポコン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Nitro Burner:セオリーと進化のネオスポコン

nitroburner_1.jpg

Builder: NITRO

 4幅スポコンスタイルのお手本がここに現れました。昔からのセオリーを守りつつ、現在の水準にレベルアップしたビルドです。



 レゴコミックで始めた私たちの新しい4幅車スタイルは、それまでの4幅車とは違うセオリーを持っていました。ホイールベースは通常のカーベースよりも1ポッチ伸ばして7ポッチ、ホイールは11mm径の格好いいものに変更、新型ルーフでミニフィグを収めて車体は極力低く作りました。今年のHot Minifig Ridesで新設されたアワードのベストスポコンでは、そんな当時からのビルドスタイルで作られた車がアワードになりました。しかしこの車は単なる懐古主義ではなく、しっかりと最新パーツでアップデータされたビルドになっていました。そこがアワードたる理由ですし、このレトロな格好良さをぜひみんなにも真似してもらいたい1台です。

nitroburner_2.jpg

 ウィンドウは前後とも緩い傾斜のもの、フードにはカーブウェッジ、ヘッドライトにはラウンドタイルを配置しています。ブラケットを駆使したサイドエアロにはカーブウェッジが組み合わせられ、うねりのあるデザインになっています。当時風スポコンの雰囲気を出す重要なポイントですね。ボディサイドにはグラフィックがプレートの積層で入れられています。シールのような精細さはないですが、誰でも自由に実践できるグラフィックの入れ方です。完全な合法ビルドでのスポコンの作り方ともいえるでしょう。ホイールは11mm径のシルバーのメッシュホイールです。当初はワイド車軸を使い垂直なキャンバーでホイールがセットされていましたが、HMRに向けてイマドキっぽいクリップキャンバーが付けられました。キャンバーは現在の4幅車シーンでは欠かせないカスタムです。実際にこの車もきっちりとしたスタンスで見た目が一層引き締まりました。今のカーショーでも十分に受けを狙えるネオスポコンスタイルになったのです。

nitroburner_3.jpg

 サイドミラーはスポーティな小型のものが取り付けられています。黒のインク壺はミラーの定番アイテムですね。ウィンドウの下のナイトロのボンベはいにしえからの4幅車定番セットです。リアウィングはGTウィングではなくエアロデザインがされたものをセットし、クリアテールにカリフォルニアのナンバープレートが備わります。スポコンはUSDMが必須となりますからUSナンバーは雰囲気出しに効果的なアイテムです。

nitroburner_4.jpg

 裏面の組み方を公開します。ホイールはクリップで固定し、床はハラキリされています。ブラケットを何個も使用してビルドされているのが分かります。

nitroburner_5.jpg

 HMRプリゲームでストリートに並べられた様子です。手前のガルウィング仕様の車も以前ブログで紹介しましたね。これぞ4幅で作るスポコンという2台です。スポコンというアワードが設けられたことで、今後のアワード争いも楽しみになってきました。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1953-877ebcc4