Chirping Canary:スーパーチャージャーとゴールドディスク - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Chirping Canary:スーパーチャージャーとゴールドディスク

chirpingcanary_1.jpg

Chirping Canary

 今回紹介するのはカナリヤイエローのトラックです。個性的なカラーリングで目立ち度アップを狙います。



 4幅車ビルダーは新パーツに敏感です。長らくカラバリが存在していなかった11mm径ディスクホイールに、昨年パールゴールドが登場しました。入っているセットは高額なのでパーツだけ入手し、何か作ってみようとしてできたのが今回のChirping Canaryです。このホイールのゴールドでトラックを作るイメージは前々から持っていました。なのでアーチブロックをフェンダーにしてスラムドすることにしました。しかしここで私がYouTube見ていたトラックプリングの動画に影響され、エンジンを過激な飛び出しにしてしまいました。そんなわけで、よく分からないスタイルですが派手なトラックが1台完成しました。

chirpingcanary_2.jpg

 今回のトラックもボディはそれなりの長さを取っています。シングルキャブとダブルキャブの中間サイズ、エクステンデッドキャブをイメージして、リアシートのサイドウィンドウは縦長配置にしています。ボディカラーは近年かなり充実してきたライトイエローで、明るいイメージにしたくてルーフはラグトップにしました。トップの色はオシャレ感漂うミディアムヌガーです。派手なエンジンのポイントは、この狭い空間から8本のエグゾーストパイプを出すことに成功したことです。このディテールアップにはエスプレッソフィルターが役に立ちました。スーパーチャージャーを付けているので、フロントにはベルトを付けて雰囲気アップを狙います。このベルトは長さ2のハーフリフトアームですが、このパーツはプレートよりもやや分厚いので、フロントマスク裏の空間に押し込むのが若干無理やりになっています。

chirpingcanary_3.jpg

 フロントはツラウチでホイールをセットしており、最初はリアも同様なセッティングにしていました。が、先のようにかなりパワフルなエンジンにしてしまったため、リアタイヤが貧弱なことに疑問を感じ、リアはワイドホイールに交換しました。11mmワイドホイールにもパールゴールドがあるので前後で色を合わせられました。リアを太くするならデューリーボディでフェンダーを広げればよかったと今なら思いますが、これを作った当時はそんな発想はなかったようです。この前にデューリーの大きなトラックを作っていたので、こちらはナローボディでいきたかったのでしょう。

chirpingcanary_4.jpg

 車軸は前後ともクリップヒンジで取り付けて、可能な限り低い車高にしています。フロント車軸は裏返しで、車軸プレートの裏にエンジンが取り付けられます。そのためエンジンは若干前に傾いています。

chirpingcanary_5.jpg

 今年のHMR、JBFとイベントを彩りました。シンプルなスラムドトラックにしても良かったですが、エンジンが飛び出している派手な見た目の方が見た目の面白みは増しますね。ゴールドのディスクホイールは、色々なカスタムにマッチするアイテムだと思うので、今後どんどん使用作が増えることを期待しています。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1956-f34b3217