Dr. Q:くらし安心クラシアン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Dr. Q:くらし安心クラシアン

drq_1.jpg

Dr. Q

 水道トラブル5000円♪トイレのトラブル8000円♪昔そんな歌がありました。



 4幅車のアイディアはどこからでも得ることができます。どんな些細なひらめきでも、自分のセンス次第でクールなショーカーとなるわけです。こんなに楽しい趣味はありませんね。今回のことの発端は、渋谷さんのツイッター投稿でした。

drq_7.jpg

 渋谷さんのツイッターから引用しました。実家の冷蔵庫によく貼ってあるあれです。それをカットしてシャコタン改造したものが非常にクールで、これをそのまま4幅車にするべきだと考えました。クラシアンはサービスカーとして昔からマツダボンゴを使っており、マグネットの車もボンゴになっています。

drq_2.jpg

 というわけでボンゴっぽいワンボックスを作りました。実際のサービスカーにはサイドウィンドウがありますが、マグネットの再現なのでパネルバンにしました。ヘッドライトはクリアのヘッドライトブロックを使い、サイドにウィンカーレンズを付けるテクを使ってみました。足元はミニフェンダーをセットし、11mmワイドホイールをアウトリップなセットで取り付けました。問題は色で、下半分にはミディアムラベンダーを採用しました。レゴフレンズを中心にそこそこパーツ供給もある色かな?という印象がありましたが、いざ使ってみると種類の少なさで結構苦労しました。側面ポッチ付きの1x1ブロックが出ていたのが助かりました。実際の色はもっと青みが強い感じなので比べると差がはっきりと分かりますね。
 本当はレゴにもクラシアンに近い色があり、ブルーヴァイオレットといいます。2004年のカラフル騎士団の色と言えば分かる人には分かるでしょう。パーツ種類がカスすぎてさすがに4幅車は作れないので、ミディアムラベンダーで妥協したわけです。
 サイドのプリントはマグネットの写真から抽出したものを、ローソンのシールプリントで印刷して貼りました。本物の電話番号をそのまま貼ることに葛藤が若干ありましたが、男なので覚悟を決めて全部そのままにしてあります。もちろん無許可です。

drq_3.jpg

 マグネットを4幅車にするときに困るのが、片側しかないことです。反対側はまた別のやりたいことを盛り込むことにしました。側面をガラス張りにして、中にカスタムしたバイクを載せました。4幅車の中にバイクや自転車などを載せるのは、スペースの関係で結構難しいです。今回はキャビンスペースをかなり圧迫してスペースを作りました。

drq_4.jpg

 サイドはガルウィングで開きます。ショーカーとしてクールな見た目に仕上がって満足しています。リアウィンドウには黒いシールを貼っており、Clippersのロゴをプリントしてあります。

drq_5.jpg

 というわけでクリップ固定のスタンスです。リムがフェンダーに乗るように、タイヤは真ん中あたりに履かせました。車高は落ち切ってないですが、今回の車のコンセプト的には丁度良い車高です。

drq_6.jpg

 中に載せているのはホンダのモトコンポです。かなり前に赤で製作したもので、リアタイヤを太くするのは、当時ツイッターで見たカスタムをそのまま真似したものでした。それを今回の車に合わせて色替えしたものです。
 5月のHMRに間に合わせたくて勢いよく作りました。インパクトがあってお気に入りのカスタムです。今年これを超える車を作れる自信がありませんね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1962-b1ead231