4WLCコンテスト2023「シルビア・180SX・240SX」10/20締切! - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

4WLCコンテスト2023「シルビア・180SX・240SX」10/20締切!

4wlccontest2023_1_poster.jpg


 誰でも参加OK!4WLCコンテスト開催です。メールにてエントリー受付中です。



 今年も4WLCコンテストの季節がやってまいりました。オンラインコンテストですので、世界のどこからでも参加できます。今回のテーマはシルビアです。そこに兄弟車の180SX、北米仕様である240SXを加えてシルビアファミリーを対象にしました。
 シルビアはドリフト、チューニング、カーショーとあらゆるストリート的な舞台で活躍している車です。元々は手ごろなベースとして、そして今はみんなの憧れの車となりました。4幅車でも何度も作られてきた車です。それでなぜ今シルビアなのか?
 4幅車のカーショーが始まった10年前とは、色々なことが変わりました。特に変わったと感じるのは、実車再現系の割合が高まってきているということです。スポコンブームだった初期の4幅車では特定の車種を再現することは稀でした。参考にしたとしても、車種名を名乗らないのが普通でした。そこまで細かく再現しきれないからです。しかし今は状況が変わっており、現実のカーカルチャーで人気のある車がどんどん再現され、そのレベルも高まっています。
 だからこそ今、言い訳なしでシルビアを作ってみようというわけです。あなたが作ったその車はシルビアですか?ワンエイティですか?ワンビア?シルエイティ?S13?S15?S14?前期?後期?正面から向き合ってビルドしてみましょう。

募集要項


4WLCコンテスト2023
テーマ:日産シルビア・180SX・240SX
送付先:tamotsu4wlc@gmail.com
以下をメールでお送りください。
1.ハンドルネーム
2.車の名前
3.コメント
4.写真数枚
エントリー締切:2023年10月20日

4WLC Contest 2023
Theme: Nissan Silvia/180SX/240SX
Send to: tamotsu4wlc@gmail.com
Describe as follows:
1. Handle name
2. Car name
3. Your comment
4. Attach photos
Entry close: October 20th, 2023

シルビアってどんな車?


 初代の登場は1965年と意外にも古い歴史を持っています。しかしみんなその時代には興味がないと思うので飛ばしますね。現在改造車のベースとして人気があるのは第5世代にあたるS13型以降のモデルです。会話の中でシルビアといえば大抵はS13以降の車のことを指しています。

S13シルビア


contest2023_sample_s13silvia.jpg

 S13のデビューは1988年、商業的に大成功を収めたモデルです。FRで2ドアクーペという形式は当時すでに貴重になりつつあり、後に走り屋のベースとして人気が出ます。最盛期には信号待ちで止まると前後左右の車が全てS13ということもあったそうです。シルビアというネームバリューを築いた車といえるでしょう。S13からはリアトランクのあるノッチバックのみとなっています。
 2021年の朝ノ島で撮影しました。

180SX


contest2023_sample_180sx.jpg

 リアウィンドウが傾斜したハッチバック仕様は180SXという名前で独立した車種となりました。フロントもリトラクタブルになっており、外観的には相違が多いですが内部的な構造はS13シルビアと共通です。先行して北米仕様の240SXがあり、それを日本に逆導入したものになります。
 この車は4WLC-UGメンバーのさくさんの車です。今年のJBFのときに撮った写真ですが、車高が低すぎてJBFの会場に入れないんですね。

240SX


contest2023_sample_240sx.jpg

 先代シルビアまでは200SXという名称で北米に輸出されており、S13からは北米仕様エンジンが2400ccになったことに合わせて240SXという名前になりました。シルビアと同じノッチバックと、180SXと同じハッチバックの2種類がありますが、北米の場合はどちらも顔は180SXとなります。なのでノッチバックの場合はフロントがワンエイティで、リアがシルビアという形になり、俗にいうワンビアという改造と同じ見た目になっていました。写真はそのワンビア形状の240SXです。
 当時のアメリカはヘッドライトの高さが一定以上ないといけない規制があり、シルビア顔だとライトが低すぎて販売できなかったんですね。だからライトがポップアップしてくるこの形になったわけです。どのメーカーにとってもアメリカ市場は無視できない存在なので、90年代までは各国のスポーツカーがリトラクタブルライトを多く採用していました。
 この車は2021年の富士スピードウェイの朝ノ島で撮影しました。

S14前期


contest2023_sample_s14zenki.jpg

 S13が5年という真っ当なモデルライフを務め切り、1993年にS14にモデルチェンジしました。80年代デビューのS13に対して、S14はかなり丸みの強いデザインとなりました。車幅がわずか数センチ広がったことで5ナンバーから3ナンバーに上がり、大柄のマイナスイメージを持たれてそれほどの人気は出ませんでした。
 写真は2014年まで私が乗っていた車です。S13/S14は自然吸気モデルにQ's、ターボモデルにK'sというグレードが付いており、私のはK'sでした。この車の見た目がお気に入りだったのでシルビア系で一番好きなのでS14前期です。

S14後期


contest2023_sample_s14kouki.jpg

 不人気のS14にはデザイン的テコ入れが入り、1996年からヘッドライトが変わります。たれ目の「前期」とツリ目の「後期」はS14を語る上では必須の呼び分けで、海外でもZenki/Koukiという日本語のままのワードで使われています。テールライトやリアスポイラーも角を立たせた新デザインに変更されました。一般的には後期の方が格好いいとされているので、前期をベースに後期の外観に改造するのがよく行われています。
 写真は2023年のフォトセッションミーティングで撮影しました。

S15シルビア


contest2023_sample_s15.jpg

 最終型のS15は1999年に登場しました。ボディサイズを再び数センチ狭くして5ナンバー枠に無理やり戻し、デザインはエッジの効いたスタイリッシュなものになりました。しかし80年代当時のようなデートカー需要は世間にはなく、他の多くの名車と共に90年代スポーツカー時代の終焉を飾った車です。S15はアメリカを始めほとんど国には輸出されなかったので、海外から見るとかなりレアな存在です。そのためS14をベースにS15顔に改造するフェイススワップがアメリカではよく行われています。
 こちらは2022年のCarflixで撮影しました。

シルビア作例集


 今までに数多くのシルビア/180SX、そしてそれをモチーフにした車が作られてきました。特に180SXは4幅で作りやすい基本フォーマットがあるので、4幅車ビギナーが作る定番になっています。

deafcat_1.jpg

 私が作ったこの180SXが色々なビルダーに真似されました。

240sxwide_1_20160421224057e6d.jpg

 その後最澄さんが作ったこのワイドボディ仕様が良い起爆剤になりました。

s15silvia_1.jpg

 あいさわさんのS15は独自路線でクールです。

slipstar_1.jpg

 ベルビルのキラキラ星シールで飾ったこの車でドリ車のスタイルを作りました。

180rat_1.jpg

 さくりんさんの180SXは全く違う方向性のビルドでしたね。

bikinibomb_1.jpg

 S13シルビアはこういう形で再現してみました。

driftmissile_1.jpg

 海外でもシルビア系は人気です。ワンビアのオープン仕様です。

badkouki_1.jpg

 リトラクタブルを上げた状態を試してみました。

darkyakuza_1.jpg

 海外ではS13系が大流行で、はるばる日本までやってくるショーカーもいました。

lightandshadow_1.jpg

 これも180SXの定番ビルドを踏襲しています。

ripslide_1.jpg

 これも載せてる車は180SX風です。

streetlegal_1.jpg

 S13、S15、180SXと、近年のシルビア系ビルドの集大成です。これはぜひ参考にしてください。

killertune_1.jpg

 renraboさんのS15はチューニングスタイルの王者となりました。

ichigojam_1.jpg

 S15のスタイルを完成させようとした車です。



 それでは皆さんの渾身のエントリーをお待ちしています。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/1996-e8a5f8cf