【レゴ作品】ワイドなボディで犯罪者を威嚇する群馬のバッドコップ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
6

【レゴ作品】ワイドなボディで犯罪者を威嚇する群馬のバッドコップ

PA200029.jpg
赤帽RONIN

レゴコミック「ハイスクール・チームドリフト」のメインカーとして製作した車です。
この車の特徴はなんと言ってもパトカーであること。
前作にはなかった改造パトカーというものを出したかったので、この車は特に気合が入っています。




テーマは日本のパトカーということで決定しましたが、問題は通常仕様のパトカーと差別化を図ることでした。
基本的に白黒のカラーリングは外せないため、色以外のスタイリングでカスタムしてあることが分かるような車にしなければなりません。

#7236のパトカーをベースに改造したようなものをイメージしました。Lego_7236-2.jpg
オーバーフェンダーなど、街シリーズの新しい車のスタイルを定着させた逸品です。
とてもオーソドックスなパーツ構成のためかなりオススメです。


まず「いかつさ」を出すために、フェンダーとホイールをブラック化しました。
またこのフェンダーを使う上では基本と言えますが、ワイド車軸ではなく通常の2x2車軸を使ってツライチにします。(フェンダーとタイヤの幅を一致させることです)
PA200030.jpg
ライトは窓と同様にスモーク化。
車高を下げるために、フロントはタイルを上下逆に付けたフロントスポイラーとしました。
またフロントバンパーにはチューナーのVeilside(ヴェイルサイド)のロゴを鏡文字にして貼り付けました。
海外のパトカーでよく見られるフロントのPOLICEの鏡文字を、チューナーロゴでやってみたわけです。
これも普通のパトカーではないというアピールになります。

Veilsideを選んだのは、レゴのフェンダーパーツがこのメーカーのワイドボディキットみたいだったからです。
Veilside-FFZ33-001.jpg
画像は映画「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」の劇中車のフェアレディZです。


サイドのPOLICEシールはレゴ純正で、レーサーシリーズのものから取りました。
そしてサイドステップ部分には人気のレースゲーム「NEED FOR SPEED」のロゴを貼っています。
PA200032.jpg
中でも「HOT PURSUIT」は改造されたパトカーに乗って交通違反者を取り締まる内容となっており、今回のこの車にピッタリだと思い選びました。


レーサーシリーズでお馴染みのスポイラーパーツをフロントではなく、リアウィングとして使用しています。
この使い方はオフィシャル製品でもされていますね。
ウィング上のPOLICEシールもレーサーシリーズからの転用です。
PA200031.jpg
そしてリアバンパーにはスピード狂を刺激するためのワードを貼りました。
相手を挑発してスピード違反させるのが目的です。


パトライトはシンプルに1x2タイルを2個並べました。
屋根にはパトカーらしく、地区名と番号が書かれています。
PA200033.jpg
前橋は私の地元でもあり作品の舞台のベースになっています。
中にはそのまんまんな建物も出てきます。


ちなみに一体のカーシャーシは使っていません。
ツライチシャコタンを目指すなら、シャーシからプレートで構築する必要があります。
PA200036.jpg
フロントの車軸は下からの固定はしていません。
撮影の都合上、ドリフト時のタイヤの切れ角を再現する際には車軸は外さなければならないため、簡単に取り外しが可能なようにしてあります。
ただ強度が落ちるので、普通に作る際はリア側のように下からもプレートでがっちり挟みましょう。



PA200037.jpg
見えづらいですがニトロ搭載バージョンです。
ドライバーは警官の息子、カミナリ・ライトニング。
パトカーを勝手に改造して、スピード違反者とレースをすることが彼の生きがいとなっています。
車名は赤帽RONINとしました。
RONIN(ローニン)とは雇い主のいない侍浪人のことで、警官の格好をしながら警察組織には属していない彼の境遇に合わせました。
カーアクションが有名な映画「RONIN」でもタイトルになっていますね。

01_15_07.jpg
作中ではまず警察の仕事なんてしません。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

jip says..."やっぱりパトカーはいいですね"
パンパンに張りだしたフェンダーと前後のスポイラーとウイングが、
武骨なボディに合っていてとてもカッコいいです。

私はてっきり外車(特にアメ車)を日本のパトカー風に仕立て上げたとばかり思ってました(汗)
とにかく普通の日本のパトカーにはない迫力がありますね。

いつだったか「今のCityシリーズのフェンダーは嫌い」なんてことをコメントの方に書いてしまいましたが、やっぱり作品と使う人のセンス次第だと今更ながら思ってしまいました。反省しなければいけませんね...



2012.11.14 21:51 | URL | #gToLfGw6 [edit]
Tamotsu says..."No title"
レゴ社がこうして時代に合わせた車を出してくれるのは良いことだと思います。
懐古主義に走り始めたらその業界も終わりだと思っています。
オフィシャルな製品の進化としては今の形はとっても健常です。

このフェンダーパーツもカラバリが増えて行ったり、マッチする新ホイールの登場など今後に期待しています。
2012.11.14 23:13 | URL | #dNm2mw72 [edit]
お肉屋 says..."No title"
こんにちは、お肉屋です。

 今回は、カミナリ・ライトニングの愛車の紹介ですね!!私『ハイスクール・チームドリフト』の中で最も好きな車です。一見パトカーだけど、パトカーで無いところが好きです!!
 車名がカミナリらしいですね。パトカーを改造して、カミナリは親に怒られないのでしょうか・・・・。

 >>作中ではまず警察の仕事なんてしません。
 確かに・・・・。。。
2012.11.16 13:55 | URL | #50930hs6 [edit]
Tamotsu says..."No title"
この車を気に入っていただけると嬉しいです。
私もこのパトカーはなかなかのお気に入りです。

カミナリはしょっちゅう怒られていると思いますよ。
彼は家庭でのストレスを全て車とストリートレースにぶつけているんです。
そうしているとまた父親に怒られるんですけどね。
2012.11.16 20:53 | URL | #dNm2mw72 [edit]
関山 says..."No title"
4幅車ビルドの世界だと、どうもCityタイプのオーバーフェンダーは
人気が無いですよね……というか、正直使いにくいです。

ですので、この作品の使い方は巧いなぁと思いました。
パトカーのツートンの表現でもありますし、ホイルも黒なので
悪目立ちしてないと思います。というより足回りが凄く「渋い」ですね。

可能性を見せてくれるビルドだと思いました。
2012.11.23 21:00 | URL | #KWOxclv. [edit]
Tamotsu says..."No title"
使いづらいのは確かにその通りですね。
というよりこれを使うと車の形がほぼ限定されるんですよね。
今までに何台かこのフェンダーを使った車を作りましたが、どれも同一車種のバリエーションみたいになるんです。

変化球をやろうと思えばできるんですが、ビルテクに拘ってダサくなるのは本末転倒なので。
現時点ではこの車が自分のベストというところです。

この車は足元を全部黒でまとめることで「誤魔化し」をしているわけです。
パトカーならではの技のため、普通の走り屋仕様で作れといわれると困りますね。
2012.11.24 22:11 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する