No Loser:無法者の王者 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

No Loser:無法者の王者

noloserevox_1.jpg

Mitsubishi Lancer Evolution X / Builder: Lime

 さて皆さん、今日はお待ちかねのイリーガルビルドバリバリな車の紹介です。



 HMRで設けているジ・アウトロー・アワードは、イリーガルビルドの素晴らしさを評価するアワードです。このアワードを堂々と設けてから、4幅車界隈でイリーガルビルドはタブーではなくなりました。そのおかげで今年もこんなに素晴らしい車が登場しました。
 車はランエボ、カッティングによる迷彩模様が目を惹くこの車は、ゲーム首都高バトルに登場するマシンをモデルにしています。No Loserというのは、迷彩模様のランエボだけで構成された走り屋チームの名前です。当日はゲームブランドロゴと共にディスプレイされ、イリーガルアワードにむけて本気のチャレンジであることが分かりました。
 非常に完成度の高いビルドであるため、レゴパーツの知識がない人から見ればカッティング以外のどこにイリーガル要素があるのか判別がつかないかもしれません。まず大きなポイントはフェンダーです。それはツイッターで公開された製作中の画像を見れば分かるでしょう。

noloserevox_6.jpg

 これはよくあるシティフェンダーを短くカットした後の写真です。元から短いシティフェンダーもありますが、ロングタイプを前後違う長さでカットすることで、独自の形状を手に入れています。さらに追加の工夫として、リベットを再現するために半田ごてでスポット的に表面を溶かしています。

noloserevox_7.jpg

 溶かして浮き出た部分を削り取ると御覧のように自然なリベットが出来上がりました。その後ボディカラーのタンに合わせて塗装されます。これをやりきる工作技術が素晴らしいですね。それをレゴに活かすというのも類まれなことです。

noloserevox_2.jpg

 車と組み合わせるとこんなにも自然です。リベットも適度な存在感で、浮かずに馴染んでいますね。シティフェンダーはタイヤの後ろ側だけカットされているように見えて、前側のアーチも少し切り取られています。そんな通常のレゴではありえないパーツを使っていますが、ランエボXとしてのビルドも素晴らしいものです。あえてクリアパーツなどをあしらわないフロントの顔つきはいつも通りの高いセンスを感じます。サイズ感もやや大きめで、ランエボXのリアルな存在感が感じられます。
 フェンダーだけではなくホイールも特殊なことに気づいたでしょうか。インパクト大の赤いリムのホイールは、4幅車ビルダーなら「こんなパーツ欲しい!」となることでしょう。ただやっぱり普通のレゴではありえない組み方をしていますね。

noloserevox_3.jpg

 赤いリムの正体は、15mm径のバイクホイールから、スポークを切り取ったものです。シティで使われる14mm径6スポークより少し大きく、スピチャの18mm径ホイールよりも小さ目です。内側の黒いディスクはスピチャのディスクですが、これも15mmリムに収まるように小さく削り込まれています。
 テール回りの作りはアイディア物のすごい組み方です。テールライトにはスモークのコーンが使われ、クリップを使ってわずかに角度を付けています。セダンのトランクを作るときになかなかこの組み方は思いつきません。リアからの見た目は非常にきれいなもので、バンパー部分にランドタイルを入れているのがよい密度感を生み出しています。

noloserevox_4.jpg

 車内空間は比較的余裕があり、ハラキリはしていません。ホイールの取り付けはジャンパープレートを介したポッチ接続のようです。リアディフューザーの構造も良く見えますね。2Lバーを使ったマフラーは今後ますます色々な車で使われそうです。

noloserevox_5.jpg

 リアフェンダーのところには、ゲームに登場するNo Loserのステッカーが貼られています。この車はそもそものコンセプトがあり、そこにイリーガルビルドが使われています。私たちはイリーガルビルドに決して躊躇しませんが、4幅車の世界が単なるカオスになることを望んではいません。レゴで遊び、レゴを愛する者なら、パーツを切るにも必然性があります。アウトローアワードの基準は、イリーガルビルドの量で決まりません。レゴ4幅車として格好いいこと、他のカテゴリーと同じようにそれが最大の審査基準です。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2000-5b24b142