The Mechanic: Onkelsepp Workshop Story - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

The Mechanic: Onkelsepp Workshop Story

themechanic_1.jpg


 シルビアコンテストが先日終わった所ですが、実はそこでは紹介しきれていないストーリーがまだありました。今回はドイツからやってきた物語を紹介します。



 シルビアコンテストのエントリー期間に私がドリフトチームのストーリーを記事にしたところ、ドイツの常連メンバーOnkelseppがそれに大変触発されたらしく、彼からもA4 2ページにわたるPDFファイルのストーリーが送られてきました。あまりにボリューム満点だったのと、エントリーカー以外の紹介も含まれていたので、コンテストページへの掲載は見送りました。しかしそのまま水に流すにはもったいない渾身のものだったので、コンテストが終わった今公開しようと思います。
 その前に彼のエントリーカー"Mars Red S15"を振り返ってみましょう。

marsreds15_2.jpg

 アワードは残念ながら逃したものの、得票率は高く上位入賞を果たしました。今回のコンテストで人気だったS15をチョイスし、かなりアグレッシブなワイドボディとエアロを備えています。V8 LSスワップで最高800HPを発するという設定で、そのパワーに見合った太いタイヤとエアロを装備させているわけです。色はエレガンスさをイメージしています。

marsreds15_3.jpg

 ディフューザーの大きさはタイムアタックマシンのような雰囲気です。リアウィングもかなり巨大ですね。

marsreds15_4.jpg

 ハラキリでミニフィグを乗せます。リアは2x2ワイド車軸を反転し、フロントはクリップでキャンバー角を付けています。

The Mechanic


A little over two years ago, Seb, jokingly called “Onkelseppp” by his friends, founded his tuning company and built up a collection of exclusive vehicles.
2年ちょっと前、友人たちから冗談で「オンケルセップ」と呼ばれていたセブは、チューニング会社を設立し、高級車のコレクションを築き上げた。

He has previously worked in several contract workshops of large automobile manufacturers and therefore has a lot of specialist knowledge. However, he was fed up with the politics of the big automobile giants and the pressure in the workshops with mediocre pay. He wanted to work on his own projects for exclusive customers and not repair the fifth boring family SUV in a day or discuss sales figures with his bosses.
彼はこれまで大手自動車メーカーの契約工場を転々としており、膨大な専門的知識を得ていた。しかし、彼は大手メーカーの政治劇と、平凡な給料にもかかわらず降りかかる工場でのプレッシャーにうんざりしていた。1日で5台もの退屈なファミリーSUVを修理したり、上司と売上高について話し合ったりするのではなく、もっと特化した需要に向けた自分だけのプロジェクトに取り組みたかったのだ。

His passion was mostly for older vehicles from the 1980s to 2000s, the very vehicles that he liked as a boy. In addition to his work, he had been taking part in small events in the scene with a few private vehicles for a long time and found joy in them.
彼の情熱は主に1980年代から2000年代の古い車、つまり彼が少年の頃に好きだった車に向けられていた。彼は仕事の傍ら、小さなイベントに何台かの愛車で参加することを続けており、大きな楽しみとなっていた。

1000hp190eevoii_1.jpg

One of his first project vehicles with his own garage was the construction of a Mercedes Benz Evo II, which in several steps became a real monster that was quite impressive and even received recognition from Japan. As his tuning workshop grew, his collection of vehicles also grew over time. 
彼のガレージでの最初の仕事の一つは、メルセデス・ベンツEVO IIを作ることだった。この車は度重なる改良を受けて、強い印象を放つ真のモンスターマシンとなり、日本からも認められるようになった。彼のチューニングワークショップが大きくなるにつれて、彼の車両コレクションも増えていった。

He primarily owned German and European vehicles because they were the most available and had the most parts on the market. He also loved these vehicles in his childhood and youth and thus realized a childhood dream.
彼の所有車は主にドイツ車やヨーロッパ車だった。なぜなら非常に手ごろで、パーツも流通していたからだ。彼も少年の頃から、これらの車が大好きで幼い頃からの夢を実現させたのだ。

In his youth he took part in legal and also illegal races with a few self-conversions. “When tuning was still real. Back then, almost everyone had a lowered suspension on their small car and a fat Soundsystem. People tinkered with the engines and screwed roll cages into VW Polos, just because it was cool and because they could do it.” He says.
若い頃は合法か違法かにかかわらず色々なレースに参加し、趣向は少しばかり転換することになる。「チューニングがまだ本格的だった頃だ。当時、ほとんどの人がコンパクトカーに車高を下げるサスペンションを付けて、デカいオーディオを搭載していた。単にそれがクールだからとか、簡単にできるという理由だけで、エンジンをいじったり、ロールケージをVWポロにねじ込んだりしていた。」と彼は語る。

At that time, he owned a ´89 Golf II that he wanted to convert into a Porsche Killer. However, that ended in a fiasco when he wanted to test it on the motorway to see whether he actually had a real chance against a 911 turbo. The police confiscated him and his vehicle and he had to walk for a year and was allowed to ride his bike again.
当時、彼は'89年式ゴルフIIを所有しており、それをポルシェキラーに改造したいと考えていた。しかし、高速道路で実際に911ターボと勝負をする機会を得た時にその目論見は潰えてしまう。警察に捕まった彼は車を押収され、その後バイクの運転が許可されるまでの1年間は徒歩で生活しなければならなくなった。

widebulli_1.jpg

He is now quite successful with his own workshop and has satisfied customers as well as some fans in the scene. He also gets to work on things he likes every day. And that is the most important thing to him. Freedom.
彼は現在、自分のワークショップで大きな成功を収めており、改造車シーンのファンだけでなく顧客にも満足してもらっている。彼も毎日自分の好きな仕事に取り組むことができている。そしてそれが彼にとって最も重要なこと、自由である。

The Contest


Some time ago he received an invitation from a buddy from Japan who wanted to do a contest with Japanese vehicles. This is about a cult model from the JDM sector that also did very well on the American market. The Nissan Silvia. Of course, he wanted to participate and immediately started researching and got together with his friends Michel, Max and Lia to brainstorm and scour everything the internet had to offer. So far, he has had experience with the Honda Civic, which he often sees on the streets in his corner and which one of his friends drove after school. Of course, he also knew the Nissan Skyline and the Silvia from events, but even getting hold of one was almost impossible or incredibly expensive (actually over ? 20,000 for a third-hand S14, wtf?). So he still used his contacts and found 3 basic models together with his crew. The S13, the S14/15 and a 180 SX. This was awesome. The friends in the workshop also knew immediately which styles and which model they liked and how they wanted to build it according to their ideas.
少し前に、彼はとある日本車のコンテストをやりたいという日本の友人から誘われた。それはアメリカ市場でも大成功を収めた、JDMのカルト的な車、日産シルビアだった。もちろん参加したいと思った彼は、すぐに調査を開始し、友人のミシェル、マックス、リアらとともに話し合いを重ね、ネットのあらゆる情報を調べ尽くした。それまでは街角でみかけたり、友人が放課後に乗っていたりしたホンダ・シビックの思い出がある程度だった。もちろん、イベントで見た日産スカイラインやシルビアのことも知っていたが、買うことさえほぼ不可能か、買えても信じられないほど高価だった(実際のところ2オーナーのS14で20,000以上するなんてあるかよ?)。そこで彼は知り合いの連絡先を駆使し、クルーと一緒に3台のベースモデルを見つけた。 それがS13、S14/15、180SXだ。素晴らしい成果だった。ショップの友人たちはすぐさま自分のお気に入りの車を決めて、どういったアイディアでいじっていくか考えた。

michels13_1.jpg

Michel is the street styler who loves subtle vehicles with radical lowering and a great stance. He enjoys taking photos of the rarer vehicles he finds on the streets and does the finishing touches on many styles and the paint for the workshop. So, he built a slightly stripped-down S13 according to his ideas. He was able to obtain spare parts partly from overseas, partly from Italy, Switzerland and England. The engine got some love and some independent modifications. The TUV approved the car with few problems, so he even got road approval and can now drive it to events or simply cruise after work.
ミッシェルのスタイルは過激なローダウンと、素晴らしいスタンスを決めた、精密な車を愛するストリートスタイルだ。彼はストリートで見かけた珍しい車を写真に撮るのが好きで、ワークショップではペイントや色々なスタイルの仕上げを行っている。そこで彼のアイディアは無駄を省いたS13を作ることだった。スペアパーツはイタリア、スイス、イギリスなどの外国から入手できた。エンジンには少々の愛と独自の改造が加えられた。TUVの認可はほとんど問題なく受けられ、道路使用許可も取得し、今ではイベントにドライブしたり、仕事終わりにクルーズしている。

max180sx_1.jpg

Max, also called “Mad Max”, wanted to convert the 180sx into a moderate but eye-catching drift car. Interestingly, he got most of the conversion and tuning parts on the well-known online platforms from Germany and especially from Switzerland, as Japanese cars have large fan bases here.
「マッドマックス」と呼ばれているマックスは、180SXを控えめでも目を引くドリフトカーに改造したいと考えた。面白いことに、ドイツや特にスイスの有名なオンラインショップで交換用パーツやチューニングパーツのほとんどを入手できた。そこに日本車のファンがたくさんいるからだ

What a piece. The chassis works great and he can take part in smaller drift races or transport it to shows on the trailer. The livery causes a stir at events and finds friends on his social media channels, where he shares not only cars but also all sorts of practical jokes from other sports. He is a big fan of the legend Travis Pastrana and Nitrocircus and, in addition to car racing, he races motocross and mountainbikes. He is currently working on getting his vehicle street legal so that the police don't take the car out of circulation because he would like to drive it on a swiss alpine passes.
なんという作品だ。高い性能を得たこの車をドリフト競技に出したり、トレーラーでカーショーに持ち込んだりもできる。このカラーリングはイベントで注目を集め、車だけではなく他のスポーツのあらゆる悪ふざけなども投稿している彼のSNSチャンネルではたくさんの友人を作ることができた。彼は伝説のトラビス・パストラーナとニトロサーカスの大ファンで、カーレースに加えて、モトクロスやマウンテンバイクのレースにも参加している。彼は現在、スイスのアルプスの峠を走らせるために、警察に止められずに公道を走れるように作業に取り組んでいる。

marsreds15_1.jpg

Lia has been successfully taking part in races for a long time and can easily hold her own against her male colleagues in the scene. When people ask her if she wants to be called a female racing driver, she says she doesn't care at all. She is a racing driver. “Racing doesn’t differentiate between men and women. That's the beauty of it. Everyone has their car and therefore the same chances of getting started.” She is reminiscent of Ellen Lohr, who drove with Klaus Ludwig for Mercedes Benz DTM in the 90s and was the fastest woman of her time or is reminiscent of her namesake Lia Block, who follows in her father's footsteps and is in no way inferior to him.
リアは長い間レースで成功を収めており、仲間の男たちに対しても全く物怖じしない。あえて「女性」レーシングドライバーと呼ばれた以下聞かれると、彼女は全くどうでもいいという。彼女はレーシングドライバーだ。「レースには男と女の区別は存在しない。それがレースの美しさなんだ。車を持っていれば誰でも始められる。」彼女は、90年代にメルセデス・ベンツDTMでクラウス・ルートヴィヒとともにドライブし、当時最速の女性だったエレン・ローアか、あるいは父親の足跡を継ぎ決して彼に劣らなかった彼女と同名のリア・ブロックを彷彿とさせる。

The S15 was converted for Lia and tailored to her needs. The car is an uncompromising racing machine with a V8-LS swap, fat front lip, rear diffuser and huge rear wing made in-house. It wasn't easy to get parts, so contacts were made in Italy, among other places, where there are several tuners who work on the basis of the Silvia. The body and base of the vehicle were partly from an S14, which gave it the nickname S14.5. The body was finally remade in carbon by a specialist company and, upon request, painted in a classic dark red. The driving characteristics are nothing to sneeze at. “The thing flies around corners. “Like a spaceship.” were Lia's first comments after completing the first test laps. Craziness. “Like from another planet.” This is how the name “Mars Red S15” was born.
このS15はリアのために改造され、彼女の希望に合わせて仕上げられた。 V8 LSスワップ、太いフロントリップ、リアディフューザー、ワンオフの巨大リアウイングなどを装備した、完璧なレーシングマシンだ。部品を入手するのは簡単ではなかったため、特にシルビアをベースにしたチューナーが数社あるイタリアなどを頼った。車両のボディとベースの一部はS14のものであったため、S14.5というニックネームが付けられた。ボディは最終的に専門業者によってカーボンで作り直され、リクエストによりクラシックなダークレッドに塗装された。運転特性はマジでヤバかった。 「コーナーで飛んでいく」 「宇宙船みたい」最初のテスト周回を終えたリアの最初のコメントはこうだった。クレイジーなのだ。「別の惑星から来たようだ」こうして「マーズレッドS15」という名前が生まれたのである。

themachanic_2.jpg

After these results and the support from fans, it was obvious that this car would take part in the contest. It has an aesthetic beyond its racing spec through the color Lia chose as there are plenty of classic Silvias in the shade and she didn't want a chick car in pink and bright colors.
これらの成果とファンのサポートがあり、このクルマがコンテストに参加することになった。この車にはレーシングスペックを超えた美学がある。リアが選んだこの色の背景には多くのクラシックなシルビアがあり、彼女はピンクや明るい色合いのひよこにはしたくなかったのである。

“We leave the bright colors to Max.” He, in turn, is a little sad that his car didn't become a contest car. “The decision wasn’t easy either,” says Onkelsepp as a comment.
「明るい色はマックスに任せろ」彼は、自分の車がコンテストカーになれなかったことで少し落ち込んでいる。 「決めるのは簡単ではありませんでした」とオンケルセップはコメントした。



Let's take pictures of all three cars with us and write the story about them. Let our buddy Tamotsu and the crowd decide. Whether we win or not doesn't really matter, it was a lot of fun taking part in the contest and building the cars. We now also have other JDM vehicles in the garage. Let's see how the journey continues. HMR 2024 is definitely coming and we plan to take part there again.
3台の車の写真を一緒に撮り、それらについてのストーリーを書いた。結果は相棒であるTamotsuと観客が決めることだ。勝てるかどうかはたいして重要ではない。コンテストに参加して車を作ることがとても楽しかったからだ。現在、ガレージには他のJDMカーもある。この旅がどのように続くのか見てみよう。きたるHMR 2024に向けて私たちは参加のプランを立てている。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2026-3d705a76