Bad Luck:86の不運 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Bad Luck:86の不運

badluck86_1.jpg

Toyota 86 / Builder: つきくさ

 シルビア、シビック、AE86など現実で人気なレジェンドスポーツカーは4幅車でも人気があります。しかし時代は移り変わります。今の時代の中心を担う車も4幅車には必要です。



 2010年頃、90年代から続くスポーツカーがことごとく販売終了となり、国産スポーツカー業界は極限までスカスカになっていました。その頃スポーツカーを買うとなればホンダCR-Zが筆頭候補で、他の選択肢といえばマツダ・ロードスター、または軽スポーツといった具合でした。日産GT-Rが業界のトップとして君臨していましたが、一般的な車ユーザーには高額すぎて候補には挙がらなかったはずです。そんな中で状況を一変させたのがトヨタ86です。安価に買えるスポーツカーが市場に帰ってきました。
 チューニングカーでもシャコタンでも今のシーンに86は欠かせない存在です。イベントでも非常に多くの86を見かけるようになりました。しかしこの車は4幅で作るにはかなり難しい形をしていますね。それこそがこの車の不運です。今までも4幅でチャレンジした作例はいくつか見つかるものの、未だに定着したものはありません。今回の86は時代のリードに名乗りを上げることになるでしょう。

badluck86_2.jpg

 今年のHMRに並んだこちらの86、現代のスタンスシーンを表した素晴らしい雰囲気です。フロント造形はかなり大胆なパーツ配置です。シルバーのラウンドコーナータイルをヘッドライトに見立て、短めのフードが良いバランスです。インタークーラー付きのバンパーに、フェンダーはレールプレートでワイド化されています。ホイールは黒の11mmワイドをセットし、地面に着地するスラムド車高を披露します。ルーフはかなり小ぶりに表現され、スポーツカーらしいフォルムですし、地面にべたっと張り付く車高の低さを強調します。

badluck86_3.jpg

 リアにはカーブスロープを配置し、リアウィンドウはスモークの特殊カーブスロープです。このパーツはスモークがよく出回っているので、リアウィンドウへ使われることが多いですね。リアウィングに隠れていますが、リアデッキのボリュームの付け方が良いですね。テールライトはクリアレッドのラウンドタイルを配置しています。リアバンパー下にはディフューザーとマフラーを置いて過激なルックスです。

badluck86_4.jpg

 屋根が低くて狭いので、かなり広めにハラキリされています。イベントでは無人でしたが、一応ミニフィグを乗せる気があるようです。1幅ブラケットがバンパーやサイドエアロに活躍しています。ディフューザーはクリップで1x1タイルを掴んでいます。
 もちろん正解は一つではないでしょう。しかし86を作るのに悩んでいるなら、一旦これを真似してみるといいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2028-f8337acb