Quick Quack:スーパーチャージャー付きアヒル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Quick Quack:スーパーチャージャー付きアヒル

quickquack_1.jpg

Quick Quack

 レゴ製最初のおもちゃといわれている木製アヒルを知っていますか? そうあれです。



 この車のストーリーの始まりは2022年のJBFだったと思います。物販にてKABAさんデザインのアヒルのキットを買ったことから始まりました。

thewoodenduck.jpg

 3幅の土台の上にアヒルが乗った、コンパクトで素晴らしいキットです。インストも公開されているのでパーツがあればどなたでも作れます。
 私はこのキットが「クルマ」に見えたので、格好良く改造することを考え始めました。キット改造といえば鬼キャン暴走族のようにするのもお決まりの手ですが、タイヤ周りの構造的にスタンスは上手く決まりそうにありません。となればもう一つの方向性、ホットロッドで攻めることにしました。

quickquack_2.jpg

 車を作るという行為は「タイヤ」にそのキモが全て詰まっています。皆さん格好いい車を作るには、格好いいボディデザインが必要だと考えがちです。しかし本当に必要なのは格好いいタイヤなのです。むしろそれ以外のものは必要ありません。それがこのアヒルのドラッグスターで見てもらえるかと思います。
 アヒルの体はそのままに、大きなリアタイヤをセットし、フロントはフレームをストレッチして細い自転車ホイールをセットしました。間にはついでにエンジンを載せています。リアタイヤは赤の11mm径ワイドホイールに、11mm用スリックタイヤ+14mm用シティタイヤの二重履きです。私は他の車でもこのタイヤをよく採用していますが、ホットロッドのリアタイヤにはピッタリの組み合わせです。それがどれだけ格好いいかというと、ただのアヒルがドラッグレーサーになってしまうほどには素晴らしい見た目になります。これがブロック状となる通常のオフロードタイヤでは話になりません。だから皆さんタイヤにはこだわりましょう。

quickquack_3.jpg

 一つ目に重要なのは、先に書いたようにタイヤです。二つ目に大切なのはどの位置にセットするかです。リアタイヤはアヒルボディのど真ん中にセットします。ノスタルジックなドラッグスターの雰囲気にするにはリアタイヤはこのようにドライバーの頭よりも前にセットします。さらに車高を低くするために、車軸はフレームに深く食い込ませます。現実にはこのような改造をチャネリングといいます。

quickquack_4.jpg

 本来は3x6の土台がありますが、それを前後で分断して車軸プレートを配置しました。これによって車体がバラバラになったので、裏側に1x4の両側スタッドタイルを貼り付けて前後のボディをつなげました。この1パーツで全てが保持されているので強度がめちゃくちゃ弱くなっています。それ以外にも全体的に弱い接続だらけです。でも4幅車とはそういうものです。見た目のために極限に切り詰めます。手で転がして遊ばずに眺めるだけで楽しみましょう。

ebina2023_4789.jpg

 イベントではノスタルジックドラッグレーサーで並べました。他のマシンはリアルテイストですが、アヒルが混ざっていても良い雰囲気です。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2042-83065225