Yokohama Hot Rod Custom Show 2023 Part3: ストリートテイクオーバー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Yokohama Hot Rod Custom Show 2023 Part3: ストリートテイクオーバー

hmr2023_3.jpg


 HCSのMinifig Ridesレポートの3回目です。今回はストリートに溢れたカスタムカーたちを紹介します。



hmr2023_6817.jpg
 カーショー会場の外は大通りです。まさに横浜ホットロッドカスタムショーをイメージしたレイアウトとなっています。

hmr2023_6833.jpg
 カラフルなトラスが並びます。レゴらしい4色で、ギャラリーの目印になりました。

hmr2023_7036.jpg
 このイベントでは道路は日本と同じ左側通行です。この日は実際にパシフィコ横浜の周辺もカスタムカーだらけになります。

hmr2023_7176.jpg
 ヤシの木が並ぶ通りはカリフォルニアのようです。しかしここは日本です。この世界観がムーンアイズ的だと思っています。

hmr2023_6758.jpg
 先月発表された4WLCコンテストのアワードカー2台がHCSにもやってきました。ナタデココさんの180SXはシンプルビルドな族車スタイルでピープルズチョイスの1位となりました。最澄さんのS15モナリザはストリートピックのアワードカーです。この日コンテストのアワードを手渡ししました。

hmr2023_6771.jpg
 ぴーさんのCOEトラックはビンテージな雰囲気が素晴らしいです。大きなスピチャフェンダーが、古い18mmスポークホイールを呑み込みます。アワードを飾る台に使わせていただきました。

hmr2023_6772.jpg
 サイドにJesusと書かれた「神の積載車」は、はやピーさんです。アメリカでよくあるランプの積載ですね。

hmr2023_6773.jpg
 アメリカでは身近なコンパクトクーペとしてお馴染みのポンティアック・フィエロに、大きなV8エンジンを載せたカスタムカーです。大きなリアタイヤでドラッグレーサー仕様のプロストリートといった感じです。

hmr2023_6777.jpg
 新作も予定されているゴーストバスターズの有名なECTO-1です。5幅がっつり使って大きなキャディラックのボディを表現しています。共に双眼鏡を使った、ヘッドライトとバンパーの表現が良いですね。劇中で登場するラジコンカーも一緒に走っています。

hmr2023_6781.jpg
 4WLCコンテストで衝撃を残した、renraboさんのシルビアホットロッドも現れました。大胆なチャネリングやボディのカットが、まさにホットロッディングです。

hmr2023_6806.jpg
 GILAさんのハイエースパトカーはかなりワイルドな見た目でインパクトがありました。これに使われているT字バーの鬼キャン構造は4幅車の基本的なテクニックです。高速有鉛の某編集長に4幅車の説明をするのに、サンプルとして使わせていただきました。手前の黒いピックアップもGILAさん作です。2台とも大きなバンパー装備です。

hmr2023_7179.jpg
 テキサスカウボーイのように牛の角が生えたトラックはGILAさん作です。HCSの看板の前に置きました。奥にはGILAさんの超鬼キャンな車もいます。ギャラリーの皆さんは、レゴの車にキャンバーが付いていることに驚いていく様子でした。

hmr2023_7181.jpg
 テーブルくらいの目線の小さな子供が「タッカーだ!」といって父親を引っ張っていったのが印象的な出来事でした。非常にマニアックなアメ車を多数作っているムラにゃすさんのタッカーとAMC AMXです。

hmr2023_7215.jpg
 Mugenさんの56年シェビーは非常に素晴らしい雰囲気を持っています。ちなみに会場駐車場でたまたま隣になった56ベルエアのオーナーさんとお話する機会があり、Mugenさんのこの作品を見せてあげたら喜んでいました。

hcs2023_6807.jpg
 テイラミックさんのタホはスピチャの超大径リムをセットしてイケイケな雰囲気です。オフロード仕様のクロカン車を牽引しています。

hcs2023_7216.jpg
 ムラにゃすさんのダッジラムはフロントグリルの作り方に気合いが入っています。最近はフィグ乗りを意識するようになったそうで、こちらもフィグ乗り仕様です。

hcs2023_7221.jpg
 テイラミックさんの積載車は製品版のゴミ収集車をベースにしています。載せているタホと同じようにカラフルなペイントです。

hcs2023_7222.jpg
 私のNSXもストリートに混ざりました。後ろははやピーさんのピックアップです。ムラにゃすさんとSakuraiさんのマッスルカー並びも見えていますね。

hcs2023_7224.jpg
 昨年も大注目だった最澄さんのウィネベーゴのモーターホームです。車高は調整可能なので、走行車高での展示になっていました。

hmr2023_6752.jpg
 会場外に並べられたワイルドなカスタムカーたちが並びます。えもりんさんのボンネビル仕様デュースと、Sakuraiさんのバスタブは昨年も展示されていました。その隣、Sakuraiさん作のタイニーターボモチーフのカスタムカーがかなりユニークで存在感があります。

hmr2023_6753.jpg
 GILAさんの6輪トラックもかなり個性的なスタイルでした。シュッとしたフロント造形で、オーストラリアのUTEトラックっぽい雰囲気があります。

hmr2023_6754.jpg
 renraboさんの超シャコタン・ミッドシップトラックと、はやピーさんのチャネリングしすぎキャンピングカーというインパクトのある車が並びます。その間にはテイラミックさんのオーソドックスなステップサイドが挟まっています。80年代的雰囲気が良いです。

hmr2023_6755.jpg
 Mugenさんの50年代風トラックはこのラインナップの中では非常に個性的です。黒いステップサイドはタッキーさんの新作、グレーのデューリーはテイラミックさん作です。

hmr2023_6756.jpg
 テイラミックさんはトラック系をかなり製作しており、今回は多数の車両を並べていました。こちらはトラックでトラックを引っ張っている図です。

hmr2023_6757.jpg
 ツイッタートレンドの話題で挙げたマツダのICONIC SPです。つきくささんのスタンス仕様が非常に格好良く、私のプロストック仕様は彼の作をかなり真似しました。

hcs2023_6791.jpg
 ムラにゃすさんの60年代シボレーアパッチです。高い車高とクレーンが、普通のスラムド系カスタムとは異なった雰囲気です。働き者の姿です。

hcs2023_6795.jpg
 テイラミックさんのバンは、テールゲート開き方が面白いです。スペアタイヤが避ける開き方を再現しています。

hmr2023_6763.jpg
 私のドリフトチームEx-Loudの面々も並べました。アメリカでもドリフトは人気があります。


hmr2023_6761.jpg
 Low Originという実在のドリフトチームのカラーリングを真似した、ぴーさんのS14シルビアです。ガルウィングドアが派手ですね。5幅使っているので他の車よりも若干大柄です。私のドリ車もLow Originのカラーを真似しているので、この日は同じカラーリングの併せとなりました。

hmr2023_6828.jpg
 ミニフィグと車を並べた展示は4幅車の醍醐味です。

hmr2023_6762.jpg
 私のシグカーの前でどや顔しているのは、タッキーさんのシグフィグです。ヤンキー座りが様になっています。

hmr2023_6764.jpg
 会場外にもバイクの姿がありました。えもりんさんのレーサーはHMRでアワードになった車両です。小さなバイク2台はつきくささん作で、こちらも非常に素晴らしいビルドでした。4幅車に合わせたスケール感です。

hmr2023_6765.jpg
 VW系も並びました。先頭は私のポルシェ924を再現したもので、この日は荷物は運びで活躍しました。はやピーさんのビートルとrenraboさんのバスです。

hmr2023_6766.jpg
 私の製品版消防車のローライダーカスタムと、はやピーさんのジムニー炉ライダーです。変わり種なベース車のローライダーが並びました。

hmr2023_6767.jpg
 ぴーさんの渾身の新作の1台が、すみっこで飾られていました。ラットでスラムドなイマドキ風のロッドですが、ボディ幅が5ポッチありこれも他の車より一回り大きな車でした。ミニフィグにもこだわっていて雰囲気があります。

hmr2023_6785.jpg
 その車をリアから見てみます。テールライトは赤の旧スムーズヒンジです。バレット形状のカスタムテールの雰囲気が出て良いですね。

hmr2023_6769.jpg
 ムラにゃすさんのモデルTに新バリエーションが増え、なんと霊柩車がお披露目されました。オープントップのツーリングはHMRでのアワードになっていますね。手前にはイギリス・マン島のマイクロカー、ピールP50が新作として並びました。

hcs2023_7226.jpg
 ショー当日にはさらにコンパクトな車も追加されていました。

hmr2023_7190.jpg
 ナタデココさんが直前に製作した60年代風スポーツカーです。クリアのフロント風防を最澄さんから譲り受けて、イベントの終わり際頃に完成しました。ワイヤーのホイールが良い雰囲気です。



 これで4幅車の紹介は終わりです。次回は他のモデルカーや、実際のショーカーも紹介しようと思います。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2043-50fd0652