HMR 2023 ドラッグレースMOTクラス - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

HMR 2023 ドラッグレースMOTクラス

hmr2023dragmot_1.jpg


 HMRで行ったドラッグレースMOTクラスのレポートです。最もパワフルなクラスとなりました。



 前回のドラッグレースレポートで紹介したLIMクラスは使用するモーターが限定されていました。今回紹介するMOTクラスは、モーターを使えば何でもありのクラスです。また2個以上のモーターを使うことも許可されます。プルバックモーターであれば、テクニックに入っている強力なものを使用できます。電動モーターもOKです。LIMクラスよりも速いのはもちろんのこと、上位クラスとなるUNLクラスよりもパワフルなレースになります。

hmr2023dragmot_2711.jpg

 MOTクラスも前年より増加した10台のエントリーとなりました。強力なモーターを積んでいるので全体的にマシンサイズが大きいです。主流は現行品のテクニックプルバックモーターです。モンスタートラック競技でも多用されるモーターが、ここではスピードのために使われます。

マシン紹介


hmr2023dragmot_2719.jpg
Driver: Sakurai
 定番のテクニックプルバックモーターを使ったマシンです。テクニックパーツを駆使してドラッグレーサーのレールのような形にしています。リアタイヤは大きく、フロントタイヤは小さいというドラッグレースの基本を押さえたデザインです。タイヤよりも広いフロントバンパーを付けて壁との接触対策を取っています。

hmr2023dragmot_2718.jpg
Driver: 柴
 こちらもテクニックプルバックモーターのマシンです。やはりリアタイヤはかなり大径なものをセットします。フロントは1輪となるオート3輪車スタイルです。前輪の抵抗を極限に減らす作戦のようです。またモーターをほとんどカバーせず、ボディも最小限にして軽量さもこだわっているようです。サイドのライムのパネルは壁接触対策になっています。

hmr2023dragmot_2722.jpg
Driver: テイラミック
 モンスタートラックにも使っていたボディを現地改修してドラッグレース用のマシンに改造してきました。長い車体の後ろにテクニックプルバックモーターを搭載します。駆動輪はバルーンタイヤを採用ですが、接地面が少ないタイヤなのでグリップ面で性能が足りるのかが気になります。一方でフロントタイヤも結構厳つい太さなので、安定性を引き換えに抵抗は増えていそうです。フロントに重みが寄っており、細いフレームだけの車なので剛性が少ないと思われ、しっかりとリアにトラクションをかけられるかどうかが懸念されます。

hmr2023dragmot_2721.jpg
Driver: たむちん
 現金輸送車のような真四角なバンは、あまりドラッグレース向けのスタイルには見えませんでした。ボディの下にリフトアームのシャーシが見えているので、テクニックプルバックモーターを使っていると思われます。前後にバンパーを取り付けて接触対策を取っており、レースに向けた対策は取られています。しかしリアルな見た目にするためにタイヤが割と小さ目で、その点がスピードの面で明らかに不利になりそうです。またフェンダーアーチのクリアランスがやたら攻めており、タイヤとの干渉が心配になります。

hmr2023dragmot_2717.jpg
Builder: renrabo
 元々普通の4幅車として作られていた車体を活かして、テクニックプルバックモーターを後ろに取り付けたマシンです。リア2軸となる6輪車ですが、モーターは1個なので駆動するのは2輪のみです。安定性は高そうですが、残りの4輪はただの補助輪ということなので、抵抗が増えないかどうかが懸念されます。フロントと中間部分にバンパーを装備し、接触対策はばっちりです。

hmr2023dragmot_2723.jpg
Driver: ぴぃ
 MOTクラスマシンの中ではかなり小ぶりで、必要最低限の装備しかないマシンでした。古いタイプのプルバックモーターは2000年のレゴタウンの「レース」というシリーズにて初登場したものです。このカラーリングはレーサーズ初期の2003年にリリースされたものから持ってきています。パワーは現行品より劣ると思われますが、とにかく軽量にしていることがいかに効いてくるかがポイントです。ハイパワーなモーターだと軽すぎて前に進まないこともあります。タイヤはブロック溝を嫌ってか、裏返しで履かせています。これもグリップ的に吉と出るでしょうか。

hmr2023dragmot_2720.jpg
Builder: 最澄
 スクールバスの形のマシンは非常にクールですが、やはりボディの重さが気になるところです。モーターはテクニックプルバックモーターを使っています。太いリアタイヤに対して、フロントタイヤはしっかり細くしてあります。見た目重視なので重さを気にせず無駄なディテールを盛り込んだマシンです。しかしモーターパワーがあるのでこれでもレースを楽しむことは十分可能でしょう。

hmr2023dragmot_2715.jpg
Builder: つきくさ
 超ハイリフトなトラックなのは、テクニックプルバックモーターを2個抱えているためです。前後輪がそれぞれ独立した駆動をする4輪駆動になっています。フロントのモーターは立てて配置しているので、ボディ位置がこんなに高くなっているんですね。ダブルモーターは単純にパワー2倍になるのでレースには有効です。重心が高くホイールベースが短いので、そのままだとウィリーしやすい形です。ウィリーを防ぐためにウィリーバーは地面ピッタリの位置で尻尾を引きずる形になっています。タイヤが大きいとパワーが暴走して吹っ飛んでいくので、あえてワンサイズ小さいタイヤを付けているようです。

hmr2023dragmot_2713.jpg
Builder: 関山
 トレインの先頭部品を使ったマシンは、中にトレインモーターと9Vモーターを積み込んでいます。今回唯一の電動モーター勢となり、プルバック勢との競争は未知数です。電動の場合はパワーが継続するのがメリットです。また一体成型ボディは大きさの割には軽量で、空気抵抗の削減も期待できます。ただどちらかというと最高速向きのチューニングな気がするので、短距離走でどこまでやれるのかは気になります。

hmr2023dragmot_2714.jpg
Builder: koneko
 ドラッグレースの各クラスにエントリーしたいがためにエントリーされてきたマシンです。大きなモーターを持っていないため、LIMクラス準拠のモーターで参戦です。明らかにパワー不足なマシンなので、記念参加といったところでしょう。しかしレースはやってみるまで分かりません。

1回戦


 全10台なのでトーナメント表は一部のマシンのみ1回戦を行う形になりました。1回戦は対戦が2つあり、全8台に絞ってから2回戦に進みます。

たむちん vs renrabo (0-2)

 スタートから明らかにrenrabo選手の方が速かったです。モーターは同じなので違いがあるとすればマシン重量、そして駆動輪のサイズの違いでしょう。たむちん選手は大きなバンボディで不利だったかもしれません。1走目ではrenrabo選手が普通に先着します。
 2走目ではその差はさらに広がりました。先行するrenrabo選手に対して、たむちん選手は勢いが弱弱しく、ゴールできずに途中で停止してしまいました。原因は定かではありませんが、タイヤハウスのクリアランスがギリギリすぎてタイヤと干渉したのかもしれません。renrabo選手が2回戦に勝ち上がりです。

関山 vs koneko (1-2)

 関山選手は注目の電動モーターマシンです。対するkoneko選手は弱いモーターのマシンです。もちろん電動の方が速いかと思いきや、意外な結果となりました。1走目のスタート、関山選手はマシンのスイッチをオンにして手で浮かせた状態で発進します。関山選手が先に飛びだしますが、すぐに横の壁と接触して大幅にスローダウンしてしまいます。その隙にkoneko選手が横を追い抜いていき、1勝を取りました。ただkoneko選手の方も元気のない弱弱しい走りだったので、なんとも尻すぼみなレースでした。
 2走目、今度はkoneko選手にトラブルが起きました。スタート直後に壁と接触し、車が分解して停止してしまいました。マシンを軽量にするために強度が低くなっていたのが悪い方に出ました。関山選手はまたしても壁にこすりってスローダウンしましたが、なんとかゴールまでたどり着き、同点の1勝となりました。
 3走目の展開は1走目と同じでした。スタート直後に関山選手が壁と接触してスローダウンしている間に、koneko選手に抜かれました。これでkoneko選手が2勝で勝ち上がりです。なんと電動モーターマシンは1回戦敗退となりました。敗因は壁と接触したときに壁から離れられなくなることでしょう。このマシンはフロントが尖った弾丸のような形状をしており、これが一度壁に当たるとさらに壁の方に向きを変えようとするようです。そうして壁にボディをこすりつけながら走る形になりやすく、実力を発揮できませんでした。

2回戦 Sakurai vs 柴


 両者ともに相当速いマシン同士のレースとなり、2回戦にしてハイレベルなバトルとなりました。この2台はモーターが同じなのはもちろんのこと、レイアウトが近ですし、駆動輪に使っているタイヤも同じ大サイズでした。
 モーターパワーが強いのでスタートゲートでマシンを押さえつけることができず、スタート時は自分の手でマシンを押さえつけておいてから、タイミングよく放す形になります。1走目は僅かにSakurai選手が鼻先を取るスタートでした。しかしコンマ1秒ほど遅れた柴選手は軽くウィリーした後、ジェット機のような急加速でそれを抜き去ります。瞬く間にゴールラインを切ってタイヤバリアで大破しました。

hmr2023dragmot_162541.jpg

 2走目は明らかに柴選手がスタートで手を放すのが遅れました。Sakurai選手がゴール後のタイヤバリアを破壊した後、柴選手が突っ込んでまた大破しました。これで1対1です。
 3走目のスタートはわずかに柴選手が先んじたようです。そうなるとSakurai選手にほぼ勝ち目はなく、そのまま柴選手が2勝目を決めました。柴選手はゴール後にタイヤバリアにはじき返されて、テーブルの下へと落下していきました。

hmr2023dragmot_162812.jpg

 今回のトーナメントの中では、一番ドラッグレースらしい対戦が見られたレースでした。純粋な瞬発力勝負で、クリーンなレースでした。ただクリーンなのはゴールするまでの話で、ゴール後は大クラッシュとなるので、マシンとコースを再構築する時間がかかりました。

Result: 2勝1敗により柴が準決勝進出

2回戦 テイラミック vs renrabo


 1回戦勝ち上がりのrenrabo選手との対戦です。1走目はrenrabo選手が安定した好スタートを切る一方で、テイラミック選手は謎の出遅れを喫していました。renrabo選手がぶっちぎりの勝利となります。テイラミック選手はスタートの中央分離帯にリアタイヤが衝突したことで大幅にスローダウンしたようでした。かなり太いタイヤを使っていることがネックとなりました。
 2走目は両者ともにクリーンスタート、しかしやっぱりrenrabo選手がぐいぐい引き離していく展開でした。テイラミック選手は追いつくことなく、2勝でrenrabo選手の勝ち上がりが決まりました。
 テイラミック選手はスタートで壁に当たっているということの他に、純粋な加速でも負けているように感じされました。やはり細長いフレームのせいで歪みが生まれてパワーロスしている気がしました。

hmr2023dragmot_162943.jpg

Result: 2勝0敗によりrenraboが準決勝進出

2回戦 ぴぃ vs 最澄


 モーター違いの2台の対戦です。最澄選手のスクールバスは新しいモーターですが、車重が重くなります。ぴぃ選手は古いモーターですが車体はかなり軽いです。スタートしてみれば結果は一目瞭然となりました。最澄選手が先手を取り、バストは思えないスピードでゴールを切りました。見た目とのギャップにギャラリーも盛り上がりました。ぴぃ選手、やはり古いモーターだと新型の性能には追い付けないようです。特にスタートでやや遅れるのがネックでした。
 2走目はぴぃ選手に大きなミスがあり、スタート時にマシンを押さえる力加減を誤ってウィリーさせてしまいました。その間に最澄選手が飛び出してそのまま2勝目を取ります。

hmr2023dragmot_163047.jpg

Result: 2勝0敗により最澄が準決勝進出

2回戦 つきくさ vs koneko


 1回戦から勝ち上がりのkoneko選手は、勝ち上がるのが奇跡的な性能しかありません。ここで対戦となるつきくさ選手はダブルモーター仕様のスーパーマシンです。
 1走目はつきくさ選手がスタート直後に蛇行するというヒヤリな場面がありましたが、転倒することもなく無事に1着フィニッシュしました。タイヤが溝のないタイプなのもあり、ロードノイズもなくやけに静かに走っていきました。相手が遅いので手加減してプルバックを巻いたのではないかと思われます。常に最大出力で走るとクラッシュのリスクがありますからね。

hmr2023dragmot_163219.jpg

 2走目、確信を得たつきくさ選手はやはり明らかに少ない巻きだけでマシンを走らせました。それでも余裕の勝利を収め、つきくさ選手が勝ち上がりとなりました。

Result: 2勝0敗によりつきくさが準決勝進出

準決勝 柴 vs renrabo


 準決勝ともなるとさすがに遅いマシンは淘汰されます。この対戦もまたかなりハイスピードでした。1走目は両者勢いよくスタートを決めます。柴選手はフロント1輪のためか真っすぐに走らず、左右に大きくぶれながら走っていきます。renrabo車にもぶつけたことが功を奏したのか、柴選手がまず1勝を取りました。このレースでゴール横のウマ娘の看板が破壊されたので以降は撤去されました。

hmr2023dragmot_163331.jpg

 2走目のスタートはrenrabo選手が先行しました。柴選手が蛇行しながらピッタリ追いかけていきますが、僅差のリードを維持したままrenrabo選手が1勝を取り返しました。
 3走目は柴選手がスタートで前に出ます。さらにrenrabo選手に体当たりをかました後、一直線にゴールまで駆け抜けて柴選手が2勝目となりました。

hmr2023dragmot_163559_202312302151005c2.jpg

Result: 2勝1敗により柴が決勝進出

準決勝 最澄 vs つきくさ


 1走目は最澄選手がスタートがわずかに早く、スクールバスが前に飛び出しました。遅れたつきくさ選手は後ろからプッシュする形になってしまい、最澄選手に1勝を取られました。
 しかし2走目からはつきくさ選手がダブルモーターの本領を発揮させます。スタートからぶれることなくゴールに突っ走り、今度は1勝を取り返しました。パワーに耐えられずにタイヤバリアが破壊されました。

hmr2023dragmot_163744.jpg

 3走目はほぼ同時のスタートでした。2台が横に並び、スピードもほぼ同じでした。最澄選手は壁と相手車両に挟まれる形になってしまい、若干減速を強いられたかもしれません。コース終盤でつきくさ選手がわずかに前に出て、僅差の2勝目となりました。

hmr2023dragmot_163852.jpg

Result: 2勝1敗によりつきくさが決勝進出

決勝 柴 vs つきくさ


 決勝は強い2台です。柴選手は1モーター仕様ですがタイヤ径が大きく、つきくさ選手はタイヤは小さいですがダブルモーターです。ドラッグレースの瞬発力勝負でどちらが勝るのかが見ものです。
 1走目は僅差のスタートダッシュ、といっても圧倒的に柴選手の方が速かったです。スタート直後に2台が接触し、2台ともよろけて蛇行しましたが、車高の低い柴選手の方が安定性で有利に働いたように見えました。決勝戦としては大きな差を付けて柴選手が1勝しました。この時点で決勝は柴選手のものになると思われました。

hmr2023dragmot_163940.jpg

 2走目ではアクシデントが起きました。スタートはいい勝負となり、またしてもスタート後に2台が絡み合いました。この時つきくさ選手のむき出しのタイヤに、柴選手のボディが乗り上げてしまい、なんと柴選手がコース外に落下していきました。コースに残ったつきくさ選手も転倒してしまいますが、シャーシから外れたボディだけがゴールしました。つきくさ選手は車の半分しかゴールしていませんでしたが、通常車の先端がゴールラインを通過した時点をゴールと見なすものなので、つきくさ選手の1勝としました。これで1対1です。

hmr2023dragmot_164100.jpg

 勝負か決する3走目です。スタートはつきくさ選手が先に出ました。後追いとなった柴選手は、renrabo車のテールにつっつきを食らわせますが、重量で負ける柴選手の方がバランスを崩してしまいます。フロント1輪のみの低グリップも裏目に出てしまいました。柴選手はまたしてもコース外に弾き飛ばされていきます。コースわきの大看板をなぎ倒してクラッシュしている間に、つきくさ選手がゴールしました。これでつきくさ選手が決勝を制し、優勝と成りました。

hmr2023dragmot_164206.jpg

Result: 2勝1敗によりつきくさが優勝

ドラッグレースMOTクラスリザルト


1位 つきくさ
2位 柴
3位 renrabo
3位 最澄
5位 Sakurai
5位 テイラミック
5位 ぴぃ
5位 koneko
9位 たむちん
9位 関山



 MOTクラスもエントリーが増えてきたことで大きな盛り上がりを見せると同時に、傾向もだんだんと分かってきました。瞬発力勝負のドラッグレースでは、今のところ現行のテクニックプルバックモーターが最強です。プルバックの欠点は巻いたゼンマイが終わると走っている途中でパワーが終了することですが、この距離なら最後までパワーは十分継続します。そうなるとパワーが尽きないという電動モーターのメリットはあまりなくなってきますね。
 十分なパワーがあるので大きな径のリアタイヤを使い、リアルなドラッグレーサーのような形にすれば確実に速くなります。しかし今回の優勝はダブルモーターのモンスタートラックのようなマシンでした。なぜそうなったかというと、現実のドラッグレース競技にはない要素が、このレゴのレースには存在するからです。それは体当たりのバトルです。
 決勝の純粋な走りを見る限り、瞬発力で勝っていたのは後輪駆動の柴選手です。しかし2回の場外クラッシュで負けてしまいました。重量のあるつきくさ選手のマシンに当たり負けたからそうなったわけです。速さのために軽量化したり、フロント1輪化したりしたことは、今回のクラッシュでは悉く悪い方に働いてしまいました。
 HMRのドラッグレースではレギュレーション上、体当たりなどの妨害を禁止していません。マシンコントロールできない以上は禁止にできないので、今後も同じ状況が続くでしょう。そうなればMOTクラスで求められるのは単純なスピードマシンというだけではなく、他のマシンに打ち勝つバトルマシンでもあるということです。
 ラッキーなことに最強と目されるテクニックプルバックモーターは現行品で簡単に手に入ります。あなたもバトルマシンを作ってMOTクラスに参加しましょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2051-84f7af65