Baby Gambler:ピンク色に狂う - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Baby Gambler:ピンク色に狂う

babygambler_1.jpg

Baby Gambler

 レゴで使いたい色第1位、それがピンク色です。活用されることが少ないこの色で、トラックを作りました。



 昨年の7月に私がピンクドライブインを製作しているとき、同時に4幅車のプロジェクトも進んでいました。それがデューリーのスラムドトラックです。
 カーショーを華やかにするには派手なカスタムトラックが必要です。数年前に製作した水色やオレンジのデューリーは非常にショー映えする車でした。ただ同じ過去作をいつまでもイベントに出しているのが嫌な私は、また新しくデューリーを作ることにしました。

pipefiction_1.jpg

 上の車、Pipe Fictionはクルーキャブ、デューリーなトラックをイメージして製作したものです。これも非常にインパクトがあって良かったのですが、新たに作るにはもっとリアルな質感に近づけたいと思いました。フードやホイールベースをさらに延長し、アメリカの大柄なトラックの雰囲気に似せていきます。
 最初は赤で製作しました。赤はパーツ種類が最も揃っている色です。トラックは問題なく完成しました。その後「もしかしてこのパーツ構成ならピンクでも作れるかも」と思い、まるごとピンクで作り直したのが今回のBaby Gamblerです。

babygambler_2.jpg

 ホイールベースは2ポッチ延長しました。キャビンの長さは同じですが、フードとベッドが長くなりました。カーブを使った造形をやめて、フードやルーフの先端はシンプルなタイル仕様にしました。スクエアで80年代スタイルになりました。サイドに白いラインを入れるのも80年代な雰囲気になりますね。大きいサイズのトラックはサイドミラーの存在感が大きいので、省略せずにミラーも取り付けました。さらにUS感を高めるのがオレンジのマーカーです。フロントサイドのマーカーに加えて、ルーフに付くキャブマーカーも追加しました。ショーカーとして全部ツルツルに仕上げるというのも一つの手としてありましたが、今回はかなりストックのディテールを残した形にしてみました。

babygambler_3.jpg

 ベッドの長さは2ポッチ延長されています。車体全体としては3ポッチ伸びています。4幅車としてはかなり長い全長になりましたが、フルサイズの雰囲気は出せたのではないかと思います。トラックなのでパーツは基本的なものが多く、上手くピンクで揃えることができました。ただ特殊なパーツがあるとすれば、リアフェンダーの膨らみに使っている2x2ウェッジプレートです。これのピンクは出たばかりだったので、少し前までは作れなかった車でした。前後のバンパーも最近リリースされたメタリックシルバーの1x4タイルを使っています。バンパーだけでもシルバーを使うと雰囲気が明るくなります。

babygambler_4.jpg

 フィグ乗りさせる前提でハラキリしています。フィグを乗せて確認していないのですが、空間が広いので仰向けにすれば乗ると思います。車軸は前後共に2x2で、クリップで上下に動かせます。これでトラッキンに必須である着地車高ができるわけです。フロントは細いホイール、リアはワイドホイールで、スリックタイヤを2個並べて履かせます。

babygambler_5.jpg

 車体が3ポッチ延長と聞くと、数字上は大した違いがないように見えるでしょう。ただ4幅車ビルダーにとって3ポッチは大きな違いです。レゴビルダーをやっていると、いつのまにか自分で作った「型」にこだわりがちだからです。実車を見ずに自分の型にこだわっていると、作品のバランスはだんだん壊れていきます。だから一度キャンバスから何歩か下がって、自分が描いた絵を見返してみるべきなのです。そうすれば、「クルーキャブデューリーはもっと長い方がいい」という決断もできるようになります。

babygambler_7.jpg

 赤い方は最初に作ったものです。ピンクバージョンは完全なコピーなので、色以外の違いはひとつもありません。本来のカスタムカーは1台1台がすべて違うものですから、私が色違いを作ることはあまりないです。ただ今回はまさか最初からピンクで作れるとは思わなかったので色違いのクローンができることになりました。

babygambler_6.jpg

 新ストラクチャーのピンクドライブインとセットでイベントに展示しました。お客さんからはいつも注目の的です。ちょうどバービーの映画がやっているタイミングだったこともあり、バービーの世界観的だと思う人が多かったようです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2063-8f52620d